« タマネギの追肥、他 | トップページ | 謹賀新年 »

2020年12月21日 (月)

風変わりな建物と冬の菜園

これまでに毎日といって良いほど走っている我が家からほど近い場所の道路脇で、今や全国ブランドにまでのし上がった「うなぎパイ」春華堂の本社社屋の建設工事が進められていましたが、建築工事用のために構築物が高い外壁で覆われてこれ迄は中を覗き知ることはできませんでしたが、ここにきてその外壁の高さが半分ほどのフェンスとなって中からとてもユニークな建物が姿を現しました。
201221shunkadou
この建物は本社と店舗の複合施設「スイーツバンク」で、鉄骨造2階建ての建物の外観は大きなテーブルとイスの独創的なデザインで、菓子から連想される「家族団らんの時間を象徴した」ということで2021年4月開業予定ということです。

好天気が続いていることもあって10月1日に早採りが出来るようにマルチシート掛けをしてから定植をした早生種のタマネギが指の太さほどに育ってきました。
201221tamanegi
この調子でいけば2月の初めには何とか発物の収穫ができるかな?

この時期にはこれと言って野菜のための手入れ作業などは殆どありませんが、だいぶ大きくなってきたスナック豌豆のために近くの川岸に群生している雌竹(メダケ)取りに行って強風による倒れや千切れ防止のための支柱立てをしておきました。
201221endou1201221endou2
2月頃になったところで防風ネットを外して本格的な支柱とネットを張ります。

この他の野菜では10月26日に定植をしたブロッコリー(ハイツスペシャル)の頭頂の花蕾がやっと確認できるような大きさになってきました。
201221burokkori
側枝花蕾も多収穫できるようですのでこれからが楽しみです。

昨年は少し小振りな大きさのものがあったニンニク(遠州ニンニク)ですが、今年は全体的に葉茎も太く葉ぶりも大変良く育ってきていますので4月末~5月初めでの収穫に期待が持てそうです。
201221ninniku

我が家のこの時期の収穫物としては葉もの野菜の白菜やキャベツ、春菊、ホウレン草、長ネギなどの他に大根や里芋、長芋と今年は野菜に事欠くことはなくコロナ禍の中で本当に助かっています。

|

« タマネギの追肥、他 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

今日は。
春華堂のうなぎパイは全国的に名が知れて美味しいです。
戴いたり買ったりしてよく食べますね。
何年か前に製造工場へ見学に行って時、帰りにお土産を戴いた記憶がありますが夏休みでしたので人の多さに驚きました。今回建設中の本社工場とは場所が違いますよね。
スナック豌豆の苗に風対策ですね。ネットで風をガードして雌竹(見たことは有りましたが名は知りませんでした)を立てて霜よけにもなってこれから春を待つのですね。
早生のタマネギが早くも売り出されていますが未だ高値ですね。
雨が降らないとダム湖の水不足がニュースになっていますが、富士山もその影響か雪がありません。
山梨側で雪が以前見られましたが今はありません。
雨が降らないとお正月は雪の無い富士山になるかもしれません。

投稿: 週末菜園人 | 2020年12月23日 (水) 13時19分

週末菜園人さん>
以前に行かれたという製造工場は浜名湖にほど近いところで、今回の本社社屋は我が家から700mほどの場所で市の中心街から少し離れたところになります。
こちらでは河川の近くには雌竹の群生しているところが多く、管理されていないことから年々増え続けていますので採取は自由にできます。
今年は冬の時期でありながら野菜の安値が続いており、新タマネギもこのところ値段が下がってきましたので、このところもっぱら新タマばかりを購入しています。
確かのこのところ雨がないことから畑も水不足になっており、私も時々我が家の温かい地下水道を利用してホースで散水をしていますが、雪の多いところもあったりして本当におかしな陽気続きですね。

投稿: waka3 | 2020年12月23日 (水) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タマネギの追肥、他 | トップページ | 謹賀新年 »