« 今年初めての黒ニンニクが完成 | トップページ | 夏野菜の生長 »

2019年6月12日 (水)

スイカが食べられた

今月の7日に梅雨入りしてから鬱陶しい日が続いていましたが今日は久し振りに好天気、しかしこの天気も明日までで再び梅雨空が戻ってくるようです。

スイカ(小玉ラグビー)が着果してから2週間ほどが経過して、だいぶ大きくなってきたなと思っていた矢先、まだ鳥たちによる被害に会うこともなかろうと油断していたところ早くもその被害に会ってしまいました。
190612suika1
食べられた痕跡からカラスかムクドリの仕業だろうと思います。

鳥害対策としては例年実施している脇からの侵入防止として普段使用している防風ネットを周囲に立てて、上からの侵入防止のために防鳥糸と残っていた防鳥テープを張り巡らせておきました。
190612suika2
これで何とか今月末になれば美味しいスイカが食べられるかな。

防鳥対策を済ませたところで、何れも5月15日に定植をした島オクラ落花生の苗がだいぶ大きくなってきましたので追肥と土寄せをしておきました。
190612simaokura
ちなみに落花生はお隣の畑で昨年のこぼれ種が育った実生苗を頂いたものです。

ブドウの巨峰が5月23日に開花してから月末の31日に果粒肥大化のために2回目のジベレリン処理をし、その後2週間が経過しましたが、ここにきて果粒が随分大きくなって果粒同士が押し合うような状況となってきましたので摘果作業をしました。
190612budou1
現時点での果粒の大きさは1cmほどですが、収穫時にはほぼ3倍の大きさになりますので、かなりの数の摘果が必要となります。

一般的には1房で30~35粒あたりが良いとされており、今回の摘果では残したものより多くの112粒ほどを摘果しましたが、それでも1房当たり40粒以上が残っていますので、もう少ししたところで2回目の摘果を実施しようと思っています。
190612budou2
2回目の摘果後に袋掛けをし8月に入っての収穫が楽しみです。

|

« 今年初めての黒ニンニクが完成 | トップページ | 夏野菜の生長 »

コメント

Wakaさん、おはようございます。

スイカが順調に育っていたところを鳥にやられましたか。鳥は美味しくなる頃を狙っていたかと思いましたけど、随分とお腹の空いた鳥だったんでしょうか。熟していない実を狙うとはノーマークでしたね。残念でした!
でも、ブドウは順調そうですね。美味しそうな実が撓わに実っているようで、このまま収穫まで進むことは間違いなさそうで何よりでした。

投稿: kikumal | 2019年6月15日 (土) 05時07分

kikumalさん>
おはようございます。
スイカがまだ中が少しも赤くないこの時期に鳥の被害にあったのは初めてのことですが、この時期は鳥たちに食べるものがまだ少ないことからよほど腹を減らしていたのでしょう。
そのうちに無防備な菜園にトマトが赤くなったりトウモロコシが大きくなってくるとカラスやムクドリ、スズメなどが飛来して食べに来ることから、その余波を受けないように防備をしようと思っています。
ブドウは摘果をすると果粒が大きくなってくるのも早いので、昨日までに摘果作業をすべて終えました。
これから先はカナブンが葉を食べに来たりカミキリムシが幼虫を生みに来たりしますのでその見回りが少し大変になります。

投稿: waka3 | 2019年6月15日 (土) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年初めての黒ニンニクが完成 | トップページ | 夏野菜の生長 »