« 休眠樹木の剪定 | トップページ | トマトの種蒔きと長芋の収穫 »

2019年1月30日 (水)

バラの追肥とレモンの木の剪定

当地は冬の時期にめったに雪の降ることもない比較的温暖な土地柄ですが、とはいえこの時期では白菜や大根、根深ネギの他に僅かばかりの葉もの野菜の収穫等だけで、菜園作業として汗を流すことは殆どなく暇な時間を持て余しております。(笑

今日は少し雲のかかったお天気となりましたが、殆ど風もなく気温も日中は11℃とそれほど寒くもありませんでしたので、少し遅くなりましたが前もって購入しておいた肥料や堆肥を使ってバラへの寒肥お礼肥えをしました。
最初に小型の三本鍬でバラの根を切ることのないように注意しながら茎の周りを6~7cmほどの深さに掘ってから堆肥、寒肥お礼肥えとバラ用の化成肥料と普段畑で使用している配合肥料を混ぜ合わせたものを施しほぼ1時間半ほどで終えました。
190130bara1190130bara2190130bara3






このところ冬型の等圧線が混み合っていたことからでしょうか連日強風が吹き荒れていましたので、このところ手入れに行き届かなかったレモンの木の枝が密集して葉が茂っていたことから風に大きく揺られたために地面の木の根元部分に大きなひび割れが入っていましたので思い切って強剪定をすることにしました。
剪定する前の写真を撮ってありませんので比較が出来ませんが、45リッターの家庭用ゴミ袋に3杯入るほどの廃材が出て見違えるほどサッパリしました。
190130lemon1190130lemon2







沖縄では早くも寒緋桜が満開とか、我が家でも今年で10年目を迎える寒緋桜が例年2月20日前後になると開花しますが、ここにきて花蕾がだいぶふっくらと丸みを帯びてきて先端部分が幾分白くなり始めてきました。
ちなみに上の写真のレモンの木の向こう側に見えるのが寒緋桜です。190130kanhizakuraこれから日増しに花蕾が膨らんでいくことでしょうが開花が待ち遠しいですね。

|

« 休眠樹木の剪定 | トップページ | トマトの種蒔きと長芋の収穫 »

コメント

Wakaさん、おはようございます。

久しぶりの書き込みですね。
厳冬期となれば温暖な地方でも流石に寒い日が続いているかと思います。この時期は畑仕事はあまりないでしょうけど、花や果樹類の手入れがあるのですね。当方はレモンのような柑橘類が育たない地方ですので、レモンが収穫出来るなんてステキですね。

投稿: kikumal | 2019年1月31日 (木) 07時24分

kikumalさん>
こんにちは。
そちらでは冬の菜園作業が出来なくて未だに冬眠中でしょうか。(笑
各地では場所によっては寒さが厳しいというところもあるようですが、当地では昨年よりも更に温暖化は進んでいることが、庭に植えてある亜熱帯植物の月下美人の葉が例年ですと凍傷になって枯れ始めていますが、今年は未だに元気なことから良く分かります。
とは言っても昨年12月19日に播種した小松菜が芽は出たものの本葉が中々大きくならず矢張り寒さで震えているようです。(笑

投稿: waka3 | 2019年1月31日 (木) 13時14分

おはようございます。
今日は温かな一日になりそうです。
一昨日の雨は近くの箱根や愛鷹山は樹氷でもあったのか山がすっかり白くなっていて、暖冬でもやはり季節は冬ですね。
この時期は春にいい花が咲くための剪定の大切な作業が在りますね。手を掛ければそこには楽しみが待っています。今年も綺麗なバラ園の写真が掲載されますね。
寒緋桜の蕾がもう開かんばかりに膨らんでますが、もう直ぐですね。

投稿: 週末菜園人 | 2019年2月 2日 (土) 11時32分

週末菜園人あん>
早いもので1月もあっという間に過ぎてしまいました。
酷寒の2月とはいえ本格的な寒さは何時やってくるのかという感じで、こちらも今日は少し風がありますが暖かな一日で、外からは見えませんのでガラス越しの部屋の中で太陽の陽を全身に浴びながら上半身裸で日光浴をしております。(笑
バラの追肥は終えましたが、昨年の台風の塩害影響でかなり遅くまで花蕾が出ていましたので、今年は少し心配ですが新しい芽が見え始めてきましたので何とかなりそうです。

投稿: waka3 | 2019年2月 2日 (土) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休眠樹木の剪定 | トップページ | トマトの種蒔きと長芋の収穫 »