« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月12日 (月)

トマトの種の採取

8月に入ってから5日に35.1℃の猛暑日を記録した以外には、今のところ猛暑日とまではなりませんが連日猛暑日に迫るような暑さ続きで、このところ菜園に出るのは陽が西に沈む頃になって、僅かばかりの野菜の収獲と日照りで水不足に苦しむ野菜への散水といったところでしょうか。

今年も例年実施している大玉で固定種ズッカトマトの種の採取を完熟させておいたトマトで実施しました。
ズッカトマトは種の入ってる部屋が市販のトマト(桃太郎)に比べて見たとおりとても小さいことから種の数も3割にも満たないほど少ないのが特徴です。
190811tomato1

下の写真は8日ほど前にトマトから種の取り出しをした写真ですが、ゼリー状に混ざった種をトレイの中で3日ほど日陰で発酵させました。
この発酵作業は乾燥させると暫くすると泡が出てきて発酵が始まりますが、これはゼリー質に作用する細菌によるものだそうで、ここから生まれる抗生物活性は斑点細菌病、斑葉細菌病、カイヨウ病などの病気に対して効果があるということです。
190811tomato2

発酵が完了した時点で種に付着している不純物を綺麗に水で洗い流し、種は短い毛に覆われていますので乾燥した時に種が張り付かないように一つづつ並べて日陰で5日間ほどこれも風通しの良い日陰で乾燥しました。
190811tomato3
種の数は100粒にも満たなく一般のトマトに比べ種がとても少なく調理用にはとても適したトマトといえます。

前回のブログで落花生子房柄について触れましたが、この子房柄の先が土の中に伸びて行って落花生の実の入る鞘(さや)が出来るということで、前回追肥と土寄せを実施しておきましたので、その後どのようになっているのか子房柄を持ち上げて確認してみたところ、まだとても可愛らしい大きさですがハッキリと確認できました。
190811rakkasei
確認後に再び土の中に戻しておきましたが、さて何時頃の収穫になるのやら・・・・。

スープ用として栽培している鶴首カボチャの収穫が間近となってきました。
鶴首カボチャは着果後は淡い緑色から次第に濃い緑色に変化していって、収穫時期になるにつれて橙色に変化して完全に色が変わったところで収穫となります。
190811turukubikabocha
このカボチャは煮カボチャとしてはあまり適しておらず、スープ用として適しており、果重も3~4Kgにもなって一つでかなりの量のスープ用のペーストができます。

| | コメント (4)

2019年8月 2日 (金)

猛暑、そしてこれからは・・・・

何時まで続くのやらと思っていた梅雨が、何と昨年よりも19日も遅い7月20日にやっと終わったと思っていた直後に、今年も再び有難くもない狂ったような猛暑日が訪れてきました。

小玉スイカにいたっては2本の植え付けで例年なら10個以上の収穫が出来ていましたが、長かった梅雨の影響での病気が多きな原因で葉も枯れて、残念ながら今年は僅かに3個のみの収獲だけで終わってしまいました。
190802suika

そして今までに次々と収穫のできていた坊ちゃんカボチャや今日2本の収穫をもってキュウリ(夏すずみ)もここにきて終焉を迎えてしまいましたが、こちらはまずまずの収穫ができたのが幸いでした。
190802kabocha 190802kyuri

トマトはズッカトマトを主体に3品種の植え付けをしましたが、こちらも数個を残してほぼ終焉を迎えてきておりますが、1本だけを2坪の温室内に植え付けておいたところ当初は発育が遅れていましたが、その後は順調に育って天井を横に這うほどの大きさ(現在約3.5m)となって、屋外に植えてけていたものと違ってまだまだこれからの収穫が楽しめそうです。
190802tomato1 190802tomato2

落花生の葉が随分茂ってきて猛暑の中でもとても元気です。
ラッカセイは受粉すると、花のつけ根にある子房柄が伸びて土の中に潜り、そこに落花生の実の入るさや(鞘)がつくようで、この時に花の位置から地面までが遠かったり、土そのものが固いと子房柄はしっかり土に入ることができず、ラッカセイの鞘 がつきにくいということから、少し遅くなりましたが土寄せをしておきましたがさて大丈夫でしょうか。
190802rakkasei1 190802rakkasei2 
ピーマンや茄子の他にオクラ等は順調な収穫が出来ていますが、これから先も引き続く猛暑やこれからやってくる台風などの影響がとても心配になります。

| | コメント (4)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »