« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月14日 (日)

トマトの発芽とタマネギの初収穫

コロナ禍の中、ダブルパンチともいえる宮城沖で震度6強の地震が発生しましたが、被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
今日は20℃と先日に続いて春の陽気となりましたが、週明けの水曜日には10℃前後と再び寒さが3日ほど戻るようですが、こうして三寒四温を繰り返しながら春がすぐそこまで近づいてきています。

今月7日に種蒔きをしたトマトが発芽育苗器の効果もあって最初に思ってもいなかった郡築トマトが播種から5日目の12日に、次に麗夏トマトとやや遅れてズッカトマトが昨日6日目に発芽して3品種とも無事に育ち始めました。
210214tomato
この時期で1週以内での発芽は矢張り発芽育苗器の効果が顕著なものと言えます。

我が家の早生種の早出し黄玉葱のうち促成栽培用としてマルチシート掛けをして定植したものが、やや小振りですが今日初めて収穫が出来ました。
210214tamanegi1_20210303111101210214tamanegi2
マルチ掛けをしない通常栽培として定植したもの(写真右側)は、やはり地温の影響からでしょうか育ちが遅く地割れは始まってきましたが、収穫は3月中頃からの収穫になるかと思います。

今日は暖かったこともあって、今まで強風での苗の倒れや引き千切れがないようにしておいた防風ネットを外してスナック豌豆の支柱立てとネット張りをしておきました。

210214endou
まだ花蕾の見える気配はありませんが、3月に入れば開花が始まるものと思います。

| | コメント (2)

2021年2月 7日 (日)

夏野菜、トマトの種蒔き

例年この時期になるといよいよ夏野菜の種蒔きは始まりますが、最近では野菜の栽培量が減ったことから胡瓜や茄子、カボチャ、スイカ等々は購入苗に頼っており、先ずはトマトが今年最初の種蒔きとなりました。

今年のトマトは大玉品種のみとして過去10数年作り続けているズッカトマトと一昨年からから栽培を始めた麗夏トマトの他にこの冬に熊本県の八代市郡築(ぐんちく)地区で栽培されている郡築トマトが美味しかったことから交配種かどうかは分かりませんでしたが自家採種をし、これらの3種類を自作の発芽育苗器(作り方はここ )のトレイに播種をしておきました。
210207tomato_20210226115601210207tomato2
この先はジャガイモの植付けや僅かな夏野菜の種蒔きが控えていますが、2月の後半になってからのことになります。

葉もの野菜のホウレン草、中葉春菊、キャベツ、白菜、長ネギ等々の順調な収穫が出来ていますが、ここにきてやっとブロッコリーの花蕾が大きくなりましたので収穫をしてみました。
210207burokkori1210207burokkori2
それぞれの葉の脇からは幾つもの小さな花蕾が見られこれも収穫が楽しみです。

昨年5月に収穫し保存しておいた遠州ニンニクも発芽の兆候が出てきたので2週間ほど前に最後の黒ニンニク作りをしましたが、5回目の黒ニンニクが出来上がりました。
210207kuroninniku
屋外で乾燥させた後に冷蔵庫で保存しながら食べますが、これで3月いっぱいまでは食べられそうです。

発芽育苗器の地温測定をしました  ~2月8日追記~

昨日のトマトの播種を終えて一昼夜経過したところで早朝に育苗トレイの中の地温を測定してみたところ26℃の確認が出来ました。

210208tomato
トマトの発芽の最適温度は20~30℃のようですので最適な温度でしょうか。

| | コメント (2)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »