« ブドウの開花、ニンニクの収獲と黒ニンニク作り | トップページ | 今年初めての黒ニンニクが完成 »

2019年5月29日 (水)

夏野菜が順調!

まだ5月というのに日本列島では早くも猛暑日を迎えたとの声も聞こえていますが、果てさて今年の夏はどのようなことになるのやら・・・・。

と言うことから、昨年は猛暑続きによって夏野菜の栽培寿命がかなり短縮されてしまうという憂き目に会い、早い猛暑到来から今年もその恐れも考えられますが、今のところの夏野菜はとても順調に育っています。
前回のブログ(5月19日)で坊ちゃんカボチャが開花し受粉したことに触れましたが、これまでに既に7つほどの雌花の受粉をしましたが、最初に受粉したカボチャが10日ほどでだいぶ大きくなってきました。
190529kabocha

今年もスイカは3種類でそれぞれ1本づつを植えましたが、その中のラグビー小玉には早くもこれまでに雌花が次々と開花し、一昨日には珍しいことに連続した節に雌花が2つ咲いて、何れも順調に着果したようでこのまま育てようと思っています。
190529suika
親づるの摘芯後に子づるを7本伸ばしましたが、夫々から1個づつの収穫を予定していますが、これで8個の収穫ができるかな?(笑

スイカ等と同じ時期に植えた甘長トウガラシ茄子などはやっと開花が始まった段階ですが、ピーマン(京みどり)は既に1果の収穫も出来て2果目の収獲も間近ですが、今年はかなり大きめなピーマンの収穫が出来てホッとしています。 
190529piman

トマトもその後順調に育っており、早いものは3段花房の開花も始まってきており、6月に入るといよいよ梅雨の時期も迫ってくることから、ここ2年ほどは横着をして実施していなかった雨避けのトンネルを4時間ほどを掛けて完成させました。
190529ameyoke
今年は大玉トマトを中心の栽培としましたが、収穫にはまだ時間は掛かりそうですが、これで玉割れも少しは防げることになりそうです。

|

« ブドウの開花、ニンニクの収獲と黒ニンニク作り | トップページ | 今年初めての黒ニンニクが完成 »

コメント

間もなく梅雨の季節になりますが、先に夏が来たような気温になって、外の活動はくれぐれも熱中症に気をつけないといけなくなりましたね。スイカもカボチャも成長が早く収穫も早まるかも知れませんね。北海道が沖縄より気温が高いとニュースに放送されましたが、避暑地のイメージが変わるかもしれませんね。
何時も写真を見て支柱が頑丈に作られてる事に感心してしまいます。自分は風が吹くたびに直していて労力だけ無駄にしていました笑)。
ところで9年も続けてきた町内の役が、11月に任期が来て後任が見つかり今はほっとしている所です。

投稿: 週末菜園人 | 2019年6月 1日 (土) 14時27分

週末菜園人さん>
今年も5月から猛暑という異常な暑さがやってきましたが、温暖化の影響は止まるところ知らずで、この夏も予測できないことがどの様に起きるのか本当に心配ですね。
このために夏野菜は早く食べられることより少しでも長くというのが願いですが、今年もあっという間に終わってしまいそうです。
支柱立てには必ず太めの支柱を地中に50cmほど打ち込むようにしていますが、これはだいぶ昔になりますが、普通のネブシ竹では夏の台風シーズンでことごとく折れたり曲がったりして大失敗をしてからの経験です。
トマトの雨除けトンネルも支柱が抜けてトンネルごと飛ばされないように、これも以前の経験から地中にクロスバーを埋め込んで簡単に抜けないようにしてあります。

投稿: waka3 | 2019年6月 1日 (土) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブドウの開花、ニンニクの収獲と黒ニンニク作り | トップページ | 今年初めての黒ニンニクが完成 »