« 芽吹き | トップページ | ブドウの誘引とその他の果樹類 »

2019年4月21日 (日)

夏野菜の植付け

このところ連日の好天気で、今日も気温も上がって半袖の下着に長袖のオープンシャツ姿で夏野菜の植え付け作業をしましたが、終える頃には下着に汗が滲むほどの暖かさでした。

今年は連作障害を避け暫くナス科の作物を作っていなかった家の前の少し狭い畑に茄子(黒陽)ピーマン(京みどり)甘長トウガラシ(甘とう美人)をそれぞれ1本づつ植え保温キャップをして、その後3月15日に接ぎ木をしておいたキュウリ(夏すずみ)の苗を植え付け土の乾燥防止に黒マルチを施しておきました。 
次いで2月10日に播種をして育苗してきた大玉のズッカトマト(5本)、中玉のスタピストマト(1本)の他に大玉トマトの麗夏(購入苗)の全部で7本を植え付け、トマトには後からマルチシートでトンネル掛けをしました。
190421tomato-hoka

次いで西の広い方の畑にはスイカのラグビー小玉と今年初めての種なし小玉スイカ(3Xジルバ)を植えて、こちらにはマルチシート掛けをしておきました。
右奥の方はキャベツ、茎ブロッコリー、ニンニクなどです。
190421suika_2

最後の定植はスープ用として最適な例年自家採種して育てている鶴首カボチャと煮つけ用のための坊ちゃんカボチャ(購入苗)を植えて、こちらにもマルチシート掛けを施しておきました。
190421kabocha_1

ここ最近栽培している楕円形で大玉の黒皮スイカを4月9日に台木の鶴首カボチャと一緒に播種をしてありましたが、苗が大きくなったので接ぎ木をしてみました。
接ぎ木苗はこの後で用済みとなった発芽育苗器に移し半日陰として玄関の中でほぼ一週間ほど穂木が台木に活着するまで育てます。
190421suika

当地は温暖なこともあって年々市販される苗の売り出しが早くなってきており、それにつられて今年は購入苗については昨年よりも2週間ほども早い植え付けとなりましたが、来年は単に早いだけではなく以前のようにもう少しのんびりとした菜園作業に取り掛かりたいと思っています。

|

« 芽吹き | トップページ | ブドウの誘引とその他の果樹類 »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
夏野菜の植え付けが真っ盛りですね。
そちらはもう夏日になりそうなくらいの気温でしょうか。
こちらも20℃までは上がりませんが16~7℃までは上がり、
桜の花もそろそろ満開になりそうです。5月の連休中には
夏野菜類の植え付けもする予定ですが、カボチャやキュウ
リはもう少し先ですね。
Wakaさんのところはスイカも種類が多くて良いですね。
スイカの育ちの良い地方にはいつも憧れてしまいます。

投稿: kikumal | 2019年4月22日 (月) 06時57分

kikumalさん>
おはようございます。
こちらは早くも厚手の冬の衣装は衣替えで片付けてまだ半袖までとはいきませんが、こちらも5月に入ればそろそろ必要になりそうです。
最近では家内の健康上の関係で宅配食に変えてから台所に立つことが減ってしまったことから野菜作りは減らそうと思って調理用野菜はできるだけ栽培本数を減らすようにしておりますが、それでもついつい夏野菜には手を出してしまいました。
スイカやトマトは収穫できたものを差し上げても喜んでくれますので作っていても張り合いがあります。(笑

投稿: waka3 | 2019年4月22日 (月) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芽吹き | トップページ | ブドウの誘引とその他の果樹類 »