« 初日の出と今年初めての菜園仕事 | トップページ | バラの追肥とレモンの木の剪定 »

2019年1月10日 (木)

休眠樹木の剪定

昨日は穏やかで暖かな一日となり、今年も樹木の休眠の時期を迎えましたので、バラや僅かばかりの果樹類などの休眠樹木の剪定を実施しました。

我が家の庭には18種類ほどのバラのがありますが、例年この時期にはほとんどの葉が枯れ落ちて冬の剪定を迎えるところですが、昨年お台風による塩害や冬の時期の暖かさの影響もあって12月に入っても葉が枯れることはなく次々に花蕾も出て花を咲かせましたが、春バラを楽しむうえでは樹勢が衰えることから枝払いをした後で休眠をさせるための剪定を実施しました。
190110bara1190110bara2







次にブドウ(巨峰)の剪定をしました。
ブドウの葉は11月終盤には殆どが枯れ落ちており、この時期には一枚の葉も残っておらずリード線に脇枝を止めるための結束用ビニールワイヤーを外し、その後は夫々の株元から来年伸びてくる芽を残して枝の切り取りをするといった剪定ですので比較的簡単に終えることが出来ました。
190110budou1190110budou2







厄介なのは脚立を使っての(次郎柿)の木の剪定ですが、今迄少し放置気味であったことから脇枝が四方八方にかなり伸びて枝も混み合っていたので、今年は結果母枝に十分注意しながら強剪定を施すことにしました。190110kakiこれで昨年よりも高さや周囲方向もかなりスッキリとなりしました。

最後にイチジクの剪定ですが、こちらは低木で真っ直ぐ上に縦に伸びていた脇枝の株元をノコギリで切るだけの簡単な作業ですので15分程度の作業で終えました。190110itijiku
今日は一転して朝から冷え込んで冷たい風が吹く寒い一日となり、昨日の剪定作業が暖かな中で終わったことに安堵しました。
これ以外にはレモンと温州ミカン(青島4号)が残っていますが、何れもまだレモンやミカンが生っていますので、こちらは2月に入ってから実施しようと思います。

|

« 初日の出と今年初めての菜園仕事 | トップページ | バラの追肥とレモンの木の剪定 »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
そちらは晴天のようですね。こちらも12月中旬に雪が積もってからは大雪になることは無く、割と良い天気が続いています。ただ寒いですが(笑)。
この時期も色々と作業があるのですね。寒い中での作業ですからちょっと大変でしょう。こちらではリンゴ農家の方は雪の積もっている間にリンゴの剪定作業を行っていますが、同じようなものですね。ちなみに豪雪地帯の津軽地方だと、積雪のおかげでハシゴ無しで剪定が出来るんですよ。合理的です。

投稿: kikumal | 2019年1月11日 (金) 06時49分

kikumalさん>
おはようございます。
各地では冷え込みが厳しいとの報道もされているようですが、当地ではそれほどの冷え込みともならず相変わらず比較的過ごし易い日々となっております。
昨日は少し冷え込みましたが、今日は再び風もなく暖かな一日となりそうです。
果たしてこんな状態が続いていても良いのかどうかと今年の夏が心配になってきますね。

投稿: waka3 | 2019年1月11日 (金) 08時46分

おはようございます。
カラカラ天気続きの昨日やっと雨が降るました。野菜にも草花にも恵みの雨になったのと思います。
バラに葡萄、柿と剪定をなさったようですが流石に心得ての作業に何時も感心しております。
今年は温かなので新芽の出も早いかもしれませんね。
梅の花は既に咲いているのを見かけますね。
温かな天気はありがたいがこれでいいのか、これでは駄目なのか迷います。

投稿: 週末菜園人 | 2019年1月16日 (水) 10時16分

週末菜園人さん>
こんにちは。
今年に入って氷点下になったのは10日の一日だけで、それ以外は暖かでカラカラ天気で困ったものだと思っていた矢先昨日は真似事の雨で朝8時半頃にパラパラし始めましたがその後1時間ちょっとの小雨で、こちらでは殆ど恵みの雨とは言えませんでした。
今日も朝から穏やかで暖かな一日になりそうです。
冬に暖かなことは老齢になってくると有難いことですが、反面この温暖化現象が夏の時期にどう出てくるのかが心配になりますね。
我が家の常夏の国のブーゲンビリヤの葉が未だに青々としていてピンクの花が未だに咲いています。

投稿: waka3 | 2019年1月16日 (水) 11時47分

こんにちは。薔薇の種類も多くなりましたね〜18種類もでしたか果樹の選定はいつもながら気持ち良いほどよく刈りこまれて・・・これでこそ実の着きや大きいものが約束されるのですね。色々な技術はシルバー人材でしたら相当に引っ張りだこでしょう。
ブーゲンビリヤが未だ咲いているなんて同じ日本の冬とは思えない当方の寒さです(゚m゚*)

投稿: kimama | 2019年1月18日 (金) 16時07分

kimamaさん>
バラも18種類ともなりますと開花が盛んな時期になると管理が中々大変で、最近では少し減らしても良いのかななんて言うことを考えるようになりました。(笑
今年は氷点下になることが少ないようで、今日も風は少し強めですが、暖かな一日となって、このままではブーゲンビリアの葉が枯れないまま春を迎えてしまうのではないかとかなり心配になってきました。

投稿: waka3 | 2019年1月19日 (土) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初日の出と今年初めての菜園仕事 | トップページ | バラの追肥とレモンの木の剪定 »