2018年10月 2日 (火)

台風一過、されど未だに停電(2日目)

一昨日夜半に最大風速40m超を記録して通り抜けて行った台風24号は、ほぼ浜松市内全域を停電にするといった置き土産を残して過ぎて行きましたが、この復旧には大変手間取っており、とうとう丸2日目の夜を迎えてしまいました。
単に原因は「風雨・水害による影響」ということですが、未だに停電の復旧がしていない地域が当地区を含めてかなりありますが、報道では完全復帰に4日間を要するとかで、どうやらその影響を受けてしまいそうな気配です。

台風の過ぎ去った翌朝に家の近くの県道の交差点では信号機が点灯しておらず、2日続いた現在でも未だに停電が復旧されていないことから作動しておらず、他所ではかなりの交通事故が発生しているようです。181002typhoon1近くで見ていましたが、危なっかしい限りですね。(汗

降雨による被害は殆ど聞かれませんが、強風により屋根瓦が飛ばされたり、太陽光のソーラーパネルが倒壊したりと広範囲で、我が家では幸いにもガレージのトタン板が吹き飛ばされた程度で済みましたが、菜園での被害は南東の風が吹き荒れたことから海からの潮風となって、強風と塩害により葉がかなりのダメージを受けていました。 (野菜の苗は9月23日のブログの写真と見比べてみて下さい。
181002typhoon2181002typhoon3181002typhoon4






幸いにも我が家には平成8年に何かの時にと購入した出力550wの小型発電機(エンジン起動)が10数年ほど倉庫に使用せずに眠ったっままでしたが、保管状態が良かったこともあって一発起動で使用することが出来ましたので、先ずは冷蔵庫を優先として活用していますが、この時間帯は発電容量との関係で一時的に照明とパソコン用のみに使用しておりますが、エンジン音で近所にご迷惑をおかけしてもと思い、そろそろ就寝にしようと思います。(笑。
181002typhoon5181002typhoon6








それにしてもこの先停電の復旧に4日間も掛かるのだけは勘弁して欲しいものです。
それでは皆様おやすみなさい。

| | コメント (6)

2013年7月23日 (火)

浜松が日本で2番目に暑かった日

こんなことはまったく有難くもないことですが、今日の暑さは半端なものではなく部屋の中に吹いてくる風は生ぬるいというよりもヘアドライアーから吹いてくるような風で、さすがに130723kion1エアコンなしで過ごすことはできませんでした。
写真は玄関先の日光の当たらない風通しの良い場所に取り付けておいたデジタル温度計ですが、1時を少し回ったところで何と38.8℃とこの地に永年住んだ中で初めての経験となりました。

130723kion2ウェザーニュースに掲載されていた公式的な報道では2時9分に38.1℃ということですが、日陰における気温がこれですから直射日光の下では猛烈な暑さで、夏野菜といえどもあまりの暑さのために葉が力なく萎れてしまっておりかわいそうなくらいです。

130723kion3そこで地温がどの程度なのか測定をしてみたところ、土砂質の土壌ということもあって何と63℃近くまで上がっていて、土の上に素足を乗せたところ、とても歩けそうもないような熱さでした。
今日も浜松球場では高校野球の県予選が開かれていましたが、これでは熱中症にならないことの方が不思議なくらいで、観衆の何人かの人達が病院に搬送されたと夕方のTVで放送されていました。

本当は今週は降雨もあって気温も30℃前後まで気温が下がり過ごし易くなるとの予報でしたが、この先の天候は一体全体どうなりますことやら気がもめてしまいます。

| | コメント (8)

2011年10月10日 (月)

秋祭り

この時期になると稲刈りもそろそろ終盤を迎え、111009hazu 数年前までは刈り取った稲藁を乾燥させるために農道沿いには稲架(「はさ」と読むが、この辺では「はず」と呼んでいる)を作って天日干しをする光景がよく見られたが、最近では農業従事者の高齢化に伴い稲の刈り取り~脱穀~選別までを一貫して行えるコンバインを持ち込んだ業者への依存によりまったくといって良いほど姿を消してしまいました。
そして秋の収穫を終えるこの時期になると各地では収穫に感謝する秋祭りがたけなわとなり私の住む僅か120数戸と小さな町内でも、111002jinjaこの8~9日の2日間にわたって秋祭りが快晴の秋空のもとで催されました。   今年は先の台風15号の強風によって被害を受けた神社の引き戸や板壁などの修復は大工の手を借りることなく、僅か数人の神社役員のみでちょうど一週間ほど前に修復も完了して無事に秋祭りを迎えることが出来ました。
111009akimaturi1111009akimaturi2祭りの初日は子供たちのよる笛や太鼓にのせて練り歩く屋台の引き回しとその先々で婦人部を中心とした手踊りや若集による練りによって賑やかに繰り広げられますが、年長者にとっては先ずはのんびりとした一日となります。(笑
111009akimaturi3_2そして2日目の本祭りでは10時過ぎには子供会、婦人部によるバザー等の出店が並びはじめる頃には人が出はじめて、2時からの祭事に向けて我々神社役員の仕事も佳境に入ってきます。
祭事の様子については正座によって痺れる足を我慢しながら神殿に参列のために残念ながら写真なし。(笑
111009akimaturi4そして祭事が終了すると境内に組み立てられた架台の上からの投げ餅が始まります。  境内にはざっと150人近いと思われる老若男女が陣取って今か今かと待ち受け、時間に合わせて架台に乗った投げ子によって投げ餅がスタートしましたが、何と私も38個もの紅白の丸餅を頂いてきまいりました。(笑
111009akimaturi5 投げ餅の終了後には年番の人達による甘酒の振る舞いが行われて、例年恒例となっている景品が盛り沢山なビンゴ大会が始まりましたが、籤運とジャンケンには全くといって良いほどに運のない私にとっては、毎度のことながら最後まで賞に絡むこともなく参加賞のサランラップ1本を頂いての終了で今回のイベントも幕を閉じ、公民館でのこの夜は遅くまで宴が続いたようでした。

| | コメント (6)

2011年9月23日 (金)

台風15号が残した爪跡

今年になって東日本大震災をはじめとして、その後も異常なまほどの悪天候の影響によって河川の決壊や土石流による山腹の崩壊、そして家屋の倒壊や随所における道路の寸断と日本全土が異常なまでに揺れ動かされております。
今月初めに四国から中国地方に抜けて行った台風12号による影響も各地に大きな爪痕を残していきましたが、なんと何とこの21日には今度は台風15号が私達の住んでいる浜松に直撃するといったとんでもないお邪魔虫がやってきました。

幸いにも夜間帯ではなく昼の2時過ぎということで、110921typhoon1TV報道で刻々流される情報を聞きながらゆっくりと周りを観察しつつ台風の襲来を待ちましたが、1時半頃の上陸前でまだ雨も少なかった段階でブーゲンビリアの植えてあった鉢が先ず倒れて、その他の外にあった植木鉢なども次々に転がったり、クレマチス用の支柱フェンスが吹っ飛ばされたりと今迄の台風とはかなり違った感しでしたが、いよいよ浜松に上陸したという段階では瞬間最大風速が46mというアナウンスもありましたが、今迄に経験もしたことのないようなもの凄い雨と風で窓越しにまともに見てはいられない程で恐怖さえ感じました。

110921typhoon2 我が家の被害状況としては過去に台風が浜松に上陸したり近くを通過していったことも数回ありますが、被害状況としては今迄に経験した中では過去最大のものでしたが、ざっと写真のような具合でしたがこんなことは東日本大震災で被害を受けられた皆さんに比べれば極々小さな出来事なのでしょうがそれにしても怒りをぶつけるところもなく、再び繰り返えしやって来ることのないことを願うばかりです。
それにしても数日前に定植したキャベツはどこかに吹っ飛ばされ、白菜や大根も半分ほどが無くなり、長ネギは途中で折れたり曲がったり、楽しみにしていた秋ナスも花もちぎれ丸坊主になったりと今年の鍋物には影響が出そうです。
110921typhoon3 ちなみに地上7m程のところに取り付けてある折れ曲がったアンテナは梯子をかけて震える足で登り何とか無事に撤去を完了し、購入してきた地デジ専用の屋外室内兼用のアンテナH:20xW10cm(3,980円)に変えましたが、これからは大風による転倒の心配もなくお薦めの一品かと思います。(笑

台風が去った後から近くを見て回りましたが、110921typhoon4110921typhoon5110921typhoon6110921typhoon73軒隣のガレージの屋根が道路を隔てて飛んでいたり、いたるところで瓦が風で飛ばされたり、テレビのアンテナも倒れたりしていましたが、被害が甚大だったのはビニールハウスの被害で軒並み立ち並んでいるほぼ半数近くが倒壊していました。
ちなみにこのビニールハウスは海岸から防風林3つを隔てた場所で、私の畑のすぐ目の前にあるもので20棟ほどある全てが完全に倒壊していました。

| | コメント (8)

2011年6月29日 (水)

6月の猛暑日

ここ数年来まったく記憶にもありませんが、110629mousho1まだ梅雨明け宣言もされていない6月のこの時期に今日は今年一番の暑さsunとなり我が家の温度計を37.2℃を指し猛暑日(夜のTVニュース報道では36.7℃)となりました。
どうやら北日本を除く広い地域が太平洋高気圧に覆われ、各地で気温が上昇し多くの地域で最高気温が35℃を超える猛暑日となったようで、どうやら6月での猛暑日は21世紀となってから初めてのようです。
110629mousho2昼過ぎに畑を覗いてみたところトマトや胡瓜、茄子などはそれほど変わった様子もありませんでしたが、あれだけ樹勢が強いと思っていた鶴首カボチャの葉が暑さに耐えかねて可哀そうなほどにぐったりとした状態になっていました。
一方人間様の方は日中は屋外から吹いてくる風はとても生暖かく、省エネのためにエアコンではなく扇風機でなんとか我慢をして過ごしましたが、夜になってからはだいぶ爽やかな風に変わりホッとしました。
いずれにしましてもこの時期での猛暑日の到来ですとこの夏の暑さが思いやられますが、これで猛暑による作物の不作へと結びつかないとよろしいのですが・・・。

そして、今年3回目の月下美人の花が今夜咲きました。
花の数は1回目が2つ、2回めが1つ、110629gekkabijinそして今回も1つだけでしたが、面白いことに今回の花は開花しはじめた時に今迄のものは一番外側部分の花弁(萼片?)がピンと真っ直ぐに伸びた状態で開きはじめたのですが、今回の花は何と髪の毛がカールしたような状態で開きはじめました。
まあ、何はともあれ本当に不思議なことですが、今回も夕方から少しづつ開きはじめて9時半を回ったころにほぼピークの状態となりました。
これで明日の朝起きればすっかり萎んだ状態になっている一夜花です。

| | コメント (10)

2009年3月22日 (日)

お騒がせETC

今まで車を使った旅に出掛けることは度々ありましたが、高速道路の利用にあたっては家内が同乗している場合は身障者割引の適用が受けられることから、ETCの割引制度については必要性も感じないことから車への取り付けもしてありませんでした。
しかし、このところ話題となった、ETC車載器の取り付け車両に対して「土日、祝日を対象とした首都圏を除く高速料金の最大で50%off または上限1000円(2009.3.28~2011.3.27迄)」の施行や「ETC車載器新規導入に対する助成金制度(2009.3.12~3.31迄)」の適用等と、このところのお役所仕事の決め事にはついつい首をひねってしまいますが、そうは言っても決まったことのおこぼれを逃すという手もないと、助成金制度実が施行される前の3月10日にETC車載器を搭載してみることにしました。

と言いますのも、090310etc1助成金制度の実施後には休日限定とはいえ高速料金の大幅値下げと助成金制度の適用にということから、過去にも例を見たようにかなりパニック状態に陥るのではないかということで、事前にネットチェックしたところ「カード年会費永年無料」でのクレジットカードへの加入条件でのETC車載器の無料キャンペーンが目に入り早速カーショップに出掛けてみました。
店員さんに問い合わせたところ、2日後に迫った助成金制度の適用によって、今回のキャンペーン金額も変更されるということと、かなり品薄になるであろうということから意を決しましたが、今考えればこの選択は正解でした。

090310etc2何とか車の方にはETC車載器を取り付けることが出来ましたが、本当はバイクでの高速利用が結構多いことから、この翌日のまだ助成金制度の適用開始前の11日に、この辺では大手のバイク関連のパーツショップに出掛けてみましたが、既にバイク用のETC車載器は完売で製造メーカーから予約注文も受け付けられない旨の通達がきているほどで、この先は6~7月以降でないと入所は無理だろうとのことでしたが、聞くところに寄れば製造メーカーは日本無線1社のみで、生産量も1000個/日産程度ということですから、この先気の遠くなりそうな話で予約も受け付けられていない現状でしたので、取りあえずはバイクの方の取り付けは断念しました。
現状では多くの人がゴールデンウイークを控えて自家用車へのETC車載器の取り付けが間に合わないだろうとのことですが、こんなことで果たしてこれから先、どれだけの人が助成金制度の恩恵を受けられることになるのでしょうか・・・。

今回の高速料金割引の一環として追加されたものとして、東京湾のアクアラインの高速料金がありますが、通常料金が3000円をETC搭載車限定で2300円であったものが、3月20日から休日特別割引料金として1000円での適用が始まった途端に、23日の今日は愚図ついた天候であったにも関わらず海ホタルは大渋滞になったとか。

090322etcそんなこんなの混乱が、巷のカーショップではどんなものかと野次馬根性で覗きに行って来ました。(笑
これほどになるとは思ってもいませんでしたが、私が取り付けたその週の週末には大半が売り尽くして、その後はいまだに以って完売御礼の表示がされており、店員さんの話しでは入荷の見通しもはっきりたたないとかいうことでした。
取りあえずは助成金制度の適用時期の延長はされたようですが、無期限となったわけでもなく、本当にしっかりして頂きたいものですね。  ったくannoy

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

冷蔵庫の故障 ~顛末記~

ことの発端は昨夜の夕食時のことですが、晩酌のために水割りを作ろうとして冷蔵庫から氷を持ってこようとしたところ、なんと製氷皿の中は水、水、水・・・。
購入してから既に十数年は経過をしておりますが、庫内灯は点灯しているが音があまりにも静かで、どうやらコンプレッサーが動いていない様子。
とりあえず布巾で庫内の水を取り去ってから、コンセントを外して数分後に再度コンセントを接続したところ、ブ~~ンと音がし始めたので一先ず胸をなでおろして、生ぬるい水割りの晩酌で我慢して様子を見ることにしました。

とは言うものの、心配で朝早速冷凍庫をチェック  またもやギヤ~~~shock  
矢張り夜中にコンプレッサーが短絡したのでしょうか、製氷皿の中は氷ではなく水のままで、先日作ったばかりで冷凍室に保存しておいたカボチャペーストも、なんとなんと袋の中でフニャフニャ状態で、冷蔵室の中も殆ど常温状態でした。

大急ぎでコンビニに行って袋詰氷を購入し、冷凍・冷蔵食品をアイスボックスに入れて緊急避難させてから、081219reizouko1ここ数日の新聞の折り込みチラシをチェックしたところ、歳末の時期ということもあってあるわあるは、ここ浜松には有名な家電業販店が軒並み出店しており、そのチラシも直ぐに見つかりました。
早速、店舗別に掲載されている品揃えと値段のチェックを済ませ、おおよその品定めをして、10時の開店にあわせて自宅を出発しましたが、2軒ほど回ったところで大問題が発生
値段の折り合いをつけてから配達の確認をしたところ、在庫は店にはなくメーカーからの取り寄せや自社集配センターからの取寄せとか配達の順番待ち等々の理由から、どちらの店も早くても配達は3~4日以後になってしまうとか・・・。
それでもと気を取り直してこれまた大手家電業販店のヤ○ダ電気に飛び込んで、品物をチェックしていると「即日・翌日配送可」が表示されている商品が運良く目について、早速値段交渉をしたところN社(次の写真でバレバレですが)の製品が28%レスで商談成立、081219reizouko2早速配達の依頼をすると「今日は既に配送計画が一杯で明日になってしまう」とのことで、軽トラで自らが引き取りに来ることとで話しをしたところ、更に配送費を考慮して31%レスで購入が出来ということで、こちらとして大助かりとなりました。
配送にあたっては自宅での古い冷蔵庫の引取りまでを同社のMさんにお手伝いまでしていただき、今日の出来事をブログに記載することをお話ししたら、写真はご勘弁ということで新旧冷蔵庫と後姿となりましたが、ご協力頂き大変ありがとうございました。

081219reizouko3家の中に運び込んでからは、それ程の面倒もなく一人で据付も完了し、中の容器の清掃も完了して朝から7時間ほどで元の場所に新しい冷蔵庫が鎮座して、普段の生活に戻ることが出来ました。
据付を終えてから早速価格.comをチェックしたところ、それほど大きな差もなく家内もなぜかシステムキッチンのパネルと同系色だったことが気に入って良い買い物が出来ました。

全く予想すら出来ない冷蔵庫の故障、これに比べればパソコンのクラッシュなど日頃の用心と注意さえすればその被害から回避することも可能ですが、店員さんの話しでは通常10年以上も使い続けると経年劣化による故障は致し方ないとのことでしたが、その前兆すら見極めることも出来ない冷蔵庫、現代生活に欠かせないかつての3種の神器、皆様も暮ぐれもご用心あれ。
それにしても今日は予定をしていたテニスもキャンセルし、本当に慌ただしい一日となりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

カウントダウンいろいろ

このところめっきり暖かくなってきましたが、菜種梅雨の走りでしょうかこのところ天気予報に雨マークがめっきり登場するようになってきました。
070327countdownさて、平成17年7月1日に天竜川・浜名湖地域12市町村が合併して新「浜松市」が誕生し、人口約82万人の県下最大の都市となり約1年半を経過しましたが、いよいよこの4月1日をもって新潟市と共に日本では16番目の政令指定都市となります。
市役所の前にはカウントダウンを示す電光掲示板が後5日を表示していました。
面積は岐阜県高山市に次いで全国2位、豊かで多様な自然に恵まれた浜松市とは言われておりますが、静岡市の区割りが僅か3つであるのに対して浜松市は何と7つの区に分割されますが、早くもその歪みはいろいろな方面で囁かれているようです。
政令指定都市に関することは、もう少し先に触れてみたいと思っております。
さて次のカウントダウンですが、気象庁のお手つきで13日の開花で全国でも第1位と予想された静岡市も23日に開花したようですが、こちらでもやっとここにきて僅かにソメイヨシノの花が見られるようになりました。
070327sakura1070327sakura2浜松城公園の天守閣の周りに約400本程の桜が咲き誇り多くの市民が訪れるますが、ここに23日に出かけた時の桜の硬い蕾(写真左)が、今日はだいぶ膨らんでいました(写真右)。
ここまでくるのに5日間も掛かったんですね。
070327sakura3既に、周辺の桜の木では僅かに開花が始まっていましたが、週末は天気も下り坂で花の見頃となるのは、まだ蕾の状態から考えると満開となるのは少なくとも4~5日は先になりそうで、例年と比べそれほど早いお花見ということではなさそうですね。
写真は浜松城をバックにやっと僅かに咲き始めた桜の花が見えますが、その大半はまだ蕾のままの状態でした。
最後のカウントダウンは地方統一選挙。  当地でも25日に告示となった市長選を皮切りに、この30日には県議・市議の告示となります。
070327countdown2あまり政治に関わりを持つ私ではありませんが、今回で5期目にチャレンジする県議のために選対のメンバーとして活動しておりますが、4月8日の投票日まで活動の出来る日数も残り僅かとなってきました。  選挙用に作られたカウントダウンカレンダーですが、このようにして一日一日が過ぎてゆきます。
当分の間ゆっくり家庭菜園をやっている暇はなさそうです。(笑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

暖冬異変? 前年と今年の気温の違い

昨年の12月の初めから全国的に今年の冬は暖冬であると言われてきており、1月の時点でも3月の気温のような陽気が続いたり、3月に入ってからは今度は逆に気温の低い日が続いているが、浜松地方の今年の2月から3月10日までの気温を前年度との彼我比較をしてみました。
070315tenkこの写真は2月の上旬、下旬と3月の上旬に区分して天気と気温の変化を比較したものです。  2月の上旬については、平均値をあらわすことは適切ではないかもしれないが、昨年と今年では最高気温最低気温ともにかなり大きな幅での隔たりがあることが分かる。
このような気温であれでは当然のことながら、この界隈で例え天候が悪くなったとしても雪が降りることもなく、結局今年は雪を見ることもなく春を迎えました。
昨年の12月と今年の1月の温暖化による気温の比較については、上の画像の2月の上旬のように明らかに前年度との気温の差があったことを申し添え、あえて画像での掲載は省略しました。
3月に入ってから等圧線のとても混んだ西高東低の典型的な冬の気圧配置がやってきて、冬に逆戻りとあちこちでも報道されましたが、3月上旬の気温の比較を見る限りでは、ほとんど前年と気温長に変化はなく、これは2月の上旬までに身体が暖冬に慣れ親しんで、一気に寒くなったことにより私達の身体が寒さに順応しきれずに、大変な寒さであると感じたことに他ならないようで、如何に生身の身体が軟弱であるかの再認識させられた気がします。
しかし、この様な気温の変化が今後どのように現れてくるのかは予想もつかないところですが、気温の他にも気になることは、今年の場合にはマークの数が昨年に比べて多いことで、今年の夏になってこの反動が雨による被害として発生しないことを願うばかりであります。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

1日限定の吉野家の牛丼

敬老の日を加えた3連休で、孫達が土曜日の日からやってきましたので、またまたこの3日間は畑仕事も手付かずの大賑わいでした。
今日も孫達に誘われて遊園地に出掛ける途中の11時を少し過ぎた頃、吉野屋の近くまできた時に車の大渋滞にぶつかり、事故でもあったのかと思っていたところ、駐車場の整理をする人もいないために車がごった返していたためでした。
朝のニュースで、1日限定で吉野家の牛丼が11時から売り切れ御免で食べられるということは知っていましたが、駐車場に向う道路でこれだけの混雑ではさぞかし大変な混みようだろうと思って、やっと吉野家の正面の道路に出てきたところで、またまた長蛇の列にビックリしました。
Yoshinoya 11時をほんの少し廻ったところだというのに、少なくとも6~70人は下らないだろうと思われる人が、長蛇の列を作っておりましたので、野次馬根性を起こして車を止めて写真を一枚写してみました。(笑
この列は、更にこの倍以上は続いているんですよ。
この飽食の時代にあって食べるものがないわけでもないと思うのですが、矢張り根強い人気なのか、はたまたTVの報道につられてやってきたのか、いやはや何とも言いようのない光景ではありました。
夕方孫達を送りながら前を通った時には、普段の風景でしたので完売をしていたんでしょうね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)