« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月20日 (土)

何とか見られた部分月食(11月19日)

今回の月食は部分月食ですが月の大部分が影の中に入り込むという比較的に皆既月食に近いというもののようですが、月食の始まりは月が地平線の下にあって見られず、月が欠けた状態で空に昇ってくる月出帯食(げつしゅつたいしょく)ということです。
下の写真は国立天文台のタイムテーブルです。
211119luna

太陽が沈みはじめた5時少し前の西の空は見事な真っ赤な夕焼けでしたが、東の空に目を向けていくと同様に雲の切れ間はありましたが、写真のような濃淡のある雲が掛かっていて、雲の状態を考えると月食が確認できるのは五分五分といった状態でした。
211119gesshoku

月食を最初にカメラを持参して観測したのは5時17分でしたが、薄っすらとではありましたが雲がかかった7割方の欠けた月が見られました。
その後は5時半ころに確認したところ心配していた雲の中に入って月の姿を見ることが出来ず、6時を回っても雲の中に入ったままで6時34分になったところで雲の中から薄っすらと下弦だけとなった月の確認が出来ました。
以下は満月になるまで食事をしながら覗きに行っては撮影した写真をアニメーション画像にしてみました。    画像をクリックするとスタートします。
211119gesshoku
最後になって雲から顔を出した月を見ることはできましたが、終始雲のなかった状態での部分月食の観察が出来なかったのがちょっと残念でした。

| | コメント (2)

2021年11月14日 (日)

ミカンの鳥除け対策

今日は朝から風もなく快晴の秋日和、暖かな一日となりました。

既に一般的な温州ミカンは店頭に出回っていますが、我が家の早生ミカン青島4号は太陽に触れている部分がやっと黄色くなってきたところで収穫時期は12月半ば以降からでしょうか。
今年はかなりの豊作でもあり、昨年からヒヨドリムクドリによる鳥害対策ではじめた鳥除けを防鳥ネットを使って今年も早めに実施しました。
211114mikan1211114mikan2
効率良く作業が出来るように昨年ネットを巻き取って保管しておきましたので、家内に手伝ってもらいながら1時間半ほどの作業でした。

鳥除けネットを張っている時に不注意でミカンを一つ落下させてしまいましたので、作業が終わってから試食してみましたが、このミカンは収穫期には糖度が12度近くまで上がりますが、この時期では7.6度とまだまだ低かったのですが酸味が少ないミカンということもあってまあまあ美味しく食べられました。
211114mikan3


9月23日にブロッコリー(エンデバー)の苗を購入して植え付け、ここに来て葉も茂り随分大きくなって次々に側枝も出始めてきましたが、一向に中央頭頂部の花蕾が見えてくるような気配がありません。
211114burokkori1211114burokkori2
一般的にブロッコリーは適期栽培では定植後約65日程度で収穫でき、その後側枝の花蕾も収穫できるようですが、この品種はネットで検索したところ生育期間が長く良質花蕾を収穫するためには、じっくりと株を作った後で十分な低温期間が必要だということで、食べられるのは年が明けてからのことになるのでしょうか。

朝晩や夜間帯はかなり冷え込むようになって、テラスに植え付けてある熱帯雨林地帯を原産とする常緑多肉植物である月下美人に僅か一つだけであありますが花蕾が大きくなってきたのが確認できました。
これ以外にも小さな花蕾は幾つか出てこようとはしていたようですが、昨今の寒さには勝てなかったようで黒く壊死した状態(写真右側)となっていました。
211114gekkabijin1211114gekkabijin2
過去の開花記録からは昨年の10月23日が最も遅く、10月の開花も比較的に珍しいことですので果たして今の時期から開花まで行きつけるのかどうか疑問ですが、今暫くは見守っていきたいと思いますが、開花時期は夏場と違って全く読めません。

| | コメント (2)

2021年11月 7日 (日)

11月の菜園

今日は暦の上では立冬、ここに来て夜中から朝方にかけてかなり冷え込むようになってきましたので、いよいよアンカが恋しい季節となってきました。

葉もの野菜では今月に入ってからホウレン草の収穫も始まってきましたが、鍋ものの主役の白菜(ミニ白菜)が次々と巻き始めてきております。
211107hakusai
早ければ今月の終わり頃には最初の白菜の収穫が出来るものと思います。

大根(うまい煮大根)が5~6cm程の太さとなってきましたので、今日一番太そうなものの最初の収穫をしてみました。
211107daikon
大根は生長が早いので本数は少なめにして時差栽培としています。

発芽の遅れていたニンニク(遠州ニンニク)ですが、やっとここに来て次々に土を持ち上げながら8~9割方の新芽が発芽してきましたのでホッとしております。
211107ninniku
発芽の遅かったことが生長への影響として出ないかとそれだけがやや気になります。

ジャガイモ(さやあかね)の葉が例年に比べてかなり早い時期に枯れ始めてきました。
土の中を探ってみましたが、それほど大きなジャガイモには育っていませんでしたので今少し放置しておきますが、植え付け時期が遅かったことからあまり期待が持てそうにもありません。
211107jagaimo
2人家族ですのそれほど多収穫でなくても適当な収穫で我慢補出来そうです。(笑

| | コメント (2)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »