« 初冬の我が家の菜園 | トップページ | ピーマン収獲 »

2018年12月 8日 (土)

12月だというのに・・・

12月に入っても10月を思わせるような日中の気温が連日続いていましたが、今日になって北からの寒気が南下してきたことから日中での最高気温も11.5℃と一気に下がりましたので身体の調整が急には追いつかずに戸惑います。

本来ならこの時期には秋のバラ(秋バラ)としては開花の終焉を迎える時期ですが、台風の塩害の影響で遅くなって再生の始まった葉の生長と、これまでの暖かな陽気が続いたことからでしょうか、この時期になっても例年のような秋バラとしての花数の多さはないものの驚くほど元気に開花が続いております。181208baraこれからは寒さも厳しくなってきますので、春バラを楽しむためにあまり長期に開花させることなく早めの摘蕾とお礼肥えの実施を年内には終える予定です。

前回のブログ(11月2日)で矢張り台風の塩害にあったピーマンに次々と開花が始まったことについて触れましたが、これまでの暖かさも手伝ってのことから夏の時期のような生長は見られないもののピーマンが随分大きくなってきました。
しかしこれからの寒さのことを考えると早めの終焉は迎えることになろうかと思いますが、今暫くの間は自家採取でのピーマンが食べられそうです。
181208piman1181208piman2






|

« 初冬の我が家の菜園 | トップページ | ピーマン収獲 »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
そちらも寒くなってきたようですね。
この時期にバラが見事に咲いていますが、こちらでは考えられないことです。秋バラということですが、本来はもう終了する時期なのでしょうか?これだと冬バラですね。
ピーマンですが、これまた冬ピーマンということで見事です。こちらでも霜の降る時期までピーマンは畑に残しておいて少しずつ収穫していました。流石に実は太りませんけど。Wakaさんの所でも、多分、霜の降るまでは畑に置いておけると思いますよ。

投稿: kikumal | 2018年12月 9日 (日) 06時52分

kikumalさん>
おはようございます。
バラの花はこの時期に満開になるのは今までに経験もしたことがなく驚いております。   このままの状態で放置しておくと春に咲くバラの樹勢が衰えてしまいますので少し早目の剪定となりそうです。
ピーマンは流石に大きく生長する速度は極端に落ちており、夏のような大実となることはなさそうですが、取り敢えずはピーマンの味が楽しめればと思っております。(笑

投稿: waka3 | 2018年12月 9日 (日) 10時35分

今日は。
塩害がもたらした影響は深刻なものもあれば、季節はずれの楽しさをもたらしてくれたり話題が沢山ありました。バラは写真で見る限り春の頃と変わりないようですね。
来年を楽しむためには仕方が無いかな。
もう12月も9日なのにピーマンが収穫が出来て塩害のおまけですね。
最近気候の温暖化が言われ四季が薄らいでいますが、人間(私事)の身体も一年のメリハリがなくなりなってきている事に気付き始めておりま。

投稿: 週末菜園人 | 2018年12月 9日 (日) 14時56分

週末菜園人さん>
やっと冬らしい寒さとなってきましたが、寒さにはあまり強くない私にとっては矢張り夏の暑さの方が快適な感じがします。
そんな夏の出来事の台風による塩害でしたが、時期外れな花海棠の開花といいバラやピーマンなど我が家でも初めての経験となりました。
来年はもっと穏やかであって欲しいものですが、温暖化のもたらす悪影響が来年も心配になりますね。

投稿: waka3 | 2018年12月10日 (月) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初冬の我が家の菜園 | トップページ | ピーマン収獲 »