« 夏野菜の生長 | トップページ | 鬱陶しい日が続いています »

2019年6月30日 (日)

野菜の生長 ~2

早いもので今年もあっという間に半年が過ぎてしまいます。
一昨日の台風3号は九州から四国南部を横切って、東海地方の沿岸部を夜半過ぎに通過して行くいうことでしたが、この時間帯に雨戸を叩きつけるような強い風雨はまったくなく過ぎ去って、菜園への被害もなく拍子抜けするような有難いことでした。

前回のブログから11日が経過しましたが、雌花が開花して人工授粉をした黒皮スイカや鶴首カボチャ、まだ青かったトマト等が、ここ数日間で更に生長してきました。

これは大玉の黒皮スイカで、今日で受粉・着果後ちょうど10日目となりますが、果長は14cmほどで尖っていた先端やお尻の部分が随分丸みを帯びてきました。
生長するにつれて両端は更に丸みを帯び、胴長で殆ど冬瓜と同じ形になります。
190630kurokawasuika
このスイカは在来種で果肉は黄色で表皮の色はこれから更に黒ずんでいきます。

こちらは黒皮スイカと同じ日に開花・受粉をした鶴首カボチャですが、スイカに比べて著しく生長が早く着果後僅か10日ですが果長は早くも34cmにもなっていました。
190630kabocha
収穫時には果長は50cm超で、果重も4Kgを超す大きさになります。

中玉のスタピストマトは既に一週間ほど前から収穫が始まっていましたが、大玉のズッカトマトや購入苗の麗夏もここにきてやっと赤みがさしてきましたので収穫も間近となりました。  トマトの向こう側に見える緑色のネットは鳥除けのためのものです。
190630tomato1 190630tomato2









5月28日に小玉スイカ(ラグビー小玉)の雌花の受粉をしてから一ヶ月が経過しましたが、ここにきて収穫の合図となる巻きヒゲが黒ずんできましたので、天気が良くなったら収穫をしようと思います。
190630kodamasuika
梅雨時で日照りの日が少なかったことから少し糖度が心配になりま。

|

« 夏野菜の生長 | トップページ | 鬱陶しい日が続いています »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
そちらは、6月末なのに、野菜の状況がすっかり夏ですね~。
黒皮にしても小玉にしてもこの時期にもうこれだけ大きくなるんですね。トマトも既に収穫開始されているとは。これから大玉トマトも収穫となると、トマトだらけになりそうです。ズッカトマトは調理用として大量に使えるでしょうけど、他はどうされますか?

投稿: kikumal | 2019年7月 1日 (月) 06時21分

kikumalさん>
おはようございます。
今年も地域によっては早くも豪雨に見舞われていますが、年々大きく変化している気象条件がとても心配になる今日この頃です。
幸い当地ではこれまでに災害に見舞われるような気象変化は起きてはいませんが、今年の梅雨はどんよりとした日が多いので太陽が恋しいといったところです。
夏野菜は今のところとても順調に成長していますが、7月も半ばを過ぎる頃からは猛暑となってきますので、あっという間に終わってしまうのが辛いところです。
トマトは黄緑色野菜ということもあってもっぱら生食を中心として、お隣の愛知県の豊橋地区が周年のトマトの特産地でもあることから普段でも購入してサラダ代わりに食べており、これからは自前のトマトに代わります。
栽培数はできるだけ身の丈に合った本数としていますが、今年は大玉のズッカトマトを中心に栽培しましたので、少し余剰気味になるのかもしれません。(笑

投稿: waka3 | 2019年7月 1日 (月) 10時05分

おはようございます。
来週も雨模様のお天気になりそうで、一体何時晴れ間が見られるか、晴れたら今度は暑さでいずれにしてもこの時期は思い通りに行かないことが多いですね。
野菜も自然任せての事ですが、今年は雨が多いことから成長が早く、そのために終わってしまう事は少し寂しいですね。しかし雨にも負けずトマトもカボチャもスイカもどれも順調に大きくなってますね。トマトは一本の木から収穫が出来るのを見つけながら見て回るのは楽しい作業の一つですね。
以前からトマトは雨に濡れると実が割れると言われていますが今年は割れない種類があるといいのですね。

投稿: 週末菜園人 | 2019年7月 5日 (金) 08時39分

週末菜園人さん>
このところ連日愚図ついた天気で本当に鬱陶しい日が続いていますね。
スイカは昨日食べてみましたが、矢張り天候の影響もあったと思いますが、中は真っ赤でしたが11度弱と少し不満なものでした。
その上に作物は天気が悪いと病気(カボチャや胡瓜はうどんこ病、スイカは炭素病やつる枯れ病など)にも罹り易くなって、天気が悪いと消毒もできず結果的には終りも早くなってしまいますので困ったものです。
今年のトマトにはやや低めにしたビニールのトンネル掛けを実施したところ全く雨に濡れることもなく実の割れる症状も出ていませんので、お蔭様でおいしいトマトが収穫でき始めました。

投稿: waka3 | 2019年7月 6日 (土) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏野菜の生長 | トップページ | 鬱陶しい日が続いています »