« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月25日 (水)

夏野菜の撤収とタマネギの準備

つい先頃までは日本全体にわたって、これ迄にはあまり聞き慣れなかった線状降水帯によって各地に大雨を降らしており、当地でも僅かながらその影響を受けながら愚づついた日々が続いていましたが、2日ほど前から天候も回復したと思いきや今度は8月も後半というのに猛暑がやってきて明日は36℃の予報が出ています。

スイカは5個の収穫を一週間ほど前に無事に終えて苗床はそのまま放置しておきましたが、天候が回復するや否やあっという間に蔓が枯れてしまいましたので撤収をすることにし、トマトも一気に葉が枯れはじめてきましたので撤収のための雨除けトンネルの撤去をしましたが、すっかり汗まみれとなってしまいました。
210825suika210825tomato

9月に入るといよいよタマネギの苗の仕込みに入りますので、一週間ほど前に雨の合間に先行して畑作りは済ませておきましたので、種を植え付けるための苗床作りをしました。  タマネギの種は早生の浜ゆたかで10mdlで約1200粒ほどあるそうです。
210825tamanegi1210825tamanegi2
これで準備万端で、ちなみに種の播種は9月3日を予定しています。

夏野菜の中でも亜熱帯性の作物のオクラはとても元気で、これまでに数多くの収穫が出来ており開花位置はだいぶ上の方に上がってきましたが、まだ9月中旬頃までは十分に収穫は楽しめそうです。

210825okura_20210903110301

昨年はあまり多くの開花が見れなかった月下美人ですが、今年3回目の花蕾が再び見られるようになってきました。
2回目の開花には9個の花蕾がつきましたが、僅か一夜の開花のために開花日を間違えてしまい咲いた花を見ることが出来ませんでしたが、今回は12個の花蕾が見られますので、何とか開花に遭遇したいものと思っております。
210825gekkabijin
写真は部屋の窓から撮影したものでここからは9個の花蕾の確認が出来ていますが、見えない個所にもう3個ありますが、今回は壁側の近くに花蕾が多いことからはてさてどんな開花状態になるのでしょうか・・・・。
開花についてはこの先10日前後だろうと思いますので今度は注意深く観察します。

| | コメント (2)

2021年8月 8日 (日)

台風が逸れてくれました

さて、2日前から台風9号10号が日本に向かって進み台風10号が8日に、9号が9日に静岡県方面に向かうのではないかということから、この時期に随分草丈が伸びてきた長ネギ石倉根深太ネギ)が台風の強風でなぎ倒されてしまうという甚大な被害から避けるために、一昨日長ネギの両側に防風ネットを張って対策を施しておきました。
210808naganegi

しかしながら、この事前の対策がお守りとなったことからでしょうか、昨日の朝の台風の進路予想では少し進路が変化して、今朝の進路予報図では当地からは大きく外れる進路となって、長ネギの倒壊の恐れもなくなり一安心しました。
210808tyhoon

8月に入って連日雨のない暑い日が続き夏野菜の終盤に入ってきました。
7月17に梅雨明けした以降、降雨日が少なく好天気が続いたことから中玉スイカ(虎太郎)の発育が良く、まったく病気に罹ることもなく既に3個の収穫を終えていますが、残りの3個のスイカも順次収穫が出来てこの夏を終えそうです。
210808suika
これまでのスイカは何れも糖度12度を超える甘い美味しいスイカとなりました。

3品種のトマトは今年も十分なほどの収穫をすることが出来て皆さんへのお裾分けも出きましたが、ビニールシートを張った雨除けトンネルのほぼ最上段付近を残すのみとなっていよいよ終盤を迎えようとしています。
210808tomato
中央から左側2個がズッカトマトで、右側は今年初めて栽培をした郡築トマトです。

茄子(ふわとろ丸長茄子)も数多くの収穫をすることが出来て、名前が示すように果皮や果肉がとても柔らかく焼き茄子やマーボ茄子、茄子の煮浸しなどとこれまでに十分なほどに堪能することが出来ましたが、秋ナスの準備として早々と剪定をしました。
210808nasu
新しい芽が伸びてくるまでは少しの辛抱ですが、この先が楽しみになります。

| | コメント (2)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »