« トマトの雨除けトンネルの施工 | トップページ | 梅雨空の下の夏野菜 »

2020年6月20日 (土)

梅雨の中休み

梅雨の真っただ中ですが、昨日までとは違って今朝は久し振りの快晴で日中は28℃まで上がって夏日の暑い一日となりました。

夏野菜は順調でシシトウ(甘なが美人)ピーマン(京みどり)茄子(千両二号)胡瓜(夏すずみ)は何れも一本づつしか栽培をしておりませんが、それでも今日は豊作で我が家では食べきれないほどの胡瓜やピーマンの収穫となりました。
200620shukaku

島オクラは5月15日の定植でまだ40cm程とそれほど背丈が伸びてはいませんが、数日前から開花が始まってきています。
200620okura
気温が上がり始めると生長が早いのでこれから先の収穫が期待できます。

トマトの脇に植え付けた枝豆(茶枝豆)を確認したところ、まだ草丈がやっと30cmを少しばかり越したところですが、白い花らしきものが見えたので良く観察したところ枝豆の莢が早くも出来ていたのにはビックリしました。
200620edamame1200620edamame2
何年か振りの枝豆の栽培で生長過程の記憶もありませんので、この先上手く育っていくのか不安ですが、何とかビールのおつまみに出来ると良いのですが。(笑

今年からカボチャはスープ用のための鶴首カボチャの栽培のみとしましたが、既に蔓の長さが5mほどにまで伸びてきていますが、今年最初の雌花が開花しました。
200620turukubikabocha
カボチャは人工授粉によって100%の着果が見られ鶴首カボチャは樹勢が強いことから15個以上の収穫が可能ですが、5~6個の収穫にとどめる予定です。

5月12日に50連トレイに播種されて売られていた石倉根深太ネギの幼苗を畑に移植しておいたところ定植できるほどの大きさに育ってきました。
200620negi1200620negi2

ほぼ9割ほどは定植が可能な大きさとなっていますので、植え付け可能なものを抜き取って定植をしておきました。
200620negi3
10月半ば頃になれば早いものから収穫ができるものと思います。

|

« トマトの雨除けトンネルの施工 | トップページ | 梅雨空の下の夏野菜 »

コメント

Wakaさん、こんにちは。
そちらでは見事な夏野菜が採れましたね。こちらは収穫まではまだまだです。最高気温が20℃そこそこなので、夏野菜達にはもう少し暑くなって欲しいところです。
オクラの写真を見ましたが、こちらとは育ちの違いに愕然としています。こちらはまだ10cm程度しか育っていません。オクラは発芽しても大きくなる始めるのが遅いのです。多分、気温がある程度高くならないと伸びないのでしょうね。暑い夏は嫌ですが、夏野菜達には早く暑くなって欲しいです。

投稿: kikumal | 2020年6月21日 (日) 16時09分

kikumalさん>
梅雨の中休みもあっという間に終わってしまい、今日から再び梅雨空に戻ってしまい一週間ほどは愚づついた空模様となってしまうようです。
例年露といっても連日雨が降るわけでもなく、雨量もそれほどでもなく気温もあまり低くはなりませんので夏野菜の生長には心配もありませんが、生活をしてく上でじめじめとした鬱陶しさだけが嫌いなこの時期です。

投稿: waka3 | 2020年6月22日 (月) 10時52分

おはようございます。
週末から来週にかけて愚図ついた天気模様で梅雨の真っ只中といった所ですが、今年は新型コロナの影響もあり、大変な所に雨の影響が出ないといいですね。
野菜の収穫が次々始まりましたね。豊作はありがたいのですが食べきれない量とのバランスが少しは出てしまいますね。
ところで前回の記事の中でトマト栽培の支柱に強風にも飛ばされにくくするための工夫のことがありましたね。
その話を菜園指導をする方に話した所、学生時代に習った事を思い出したと喜んでいました。すっかり忘れていたようでした。

投稿: 週末菜園人 | 2020年6月26日 (金) 09時05分

週末菜園人さん>
おはようございます。
どうやら来週も天気は良さそうにもなく、例年梅雨明けは7月半ばを過ぎた頃ですので、今朝は晴れましたが天気は下り坂のようでまだ当分の間は鬱陶しい日々との繰り返しとなりそうですね。
夏野菜は出来過ぎも考えて一本栽培を基本としていますが、昨日もキュウリは7本もの収穫で食べきれませんでした(笑
トマトの支柱は何度か台風などの影響で支柱が曲がったり飛ばされたりの経験からビニールハウスの補強方法から簡易的なものをと一昨年に思い付いたものですが、これ以降は問題も起きていないことから実施しております。
コメントのダブリ投稿は削除しておきました。

投稿: waka3 | 2020年6月27日 (土) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トマトの雨除けトンネルの施工 | トップページ | 梅雨空の下の夏野菜 »