« またもや暖かな冬日です | トップページ | 新型コロナウイルスの影響 »

2020年2月27日 (木)

もうすぐ春ですね

とうとう今年は屋外での氷の張ったところを見ず仕舞いで3月を迎えることになりそうです。
このところ連日新型コロナウイルス感染症の報道で賑わっておりますが、現状ではこれと言って有効な打つ手も見つかってはおらず、出来ることなら一日も早い新薬の開発が望まれるところですが、先ずは一人一人は咳のエチケットや手洗いが重要であることは理解できるものの、巷からは感染防止のためのマスクや薬用洗浄スプレーなどがすべて姿を消してしまっており、買い物などで出掛けざるを得ないこともあって高齢となった我が身にとってはここ一、二週間の動向がとても気掛かりになります。

前回のブログでも暖冬の影響で我が家の寒緋桜の開花が早まっていることに触れましたが、矢張り昨年よりも9日も早い満開となりました。
200227sakura

この他にも草木の何もかもが暖冬の影響で芽吹きが早くなってきており庭のバラの新芽も例年よりもかなり早く芽生えてきています。
200227bara

昨年12月6日に定植をしておいたスナップエンドウ(幸姫)ですが、これまた例年よりのかなり早い開花を迎えていたと思っていましたが、まだ主枝もあまり太くもなく脇蔓もそれほど伸びてきていないにもかかわらず次々に実が育って収穫できるまでになってきてしまいました。
200227endou
追肥はしておりますが、例年より早い収穫を終えることになりそうです。

2月5日に播種をしたトマト(2品種)とキャベツですが、昨年採種したズッカトマトは9割(9本/10)の発芽をしましたが、2年前に採種しておいたスタピストマトは最後の3本目の発芽が遅く6割(3本/5)で、4年前に購入して残っていたキャベツの種は残念ながらとうとう発芽することはありませんでした。
200227tomatononae
ズッカトマトは5本、スタピストマトは2本の栽培を予定していますが、もう少し大きくなってきたところで11号ポットへの移植をしようと思っています。

|

« またもや暖かな冬日です | トップページ | 新型コロナウイルスの影響 »

コメント

おはようございます。
新型コロナウイルスが何時、どんな形で収束を迎えられるか今はまだ未透視も絶たないようですが、これが今年だけの事か心配事はつきませんが何とかオリンピックは迎えたいですね。
青空に寒緋桜が映えますね。間もなく木々の新緑を迎える季節ですね。庭園のバラが例年より早く芽吹いてるようですが、又豌豆も開花が早くて実がつき始めてるようですが
暖冬の影響も、ウイルスも地球に変化が始まってるのでしょうか?この年になってはおろおろするばかりです。

投稿: 週末菜園人 | 2020年3月 3日 (火) 11時14分

週末菜園人さん>
こんばんは。
新型コロナウイルスの報道加熱の中で果たしてどのようになって行くのか収束への見通しが今一つハッキリしないだけに本当に気がもめますね。
私の通っているスポーツジムも今日から閉鎖となりました。
普段は器具を使ったトレーニングなどもしておりますので、今日からはそれもできず幸い温かくなってきましたので雨さえ降らなければ自前トレーニングだけでも続けようと持っています。
何か良い収束に向けての特効薬でも見つかればよいのですが、とにかく朗報に期待したいものです。

投稿: waka3 | 2020年3月 3日 (火) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またもや暖かな冬日です | トップページ | 新型コロナウイルスの影響 »