« 2021年3月 | トップページ

2021年4月10日 (土)

ブドウの新梢の誘引と夏野菜の畑作り

桜前線が北上中の4月、花見の季節はぽかぽかの春らしい陽気になったかと思う一転して底冷えのするような寒さとなることを「寒の戻り」と言い、花見の時期での寒の戻りのことを「花冷え」と言うようですが、ここ2日ほど日中は17~8℃迄上がりましたが、朝夕が冷え込んで久し振りにエアコンの煖房スイッチを押すほどに冷え込みました。

軒先のブドウ棚のネオマスカットの新しい芽が伸び始めてきたことは先日のブログでも触れましたが、あっという間に25cm程にも真上に向かって伸び始め、新芽の付け根部分はとても弱々しくあまり放置しておくとによって根元から剝がれてしまいますので誘引をすることにしました。
何れの新梢にもブドウの花房が早くも見られます。
210410budou1210410budou2
あまり無理に誘引すると付け根部分から剥がれてしまいますので、今日は無理な誘引はせずに次回あたりに支柱にしっかりと固定する予定です。

こちらは前の畑のブドウの巨峰ですが、新しい芽は伸び始めてきてはいますが、未だ誘引ワイヤーには届くことが出来ない長さですので、まだ10日ほどは誘引作業の必要もなさそうです。
210410kyohou

2月7日に3品種の大玉トマトの種を播種して育苗してきましたが、ここにきて17~8cmに生長してきました。
例年トマトの苗の定植は4月15日前後に実施していますので大急ぎで畑作りを実施しておきました。
210410tomato210410hatake

そろそろキュウリや茄子、ピーマンなどの夏野菜の苗が売り出されてきたようで、最近ではこれらの苗は購入苗での栽培としていますので、もう少ししたところで購入して植付けたいと思っていますが、これから大分忙しくなりそうです。

| | コメント (2)

2021年4月 1日 (木)

バラの花が咲き始めました

ここ連日初夏を思わせるような好天気な日が続いて桜の花もそろそろ満開の時期を終える頃となりましたが、毎年出掛けている浜松城公園に足を運んでみました。
例年であれば行楽客がブルーシートを敷いて足の踏み場のないほどの混雑となりますが、コロナ禍の中での自粛規制ということもあって混雑することもなく僅かな時間でしたがゆったりと花見を楽しむことが出来ました。
210401sakura

我が家の花海棠はすっかり散り終えてしまいましたが、これに代わって庭のつるバラドルトムントが僅か一輪だけですが今日開花しました。
昨年のバラの開花は4月16日でしたので半月も早い開花となりました。
210401bara
この他のバラの花蕾もずいぶん大きくなってきましたので、今年はかなり早くから楽しむことが出来そうです。

温暖化の影響からでしょうか花海棠やバラの花も例年に比べ開花が早まっていますが、この時期に(次郎柿)ミカン(ネーブル)に花蕾が見られるようになりました。
210401kaki210401mikan
こちらも過去の開花状況よりも一週間ほど早い開花になりそうです。

マルチシート掛けをしたタマネギは半月以上も前に収穫を終えていますが、シート掛けをしない通常栽培をしたタマネギも今日ほぼ半分ほどの収穫をしました。
210401tamanegi
全ての収穫は10日頃には終えることが出来そうです。

| | コメント (2)

« 2021年3月 | トップページ