« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月26日 (土)

今年の果樹

当初は中部、関東地方に向かって北進していた台風5号は大きく東北東に進路を変えたことからその影響は全くなくなって今日も暑い一日となりました。

我が家の数少ない果樹ですが、今年も順調に多くの果実をつけてくれています。

一昨年にほとんど摘果もしなかったことから昨年は樹勢の衰えから40個程度の収穫で終わってしまった温州ミカンの青島4号ですが、今年は順調に開花後の摘果も上手くいって7~80個の着果が見られ順調に育ってきています。
210626mikan1

柑橘では10年以上も経過したネーブルですが、これまでに毎年2~3個程度しか収穫できず、昨年は何とか5個の収穫が出来ましたが、今年は不要な枝の剪定も上手くいき開花数が増えたこともあって12個が着果しました。
210626mikan2

(次郎柿)は生り年、不生り年を繰り返えす作物で、昨年は殆ど収穫もできませんでしたが、今年は生り年ということからでしょうか、50個ほどの柿の実の確認が出来ています。
210626kaki

4つ目の果樹はブドウのネオマスカットですが、その後順調に果粒も大きくなってきましたので、この先の果粒の拡大を予想して一房で30~35粒に収めるように数回の摘果を繰り返しながらほぼ最終の段階までこぎ着けました。
210626budou

こちらはブドウの巨峰ですが、昨年あたりから果皮が茶色になるようになって成熟擦れに連れて黒っぽく広がり、最後には萎んでしまうような現象が出始めて、どうやら晩腐病のようですが原因や対処方法も分からず今年も同じような現象が現れてきました。
210626budou2

葡萄の収穫は8月になってから、柿は10月中旬、ミカンは11末~1月となりますが、ブドウは巨峰の先行きが気になりますが、この先の収穫も楽しみです。

| | コメント (2)

2021年6月17日 (木)

長ネギの植付けと夏野菜

今年はあまりにも早い梅雨入りでしたが、それほど雨に見舞われるということもなく夏野菜にとっては手頃な降雨といって良いのではないかと思います。

今年はうっかり秋冬野菜としての長ネギの種蒔きを忘れてしまい、行きつけの種苗店で売られていた50連トレイに植え付けられていた10数cm程に育った石倉根深太ネギを購入して5月8日に畑に仮植えをしておきましたが、草丈が30cm程に伸びてきましたので定植(172本)をしました。
210617naganegi1210617naganegi2
ほぼ2cm間隔に植付け11月に入った頃から2cm程に太った長ネギが収穫できます。

夏野菜も順調で既に胡瓜や茄子、ピーマンなどの収穫は始まっていますが、ここにきて大玉のトマトがやっと収穫できるまでに育ってきて、1個だけですがズッカトマトが今日初めて収穫が出来ました。
麗夏トマトもだいぶ赤くはなってきましたが、もう3日ほどして完熟手前での収穫をしようと思っています。
210617tomato1210617tomato2
雨除けトンネルのお陰で果皮の劣化もなくきれいなトマトの収穫が出来そうです。

中玉スイカ虎太郎ですが、6月8日に一番果の人工交配をいましたが僅か10日ほどで10cmを越す大きさになってきました。
210617suika_20210618102701
30~35日で収穫が可能となりますので今から楽しみです。

まだ草丈が30cmを少し越した程度のオクラですが、早くもここにきて次々と開花が始まってきました。
210617okura
開花から1週間程度もすれば収穫が出来るようになります。

ジャンボニンニク(無臭ニンニク)を昨年10月12日に10個ほど植付けをしておきましたが、下葉が枯れ始めてきましたので収穫をしました。
210617ninniku
普通のニンニクに比べて3倍くらいの大きさですが、今年はこれも黒ニンニクとして試してみようと思っています。

| | コメント (2)

2021年6月 9日 (水)

夏野菜が順調です

関東甲信越地方の梅雨入りは未だに発表されていませんが、早くから梅雨入りした東海地方ですが一昨日、今日(30.5℃)と真夏日を記録するような暑さとなりました。

梅雨とはいえ、このところの好天気にも恵まれて夏野菜が順調に育ってきています。
やや、遅きに逸した中玉スイカ虎太郎ですが、親蔓の摘心以降に5本ほど伸びてきた小蔓が伸びてきて3日ほど前から生り花(雌花)が見え始め、早速人工交配をしましたがどうやら最初の着果が出来たようです。
210609suika
30~35日で収穫が出来ますので7月に入れば収穫が出来そうです。

4月21日に植付けをした聖護院キュウリですが、収穫は既に一週間ほど前から始まっていますが、最初は節成りだと思っていましたが、その後は思っていたほど節成りとはならず、それほど多収穫野菜ではなさそうです。
210609kyuri1210609kyuri2
しかし、今まで栽培していた胡瓜とは違って長さが30cm以上にもなって、ちょっと採り遅れただけであまりの大きさになりビックリしています。

胡瓜と同じ時期に植付けをしたふわとろ丸長茄子ピーマン(京波)も数日もすれば収穫できるまでに育ってきました。
210609nasu210609piman

例年オクラは断面が丸型をした島オクラを栽培していましたが、今年は初めて一般に市場で多く売られている断面が五角形をしたオクラを栽培してみましたが、種から育てて5月11日に定植をしましたがやっと30cm程に育ってきました。
210609okura
花蕾も見え始めてきましたので今月末頃には収穫が始まるでしょうか。

| | コメント (2)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »