« 夏野菜が順調! | トップページ | スイカが食べられた »

2019年6月 4日 (火)

今年初めての黒ニンニクが完成

遠州ニンニクを収穫してから10日ほど日陰の風通しの良いところで乾燥を済ませたところで、今年初めての黒ニンニク作りを炊飯ジャーを利用して5月19日に実施し昨日で2週間を経過し完成となりました。
早速釜から取り出してネットに入れて1日ほど粗熱を取って、ほど良く乾燥できたところで最初の試食をしましたが、白色だったニンニク片は真っ黒に発酵しニンニクの臭味は完全に消え、甘みもあってとても良い具合に出来上がりました。
今回はニンニクの玉を最初に個々の鱗片に分解して実施しましたので面倒な作業もなく、どのように健康に良いのかは分かりませんが、早速今日から1日当たり3片ほどを食べ始めております。
190604ninniku
次回は今回の黒ニンニクが残り少なくなってきた頃に遠州ニンニクから10日ほど遅れて収穫をしたホワイトニンニクを使用して作ってみようと思っています。

一昨年アスパラガスを種から育てて、昨年は思いもよらぬほどの収穫ができてお裾分けもできるほどでしたが、3年目の今年になって春先にアスパラガスが芽吹き始めて4月には収穫ができ始めたと思っていましたが、本来なら次々に芽吹いてくるはずのアスパラが、その後ぱったりと止まってしまいました。
掘り起こしてみたところ根は完全に中が空洞化して枯れた状態になっていました。
だいぶ以前に栽培をしていた時も5年ほど経過した時点で同様なことがあって、矢張り土砂質土壌の当地では栽培土壌には不向きな作物であることは承知はしていましたが、再度チャレンジしてみようと腐葉土40Kg 、牛糞入りの堆肥40Kgを購入し掘り起こした個所と新しい場所に土壌混和して畝作りをしました。
190604asupara1
今年のアスパラガスは発芽が遅れているのではなく、おおよそ根が枯れたのではという予測もしていたことからアスパラガスの種を購入してポット育苗していましたが、ここにきて苗がだいぶ大きくなってきましたのでもう少ししたところで耕起しておいた土が落ち着いてきたところで定植をしようと考えています。
190604asupara2土壌の問題だけではなく当地は地熱がかなり上がることも不向きな土地柄かもしれませんが、今少し気の長い話になりますが頑張ってみようと思います。

明日あたりから天気が下り坂となるようなので、4月中頃に行きつけの種苗店で50連トレイ植えられた 石倉根深太ネギの苗が298円と種を購入するよりも安価と考えて購入し移植して育てていましたが、まだ定植には早そうなものを残し大半が定植時期を迎える大きさとなりましたので植付けをしました。
苗は残ったものを含めて全部で90本ほどになりますので種より育てるよりも良い買い物だったように思います。
190604negi
いよいよ間もなく憂鬱な梅雨の時期がやってきますが、できれば空梅雨であってほしいものです。(笑

|

« 夏野菜が順調! | トップページ | スイカが食べられた »

コメント

Wakaさん、おはようございます。

今季初の黒ニンニクが上手に出来たようで良かったですね。
残念ながら黒ニンニクはまだチャレンジしたことがないです。知り合いが作っているのですが、途中の匂いが強烈なので、母屋ではとても出来ずに作業小屋で作っています。こんな話を聞いているので、我が家ではちょっと無理ですね~。
アスパラガスですが、多年草だと思っていたら、何年か経つと枯れることもあるのですね。参考にさせて頂きたいと思います。

投稿: kikumal | 2019年6月 6日 (木) 08時27分

kikumalさん>
2週間で出来上がった黒ニンニクはとっても美味しいです!(笑
黒ニンニクは炊飯ジャーを利用して保温を選択して2週間を必要としますが、最初の一日目から早くも発酵が始まりますので釜から排出する通気口からニンニク独特の臭いが漂い始めます。
室内でこれをやった場合にはタバコのニコチン以上にニンニクの悪臭で家族から怒られてしまう羽目になろうかと思いますが、屋外であれば拡散されてそれほど気になるほどではなく、直ぐ脇をを通った時でも僅かにニンニクの発酵の臭いは漂ってきますがそれほど気になるような臭いではありませんよ。
私は天気の良い日には普段あまり通ることもない軒先の下で、雨が降る日だけは温室の中に移していますが、家内からも臭いと言われたこともなく、あまり人の出入りのない小屋の中で締め切ってない場所でも大丈夫だと思います。
アスパラガスの寿命は一般的には10年程度といわれているようですが、まだ今ほどに猛暑ではなかった頃に5年ほど栽培できた記憶はありますが、いずれにしても当地では土壌と地温が高いことが致命的な問題ではないかと思っています。

投稿: waka3 | 2019年6月 6日 (木) 21時34分

おはようございます。
散歩中に出会った近所の方が、昨日富士山に雪が降ったと言って教えてくれました。私は知らなかったのですがこの時期に降る雪は何と言うのかしらと難しいことを聞かれて長々と立ち話をしてしまいました。
ところでアスパラは炒めても茹でても食べられて重宝しますが、育てるにあたって土質で成長や生育期間が決まってくるようですが、その分苗の数で多収穫と取り立ての新鮮なアスパラを頑張って作ってください。

投稿: 週末菜園人 | 2019年6月12日 (水) 11時03分

週末菜園人さん>
富士山に雪が降ったというのは知りませんでした。
この時期に雪というのもこれからの異常気象の前触れなのでしょうか?
昨日は朝から良い天気でしたが夜の10時頃になってかなり大規模な落雷が2時間ほど続きましたが、朝起きたら快晴でしたが、これも異常気象なのでしょうね。
アスパラは年に2回ほど収穫ができ本当に重宝する野菜ですが、どうも土地が合わないようで腐葉土などを混ぜ込みながら土作りをしていますが、中々土壌が改善されないのには閉口してしまいます。
この梅雨の時期に植付けをしようと思っています。

投稿: waka3 | 2019年6月13日 (木) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏野菜が順調! | トップページ | スイカが食べられた »