« バラの季節と夏野菜の手入れ | トップページ | 夏野菜が順調! »

2019年5月19日 (日)

ブドウの開花、ニンニクの収獲と黒ニンニク作り

連日の好天気続きと天候にも恵まれて夏野菜が順調に育っています。

前回のブログでトマトや胡瓜、茄子などを保温用のトンネルやキャップなどを外して支柱立てをしたことに触れましたが、その後次々に生り花が開花して早くも胡瓜は収穫も始まりました。
カボチャやスイカなども保温のためのマルチシート掛けをしておきましたが、ここにきて蔓が随分伸びて大きくなりましたので2日ほど前にマルチシートをはずしておきましたが、今日になって坊ちゃんカボチャに初めての雌花が咲きましたので早速交配をしておきました。
190519kabocha

1月にブドウの剪定を済ませた以降、4月になって脇芽が次々と伸びてきて、毎日ほぼ15~20分ほど誘引や巻きヒゲ等の管理作業をしていますが、その後花房が次々に出はじめてここにきていよいよ開花も始まってきました。
190519budou1

我が家のブドウは2種類ありますが、このブドウは巨峰ですが今朝の段階で花房が4~5分咲きとなってきましたので、2~3日経過したところで無種子化のためのジベレリン処理を実施しようと思っています。
190519budou2

先日収獲した他のもう1種類のニンニク(ホワイトニンニク)の下葉も枯れてきて 明日の午後あたりから2日ほど降雨の予報が出ましたので、気温も上がってきたこともあり玉腐れの起きない前にと思って収穫をしました。
190518ninniku
思っていたよりも良い出来となりましたので、前回収獲した遠州ニンニクと合わせてだいぶ黒ニンニクは出来そうです。(笑

先日収獲したニンニク(遠州ニンニク)がだいぶ乾燥も進みましたので、今日黒ニンニク作りのための仕込みを実施しました。
今回は売り物でもないことから昨年実施して上手く出来た食べる時点でニンニクを小分けするのではなく、最初に個々の鱗片として保温発酵させるようにしました。
190519kuroninniku
2週間後くらいには今年初めての黒ニンニクが楽しめそうです。

|

« バラの季節と夏野菜の手入れ | トップページ | 夏野菜が順調! »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
ブドウが順調に育っていますね。もう花房から花が咲く時期なのですね。こちらとは大違いです。
ニンニクですが、ホワイトニンニクの白色が輝いているようです。しかも大きいですね。これほどのものだと普通に買えば一個300円ほどしそうです。遠州ニンニクも美味しい黒ニンニクになるのが待ち遠しいですね。

投稿: kikumal | 2019年5月20日 (月) 07時22分

kikumalさん>
おはようございます。
そちらでも昨年ブドウの苗を植えられたようですが、その後の具合は如何でしょうか。
生長具合を是非ブログで拝見したいものです。
ホワイトニンニクは多分中国産ではなかろうかと思いますが、その時に収穫したものを保存しておいて植え付けたもので品種は定かではありませんが、誰かが言っていましたが2年育てれば純国産と言えるのでしょうか。(笑
写真は収穫直後で真っ白で眩しいくらいでしたが、その後乾燥させている間に普通のホワイトニンニクのような色合いに変化してきました。
来年は少し多めに種用として残すつもりです。

投稿: waka3 | 2019年5月20日 (月) 09時43分

おはようございます。
季節も順番に春から夏へと果物や野菜が生長して行ってますね。
昼間は夏の日差しの時があって、ぶどう棚から実が垂れ下がってくる日ももう直ぐですね。
最近カボチャが美味しく感じませんか?調理方法も関係あると思いますが、美味しくなったなーと思います。
黒ニンニク作りがいよいよ始まりますね。身体にいいみたいですね。waka3の健康の源ですね。いろいろ試して作るのも面白いですね。

投稿: 週末菜園人 | 2019年5月21日 (火) 09時32分

週末菜園人さん>
おはようございます。
今朝は雨模様となっていますが、このところ半袖になったり長袖になったりと途中半端な季節ですね。
ブドウの花房は今の時期では上向きとなっているものもありますが、開花が終わって2週間も経過した頃にはブドウの粒が数ミリになってどの花房も下向きに垂れ下がってくるのには感心させれます。
ニンニクは黒ニンニクにすることによってアルギニンが約3倍、ポリフェノールが5倍以上になると言われ、アルギニンやポリフェノールは血糖値を正常化し糖尿病や高血圧にも有効なようですが、薬とは違って目に見えない効果ですので果たして効果が表れているものやらどうやら・・・です。(笑

投稿: waka3 | 2019年5月21日 (火) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラの季節と夏野菜の手入れ | トップページ | 夏野菜が順調! »