« 何とか見られた部分月食(11月19日) | トップページ | 早くも新タマネギが売り出された »

2021年12月 9日 (木)

寒さに堪えての月下美人の開花

日中は比較的穏やかで暖かな日が続いていますが、朝夕の冷え込みがだいぶ厳しくなってきて我が家でも数日前からいよいよエアコンの活躍が始まりました。

そんな寒さの中で前々回のブログで掲載しました原産地は中南米で高温多湿を好む亜熱帯性の植物の月下美人ですが、先月11月の半ばになって5cm程に大きくなった花蕾を見つけましたが、多分途中で朽ち落ちてしまうだろうと思っていたところ、その後も少しづつ花柄(かへい)や花蕾が大きくなってきて、12月のこれだけ冷え込む時期になって開花の期待も大きく膨らんできました。

しかし、観賞(観察?)する側にとっては、開花がその後あまりにも遅くイライラすることこの上なしといったところで(笑)、本来夏の時期であれば花柄の付け根部分が大きく曲がり始めると3~4日で開花することから12月2日に開花するはずでした
そこで11月29日以降連日開花の観察をしてみましたが、寒さに花の力が及ばなかったのでしょうか、花蕾は着実に生長はしましたが結果的には一度ほぼ直角に曲がった花柄が少しづつ伸び始めてきて、今日に至っては夜間の冷え込みの影響から力も癒えて花弁(はなびら)が広がるまでには達しなかったようです。
イライラもしながらも連日にわたって撮影をした写真をアニメーション化してみましたので画像をクリックしてみてください。
Gekkabijin
過去の我が家における月下美人の開花の最も遅かったのは、屋外で育てていることもあって昨年の10月23日でしたが、この時期を大幅に超えたのは年々寒さが遅くなってきている温暖化による影響の現れではないでしょうか。
明日以降に花蕾が開いたら後日にでもアップをしてみることにしましょう。

結果的に開花はしませんでした  ~12月18日 追記~

通常では月下美人の花は花蕾の膨らみが頂点に達した時の夜暗くなってきた8時頃に開花が始まり、翌朝の太陽が上がる前に下の写真のように萎んで枯れていきます。
211218gekkabijin

今日(12月18日)は朝の気温が1.8℃とこの冬一番の寒さとなり、窓を開けて見た月下美人の花蕾を支えている長い花柄(かへい)が寒さに耐えきれなかったのでしょうか、だらりと真っすぐに伸び切って力なく枯れた姿となっていました。
前回のアニメーション画像以降、今日まで観察してきた映像をもう一度アニメーション画像としてみましたので画像をクリックしてみてください。
Gekkabijin2_20211220125501
開花するのではと思われた12月4日から何と今日までの14日間もの間、一生懸命花を咲かせようと頑張っていた姿に「お疲れ様でした」と一言掛けてあげました。


|

« 何とか見られた部分月食(11月19日) | トップページ | 早くも新タマネギが売り出された »

コメント

おはようございます。
12月になり朝晩は寒くなりました。
そんな中、季節外れか?月下美人の開花が見られるか?
本来であれば咲くことはない季節に見られるかと楽しみな事がおきたのですね。月下美人も寒さからきっと迷ったことか、これも温暖化の一つか、なぜか気の毒な気がしてきます。12月になっても中々落葉が進んでない気がしますがこれも温暖化と思われますが、昨日近くの須津(すど)川渓谷に入ったところまだ紅葉は楽しめました。愛鷹山山塊の一つでハイキングの登山口でもあり妻と私たちはもっぱら遊歩道で満喫しました。

投稿: 週末菜園人 | 2021年12月13日 (月) 10時06分

週末菜園人さん>
こんばんは。
この時期では月下美人が途中で花柄(かへい)がご存じかもしれませんが赤くなってきてそのまま枯れてしまうのではなかろうかと思っていましたが、写真でも見られるように開花直前まで成長しました。
アニメーション画像では12月9日までの状況の映像ですが、あれから5日経過した時点でも月下美人の花が萎んで朽ちていくといったこともなく未だに頑張っています。
花びらはこの先開くことはないと思っていますが、一体全体どこまで我慢し続けるのかと思いますと少し可哀想な気もしてきます。
もう少し様子を見守っていこうと思っております。

投稿: waka3 | 2021年12月14日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何とか見られた部分月食(11月19日) | トップページ | 早くも新タマネギが売り出された »