2020年10月15日 (木)

タマネギの定植

10月5日のブログでタマネギ(早出し黄玉葱)の苗の写真を掲載しましたが、あれから10日間ほどの経過で部分的ではありますが株元が随分しっかりしてきた苗が確認できるようになりました。
201015tamanegi1
 
例年であれば10月25日前後での定植をしていますが、若干未成熟な幼苗であっても畝にマルチシート掛けを施して、定植を早めて苗の早期活着をさせることによって早めの収穫(目標は来年の2月初中旬)を目指して二畝だけですが定植をしました。
201015tamanegi2
これ以外は苗がもう少し大きくなった10月25日前後での定植で、マルチ掛けは施さずに収穫は3月下旬から4月を予定しています。

9月27日にニンニク(遠州ニンニク)の植付けをしましたが、畝のあちらこちらに土が盛り上がって発芽が始まってきました。
201015ninniku

4月3日に植え付けた山芋の葉がだいぶ黄ばんできました。
201015yamaimo
山芋の収穫は出来ますが、来年の春先までこの状態で放置したままで、必要になった都度掘り起こしては収穫をします。

| | コメント (2)

2020年10月 5日 (月)

夏野菜と秋冬もの野菜

台風14号が発生して北上しているようですが、今日も日中の気温は28℃とまだまだ菜園では汗がすぐに噴き出してくるような陽気で、衣装替えも長袖のシャツを引っ張り出すのはもう少し先になりそうな感じです。

とは言っても夏野菜のオクラ(島オクラ)はこれまでに随分収穫が出来ましたが、いよいよ頭頂部に達してきてこのところ一日当たりでは2個程度と収穫数も減ってきていて、さすがに亜熱帯性の野菜だけあってオクラの生長もだいぶ遅くなってきました。
201005okura

さて、秋冬もの野菜ですが前回のブログに掲載したポット育苗していた白菜(ミニ白菜)の苗が随分育ってきましたので定植をしました。
201005hakusai
これからはアオムシやヨトウムシとの戦いとなって行きます。

9月1日に定植をしたキャベツ(金春)の葉が巻き始めてきましたが、モンシロチョウが飛び交うのが見られましたので銀糸入りの防虫ネットでトンネル掛けをしておきました。
遅い種蒔きとなった大根(うまい煮大根)がやっと間引きを終えて一本立ちとなりましたが、この先の芯クイムシが要注意です。
201005kyabetu

9月4日に種蒔きをしておいたタマネギ(早出し黄玉葱)の苗が順調に育っていたと思っていましたが、数日前に何故か原因は不明ですが苗の立ち枯れ(写真の右上部分)が全体の2割ほどにわたって発生しましたが、必要数は十分に確保できそうなので先ずは一安心です。
201005tamanegi
左側に見える白いものは前回準備した台風対策のためのトンネル掛け用のネットで、次回の台風に備えて撤去せずに残しておいてあります。

9月20日に種蒔きをしたホウレン草(むさし)もだいぶ大きくなってきました。
201005hourensou
未発芽だった個所に追加で播種したものも何とか出揃ってきました。

タマネギ苗の台風対策   ~10月7日追記~

明日からは連日かなりの降雨も予想されており、どうやら台風14号の進路は秋雨前線の影響もあって九州沖で一気に東に進路を変えるというのが有力な進路予想となってきたことで、このままでは台風の直撃を受ければタマネギの苗の倒壊は免れないことから、前述した前回の台風12号の時に実施して苗床に残しておいた銀糸入りの防虫ネット(2枚上の写真)を再び広げてトンネル掛けをしておきました。
201007tamanegi
これで強風が吹き荒れても何とか苗は無事に過ごすことができるものと思います。

台風14号、またもやセーフ   ~10月10日追記~

超鈍行で大型な台風14号は九州沖から東北に進んでいましたが、太平洋高気圧の影響で今日の朝方に紀伊半島の南沖に達した頃から完全に東方向に進路を変えたことから、本土への上陸は避けられ暴風雨域も陸上に及ぶこともなく、当地では午後になってからも普段の小雨が降っている時と同じような天候で防雨風対策は嬉しい誤算となり、このブログを書き込んでいる夕方5時半には雲間に青空が見え始めてきました。
201010taifu
どうやらこの後は温帯低気圧となって消滅するようです。

| | コメント (4)

2020年9月28日 (月)

今年も台風シーズンがやってきた

いよいよ今年も台風シーズンを迎えつい先日のことになりますが、ゆっくりと北上していた台風12号が前日までは紀伊半島をかすめ東海地方に直撃するのではとの予報でしたので、やっと4~5cmに伸びてきたタマネギの苗や収穫が出来始めた秋ナスなどへの暴風雨対策を3時間半ほどかけて施しましたが、幸いにも本州に横たわっていた秋雨全線の影響から進路が大きく東にずれたことによって当日は殆ど普段と変わらない拍子抜けするほどの天候となって菜園への被害など皆無で一安心でした。
200923taifusinro
今回は有り難いことに当地への被害は皆無でしたが、これからもこのようなことが繰り返されると思うと心配の種は尽きませんね。

その後は秋らしい日々が続き、今日も朝から好天気となりましたので例年よりも数日遅れとなったニンニク(遠州ニンニク)の植付けをしました。
200928ninniku
今年収穫したニンニクの在庫が随分残っていますので、今回は6畝に380個ほどの植付けをしました。    来年もかなり黒ニンニクが作れそうです。(笑

白菜は芯食い虫や根切り虫の被害に遭うことからここ数年は直播ではなくポット育苗後に定植をしていますが、9月13日に葉種をしたミニ白菜の苗がだいぶ大きくなってきました。    あと一週間もしたところで定植の作業が出来そうです。
200928hakusai
秋冬もの野菜としては、大根ほうれん草春菊などが次々と芽生えており、ここ一週間で秋ジャガイモエシャレットなどの植付けも終えて今年も残すは僅かな野菜となってきました。

二年ほど前から鉢植えでの管理が面倒になって露地植えとした月下美人ですが、今日の夜8時過ぎに確認したところ僅か一輪ですが今年3回目の開花がありました。
明日の朝には花が萎んでしまい僅か一夜限りというのがあまりにも可哀想です。
200928gekkabijin
室内ではかなりの芳香が漂いますが、それでも屋外でもほんのりとした甘い香りを楽しむことが出来ました。

| | コメント (4)

2020年9月13日 (日)

やっと秋風が吹き始めました

9月に入っても連日の真夏日の続く毎日ですが、それでも朝夕には秋風が吹き込んでくるようになって、夜のエアコンからやっと扇風機でもなんとか我慢できるようになり、夜の寝苦しさから少し解放されるようになってきた今日この頃です。

暑さに紛れて菜園に出るのも億劫になってうっかりして秋野菜の種蒔きも忘れてしまうほどで、昨年までの菜園日誌を確認したところ白菜大根の種蒔きが数日遅れていることに気が付き、大急ぎで種蒔きをしようと思っていたところ種の在庫がなかったことから早速種を購入して種蒔きをしました。
200913hakusai200913daikon
9月1日に定植をしたキャベツ(金春)はずいぶん大きくなってきました。

夏野菜と言えばスープ用に栽培をしている鶴首カボチャは既に5個ほど収穫をして皆さんに差し上げましたが、最後の2個の収穫が間近となってきました。
この鶴首カボチャは樹勢が旺盛で5個の収穫を終えた時点で株元から途中の蔓を切断しましたが、蔓の途中の節部分から地中に張った根がそれぞれ1~2本が発生しますので蔓を切断しても元気に育っています。
200913kabocha1200913kabocha2
通常の野菜と違って蔓や葉が膨大になりますのでこうして廃棄処分していきますが、途中で蔓を切断しても育っていく樹勢には本当に驚かされます。

8月中旬に剪定しておいた茄子(千両二号)の新しい芽が次々に延び始めてきて花も開花し始めましたが、これからのシーズンは台風がやってきますのでこの先の収穫がとても気掛かりになります。

200913nasu

台風10号の影響を避けて9月4日に種蒔きをしておいたタマネギ(早出し黄玉葱)が5日目に発芽し元気に育ってきました。
200913tamanegi
元気に育っていけば10月20日頃に定植の時期を迎えることになります。

| | コメント (4)

2020年8月31日 (月)

タマネギの苗床づくり

8月に入ってから降雨日”0”が続いていましたが、25日の夜明け前から降った雨がやっと菜園を潤してくれましたが、それも僅か一日だけのことで、今日も猛暑日となって夕方の散水が欠かせない一日となってしまいました。

今年もタマネギの種の播種の時期がやってきました。
タマネギは播種の時期を間違えると薹立ちしてネギ坊主が出来たり分結苗となって収穫に大きな悪影響を及ぼすことから、通常では早生種の場合9月5日、中生種の場合9月15日を目安に実施する必要があるたことから日程をずらすことができないので、畑作りは済ませてありましたので夕陽が傾くのを待って苗床作りを実施しました。
200831naedoko
種蒔きは早生品種であることから9月5日に実施を予定しています。

この夏に栽培していた大玉のズッカトマトは7月の終わりに収穫を終え既に撤収しましたが、大玉トマトの麗夏は一週間ほど前になって収穫を終えたことから撤収を考えていたところ、元株の途中から脇芽が伸び始めて花蕾が見えていたことから様子を見ていましたが、ここにきて散水の効果もあってでしょうか1m以上にも伸びて2段花房も見えてきましたので、元株を切り落としてから追肥をして今暫らく様子を見ることにしました。
200831tomato
期待通りの効果は望めないかと思いますが上手く出来たら拍手喝采です。(笑

買い物に出掛けたついでに行きつけの種苗店に出掛けたところ、秋野菜の苗が店頭に出ていてキャベツ(早生の金春)の苗が40円/1本で売られていましたので4本の購入をしてきましたが、キャベツは一時期にあっという間に育ってしまいますので、2週間も過ぎたところで再び購入して追加栽培とする予定です。
200831kyabetsu

明日から9月、来週には酷暑も治まって🌥/☂マークの天気予報が出ましたが、今年は長梅雨に続いて浜松でこの夏の日本記録が出るほどの猛暑、今度は台風のシーズンを迎えることになりますので心配の種が尽きませんね。

| | コメント (2)

2020年8月16日 (日)

一雨欲しいところです

各地では所によっては温暖前線の影響で降雨をもたらせている地域もあるようですが、当地では8月に入ってから一日として降雨日がなく菜園の作物もできる限り夕方の散水はしておりますが可哀想な状態となっております。

その上今日の最高気温は浜松市の天竜区船明地区(我が家から約30Km北の方角)では40.9℃(昨日は39.8℃と今年の最高気温を記録し昨日に引き続き全国における最高値をも記録して、当地でも39.5℃を記録するという猛暑の一日でした。

2月24日に播種し、その後4月18日に定植をした鶴首カボチャが、ここにきて綺麗な淡い橙色に変化したことから今回2個の収穫をしました。
200816kabocha
思っていたよりも重く感じ計量したところ6Kgもありましたので南瓜スープのペーストが20人分はできそうです。

太陽が西の空に大分傾いてきたところで長ネギ(石倉根深太ネギ)の白根部分が伸びてきてかなり露出してきましたので、今回で2度目の土寄せを実施しました。
200816negi
ほぼ10cm程の土寄せをしましたので、白根部分は早くも15cm以上には伸びているかと思いますので、茎が太くなってきたものから収穫は出来そうです。

ほぼ太陽が西の空に沈みかけてきたところでマ一に欠かさず実施している野菜への散水を実施しました。
茄子ピーマンには10日ほど前に敷き藁を施し散水を実施していたことからまだこれからの収穫も期待できそうです。
200816nasu

大玉トマト(ズッカ麗夏)から採種した種子の乾燥が終わりました。
昨年栽培してとても美味しかった大玉トマトの麗夏を今年も栽培しましたが、育て易いこともあって固定種か交配種かが分かっていませんが、来年はこの種からの栽培を試みたいと思っています。  ズッカは毎年採種している固定種の品種です。
200816tomato
 
明日の天気予報も快晴で気温もほぼ今日並みの暑さのようで、まだまだ水不足は続きそうです。

浜松で国内最高気温のタイ記録  ~8月17日追記~

昨日に引き続き浜松市、それも天竜区の船明地区ではなく浜松市内で今日(8月17日)国内での最高気温の41.1℃が記録されました。
どうやらチベット高気圧と太平洋高気圧が重なって、さらにフェーン現象によって西からの高温の風が吹き込んだことが気温上昇の要因だったようです。
まさかこれほどの気温になるとも知らずに、お盆で休止中だったテニス同好会に9時から2時間参加してきましたが、帰ってきた時にはヘロヘロででした。
歳を考えると無理は禁物ですね。(笑

| | コメント (2)

2020年8月 6日 (木)

長梅雨が去って、今度は猛暑

やっとのことで8月1日に東海地方の梅雨が明けましたが、その後は一転して雨知らずの猛暑の夏がやってきて長梅雨でうんざり、今度は猛暑でうんざりの日々がこれから続きそうです。
今月に入って今のところは当地での猛暑日はありませんが、今日は33.7℃まで気温が上がって明日は猛暑日にまで達するのではと予報されております。

そんな暑さの中でも亜熱帯系作物の島オクラは既に中段部まで進んで既に5~60個の収穫を済ませていますが、ここにきて開花数も一気に増え始めてきてこれから先の消費には追い付けないほどの樹勢を見せております。
200806shimaokura

この他にも鶴首カボチャは葉が少し黄ばんできたものも出始めましたが、すこぶる元気で最初に着果したものの果皮の色が緑色からだいぶ淡い橙色に変化して薄い黒っぽい縞模様が消えれてくれば後10日前後で収穫ができそうです。  
200806kabocha
重さは裕に4Kgは超えていそうです。

しかしながら暑さに弱い作物の代表格としての里芋は、ここ数日だけの暑さの中で葉の緑の色がやや黄ばんできたような気がします。
200806satoimo
この先は地熱も上がってきますので、明日の涼しい時に敷き藁を施す予定です。

ここにきてブドウのネオマスカットの果皮が濃い緑色から淡い黄緑色に変わってきて収穫が間近になってきました。
もう一つの巨峰については無消毒の影響なのでしょうか、かなりの房が病気(晩腐病?)だろうと思いますが玉腐れが発症してしまいましたが、残った房は巨峰独特な濃い紫色の果皮にはななるのはまだ2週間以上はかかるものと思われます。
200806budou200806kyohou
残念ながら血糖値が上がってしまいますので多くは食べられませんが・・・・。(笑

| | コメント (4)

2020年7月25日 (土)

ブドウの被害とトマト、キュウリの撤収

東海地方の平年での梅雨明けは7月20日前後ですが、今日の午前中は晴れていましたがその後はハッキリとしない空模様で夜半から明日にかけて降雨の予報となっており、どうやら今年の梅雨明けはもう少し先になりそうな感じです。

ここにきてブドウ(巨峰)の果皮が少しづつ紫色に変わってきていますが、まだ甘味は出ていないだろうことから少し油断をしておりましたが、今朝ブドウ棚を覗きに行ったところ地面に何者か(カラスかムクドリかそれとも?)に食い荒らされたブドウの皮が4~50粒ほど散乱していました。
200725budou1

昨年も何者の仕業か結果的に分からないまま終わってしまいましたが、取り合えず昨年使用して保管してあった2種類のネットを再使用して対策を施しておきましたが、これで被害が食い止められると良いのですが如何なものでしょう。
200725budou2
僅かばかりのブドウに毎年こんなことをしないといけないと思うと本当に腹立たしい。

昨年は空梅雨で猛暑の中8月になってから大玉のズッカトマトの収穫を終えましたが、今年は昨年よりも10日ほど早く終焉を迎えてしまいました。
これも今年の梅雨の長雨の影響があってのことでしょうか収穫数も昨年よりは少なかったような気がします。
200525tomato
中玉のスタピストマトと大玉の麗夏は今少し先まで収穫できそうです。

ちょうど時を同じくしてキュウリ(夏すずみ)も今日で最後の1本の収穫で終焉を迎えることになりましたが、キュウリは乾燥に弱いことから今年は梅雨の恵みでこちらは稀にみる大豊作で、今までの記録を大幅に破る僅か1本で182本の大豊作となりました。
200725kyuri1200725kyuri2
次の第2弾のキュウリはこれからの猛暑で7~80本も収穫できればと思っています。

| | コメント (2)

2020年7月17日 (金)

梅雨の長雨でスイカの葉が・・・・

前回のブログで連続した長梅雨によってスイカ(黒姫スイカ)につる枯れ病の症状が出たことに触れましたが、その後も晴れの日になることもなくやっと昨日になって久し振りに一日だけの晴れ日となりましたが、つる枯れ病の症状は顕著に進んできました。
200717suika1200717suika2
写真は7月13日と昨日撮影したものですが、これまでの天候から一気に太陽の陽を浴びた影響もあってのことでしょうか、13日の左側の写真に対し僅か3日だけですが、緑の葉が一気に消え始めて前回のブログと比べても変化がハッキリ表れています。
ネットはスイカが丸見えになったことからカラスの防鳥用として施したものです。

スイカの巻き蔓がだいぶ黒ずんでいましたので、昨日巻き蔓が黒すんできていた2つのスイカを収穫し重量測定をしたところ大きなものは2.8Kgと満足のいくもので、今日早速今年初めてのスイカの試食をしてみました。
200717suika3200717suika4_20200719131201
まだ収穫時期が少し早かったようで種の中に白いものがあって、糖度も10.4度と美味しいレベルよりも今一つ低い値でしたが、今年初めてのスイカを食べました。

枝豆(茶枝豆)はその後順調に育って莢もふっくらしてきましたので、先ずは3株ほどを収穫してみることにしました。
早速、塩茹でにしてみましたが、この茶枝豆は普通の枝豆よりもやや甘みもあって美味しいように感じましたが、これは作者のえこ贔屓な感想でしょうか。(笑
200717edamame1200717edamame2

天気予報では来週一週間は☁/☂マークが続いていますので、梅雨明けは平年よりも少し遅れそうな気配で、まだまだ鬱陶しさからは抜けられそうにもありません。

スイカ姫まくら、ああ無残   ~7月18日追記~  

今日は雨になると思っていたところ朝から薄日の射す蒸し暑い一日となりました。
午後になって残っている2個のスイカの収穫具合を確認に行ったところ2個とも爆裂していて、何処からか匂いを嗅ぎつけた蠅が群がっており唖然としてしまいました。
200718suika
 結果的には収穫のできた3個の収穫と先日爆裂して廃棄物となった1個と今回の2個を加えて今年のスイカは6個での無残な終了となってしまいました。

| | コメント (4)

2020年7月 9日 (木)

梅雨の長雨

九州各地のみならず全国のいたるところで過去に例がないという記録的な大雨ということで、河川の決壊や土砂崩れなどにより九州では死者が60名にも達したとか、当地では幸いにも大雨に見舞われるというようなことはありませんが、6月末からほぼ毎日のように曇りや降雨の日々となっております。

今年の我が家の小玉スイカ(姫まくら)ですが、スイカはもともと雨の少ない地方で育っていた植物で乾燥を好み、特に路地植えの場合には長雨や過湿に弱いとされる作物のために、今年のように梅雨の長雨によって葉にも黒斑が見られるようになってツル枯れ病らしき症状が出始めてきました。
200709suika1

今のところはまだ軽症で済んではいますが、巻きヒゲも緑色だったものが褐色に変化してきて収穫が間近になってきましたが、まだこの先一週間ほどは降雨が続く予報ですので、全ての収穫への影響は少なからず出てくるものと思われます。
200709suika2
このスイカは15日前後には収穫が出来そうですが、果たして美味しいかな?

長雨でも至って元気に生長をしているのは6月20日に定植をした長ネギ(石倉根深太ネギ)で定植時から考えるとだいぶ太く逞しくなってきました。
200709negi

連日の降雨で屋外でのテニスや菜園仕事などもできないことから暇に任せて久し振りにバラの接ぎ木(中輪:ニコル)をしてみました。
手順としては接ぎ木後にテープ巻きと最後に蝋の流し込みでの作業をしました。
200709bara
果たして上手く活着してくれるものやら3週間後くらいが楽しみです。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧