« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月22日 (日)

ニンニクの植え付け作業、他

今日は朝から薄っすらとした曇り空で一昨日あたりからこれまでの暑さとは打って変わって秋風が吹きはじめてきておりますので、早朝から今迄の遅れを取り戻すための菜園作業に励みました。

先日畑作りは済ませておきましたので、先ずはニンニクの植え付けをしました。
今年は既に3回の黒ニンニク作りを済ませ、連日美味しい黒ニンニクを食べていますが、今年も今年の5月に収穫した遠州ニンニク(別名紫ニンニク)を種用のニンニクとして保存しておきましたので、今年は3畝でほぼ300球の植え付けを実施しましたがチョット多すぎたような気も致します。(笑
190922ninniku

ニンニクの植え付けを済ませたところで、これも今年収穫して種用として保存しておいたエシャレットの植え付けをしました。
190922esharetto
収獲期間は2ヶ月ほどとあまり長くはないのですが、酒のつまみには最適ですね。

主たる作業を終えたところで昨日行きつけの種苗店で6連のプラグトレイ158円と格安な茎ブロッコリー(スチックセニョール)を購入してありましたので定植をしました。
我が家では3本もあれば十分ですので6本もあるとちょっと持て余しそうです。
190922burokkori1 190922burokkori2

9月3日に播種したタマネギの苗が順調に育ってきていますので、今日は苗床全体に配合肥料に更に少しだけ化成肥料を追加したものを施しておきました。
190922tamanegi

夏野菜はピーマンやシシトウ等はいまだに順調な収穫が出来ていますが、8月の後半に剪定しておいた茄子(超やわらか茄子)がここにきてやっと花が咲きはじめてきましたので、これからの収穫が楽しみです。
190922nasu

今夜半から雨模様ですので良いお湿りとなってくれると良いのですが・・・・。

| | コメント (4)

2019年9月13日 (金)

やっと秋冬もの野菜の準備が完了

9月に入っても猛暑日があったりと連日30℃を超える暑さでしたが、今日は一転して朝から曇り空で日中の最高気温も25.3℃と過ごし易い一日となりました。
これまであまりの暑さの中で菜園に出ることは控えていましたが、例年であれま秋冬もの野菜の種蒔きや秋ジャガイモの植え付け等のために畑作りは既に終えているところですが、今日は今迄の遅れを取り戻す意味から一気に作業を進めました。

先ずはトマトの雨除けのためのトンネルのビニール外しとフレームの解体と既に根っこは抜いてありましたので枯れた枝葉の撤去、次にこちらも枯れたキュウリの枝葉の撤去とネットよ支柱の解体と先ず一番厄介な作業を済ませました。
全ての撤去を済ませたところで、苦土石灰を撒いてから耕運をしておきました。
この場所には大根白菜などの冬もの野菜の植え付けを予定しています。
190913atosimatu 190913hatake1

引き続いてメインの西の畑は今月初めにカボチャやスイカの蔓の撤去は済ませてありましたので、こちらにはニンニクタマネギの他に葉もの野菜等の植え付けをしますので、粒状苦土石灰と例年JAより購入している微生物活力剤「地力山」を撒いてから管理機で耕運しておきました。
これで一先ず畑作りは終えましたのでいつでも作付け作業はできます。
190913hatake2

耕運作業をすべて終えたところで、キュウリやトマトの跡地の耕運した場所に昨年よりも20日ほど遅くなりましたが青首大根の種蒔きをしておきました。
190913daikon

タマネギ
は9月3日に播種をしておきましたが、5日目に発芽した以降いたって順調に生長してきていますので、この調子でいけば10月20日前後には定植が出来るのでしょうか。
190913tamanegi

白菜は遅い播種は結球が出来なくなるという心配もあって、畑作りが遅れていたことから今回は9月7日にプラグトレイにミニ白菜と早生種の金将二号を播種しておきましたが、金将二号は種が少し古かったこともあって発芽率が良くありませんでしたが、これだけあれば我が家では十分です。
190913hakusai
中央の発芽していない個所にはアスパラガスの種が蒔いてあります。

今日は十五夜とのこと、夕方になって雲が切れ始めて8時過ぎには窓を開けると雲は殆どなく爽やかな風と十五夜お月様が見られました。
190913jugoya

今日は日中でもさほど汗をかくこともなく快適に菜園作業を済ますことが出来ましたが、どうやら気温の下がったのも今日一日だけのことで、明日の予報では32℃と再び暑さがぶり返すようで、まだ爽やかな秋となるのはもう少し先のようです。

| | コメント (2)

2019年9月 1日 (日)

秋冬もの野菜の準備、他

今日から9月、朝夕は幾分涼しくはなってはきましたが、日中はまだまだ30℃を裕に超える暑さで菜園に出るのも躊躇しております。

とは言ってもそろそろ秋冬もの野菜の準備に入らなければならず、重い腰を上げて枯れた状態で放置してあったカボチャ(坊ちゃんカボチャ、鶴首カボチャ、三毛門カボチャ)とスイカの蔓の撤去作業をしました。
朝のうちと言っても既に気温は30℃近かったこともあって僅か1時間ほどの作業でしたが、シャツやパンツまで汗でぐっしょりとなってしまいました。
190901kabocha
夏野菜の一部の撤去作業が終わったとは言っても畑作りの耕運作業はもう少し涼しくなってからとなりそうです。

現在我が家で元気な農作物といえば、写真に写っているオクラ里芋落花生根深一本太ネギの他に写真には映っていませんが、ピーマン、獅子唐、茄子といったところでしょうか。
190901okurahoka

陽がかなり西の空に落ちかけてきた頃に9月5日の播種を予定しているタマネギの苗床作りをしました。
190901tamanegi
タマネギの苗床作りについては、だいぶ以前に私のHPに掲載したものがありますので、ここをクリックするとご覧いただけます。

今年2回目の黒ニンニク作りが2週間を経過して今日完成の運びとなりました。
初回はホワイトニンニクでしたが、今回は遠州ニンニクを使用しましたが、出来上がりの品質や美味しさの点ではこちらの方が味も良く美味しい出来となりました。
Kuroninniku
これで夏バテの解消が出来ると良いのですが。(笑

| | コメント (4)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »