« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月21日 (日)

夏野菜の植付け

このところ連日の好天気で、今日も気温も上がって半袖の下着に長袖のオープンシャツ姿で夏野菜の植え付け作業をしましたが、終える頃には下着に汗が滲むほどの暖かさでした。

今年は連作障害を避け暫くナス科の作物を作っていなかった家の前の少し狭い畑に茄子(黒陽)ピーマン(京みどり)甘長トウガラシ(甘とう美人)をそれぞれ1本づつ植え保温キャップをして、その後3月15日に接ぎ木をしておいたキュウリ(夏すずみ)の苗を植え付け土の乾燥防止に黒マルチを施しておきました。 
次いで2月10日に播種をして育苗してきた大玉のズッカトマト(5本)、中玉のスタピストマト(1本)の他に大玉トマトの麗夏(購入苗)の全部で7本を植え付け、トマトには後からマルチシートでトンネル掛けをしました。
190421tomato-hoka

次いで西の広い方の畑にはスイカのラグビー小玉と今年初めての種なし小玉スイカ(3Xジルバ)を植えて、こちらにはマルチシート掛けをしておきました。
右奥の方はキャベツ、茎ブロッコリー、ニンニクなどです。
190421suika_2

最後の定植はスープ用として最適な例年自家採種して育てている鶴首カボチャと煮つけ用のための坊ちゃんカボチャ(購入苗)を植えて、こちらにもマルチシート掛けを施しておきました。
190421kabocha_1

ここ最近栽培している楕円形で大玉の黒皮スイカを4月9日に台木の鶴首カボチャと一緒に播種をしてありましたが、苗が大きくなったので接ぎ木をしてみました。
接ぎ木苗はこの後で用済みとなった発芽育苗器に移し半日陰として玄関の中でほぼ一週間ほど穂木が台木に活着するまで育てます。
190421suika

当地は温暖なこともあって年々市販される苗の売り出しが早くなってきており、それにつられて今年は購入苗については昨年よりも2週間ほども早い植え付けとなりましたが、来年は単に早いだけではなく以前のようにもう少しのんびりとした菜園作業に取り掛かりたいと思っています。

| | コメント (2)

2019年4月12日 (金)

芽吹き

2日前に東京では季節はずれの雪が降ったようですが、当地でもこのところパッとした天気が続いておりません。

今日もあまり良い天気ではありませんでしたが、久し振りにブドウ棚を覗きに行ったところ今年1月に剪定しておいた巨峰のほぼすべての脇枝から新しい芽が何れも元気に芽吹いていました。190412budou今年も美味しいブドウが食べられるのが待ち遠しくなります。

つい先日までは見かけなかったアスパラガスの畝にまだそれほど太くはありませんが、次々に新しい芽が伸び始めていました。
アスパラガスは生長が著しく速いことから収穫は早ければ2日後あたりでしょうか。190412asparagas

ジャガイモ(キタカムイ)は3月15日に植付けた以降、つい先日土の割れ目が見えたと思っていましたが、今日確認したところこちらも青々とした葉が元気に伸びてきておりました。190412jagaimo今年は植え付けが遅れましたので収穫は6月に入ってからでしょうか。

| | コメント (4)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »