« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月26日 (金)

塩害による"花海棠"の狂い咲き

前回のブログでも塩害による作物や樹木の被害について触れましたが、台風24号の塩害影響で各地でも数日前から春に咲くソメイヨシノが開花したということのTV報道がされ、そんなこともあるのかなあと聞き流しておりましたが、今朝になって何となく庭を眺めていたところ塩害で全ての葉が枯れ落ちてしまった我が家の花海棠の枝の先の方に、今の時期では見ることさえない新しい葉が芽生えてきたほぼ全ての個所に、春の時期でしか見れない花が咲いているのを見つけました。181026hanakaidou1
現在開花しているのは僅かに数個のみですが、まだ幾つかの花蕾も見られますのでこれからの数日は開花が見られそうです。
これは塩害や強風による落葉が原因で、暖かい時期には花芽が出ないように働くアブシシン酸の活動が止まってしまったことから、この時期での開花が始まったようですが、これによる来春での開花数の減少はないとのことで一安心です。
181026hanakaidou2181026hanakaidou3







今日は早生品種のタマネギの苗が定植できるまでに育ってきましたので、先ずは大きくなってきた苗320本ほどの植え付けを実施しました。181026tamanegi今夜は天気も下り坂で降雨のようですので散水の手間が省けました。

| | コメント (2)

2018年10月24日 (水)

塩害からの立ち直り?

10月になってからカラッとした天気がとても少ない毎日でしたが、久し振りに今日は秋空が望む一日となり日中には26.5℃と9月半ばの気温となりました。

9月30日の台風24号では大変な塩害を受けて夏野菜はことごとく葉が枯死した状態となって、ことごとく廃棄処分の憂き目となりましたが、何故か葉は完全に枯死状態となっていましたが支柱によって倒れていなかったことから、そのままにしておいたピーマンがほぼ1カ月を経た状態で若葉が芽生えて花蕾が見え始めてきました。181024piman例年ならば11月末頃までピーマンの収穫は出来ていましたので、追肥を施しておきましたので何とか収獲に結びつくと良いのですが・・・・・。

ピーマン同様に塩害で完全に葉が完全に枯死状態となって一枚残らずなくなってしまった薔薇の木にも1週間を経過した頃から新しい葉が出はじめて、今ではすっかり普段の姿に戻りましたが、本来なら秋バラは今の時期に沢山の花で見頃を迎えますが、今になって極僅かに花は見られてはいますが、大半は未だに小さな蕾がやっと出はじめてきたところで、見頃を迎えるのはかなり先になりそうです。
遅い時期になって花を咲かせることは、木の生長を著しく妨げてしまうことになりますので、この先は摘蕾などで例年よりも終焉を早めにしようと思ってます。181024bara
白菜大根ニンジンが前回(10月8日)のブログで塩害にあったことを書きましたが、2回目の播種をした幼苗だった大根は何とか枯れずにすみましたが、ニンジンに至っては7割ほどが枯死してしまいましたので、10月12日に追加播種をしここにきて元気に発芽してきましたので、これで全ての野菜の収穫が迎えられそうです。181024hamonoyasaiキャベツの他に茎ブロッコリー芽キャベツは全て無事に育っています。

9月17日に植え付けた秋作のジャガイモ(キタカムイ)が間もなく開花を迎える頃になりましたので追肥と土寄せをしておきました。181024jagaimo収獲は12月10日頃には出来るものかと思います。

ニンニクは9月23日に植付けをしましたが、1週間を過ぎたあたりから発芽がはじまり今だに数本の発芽が見られてはおりませんが、ほぼ出揃ってきました。181024ninniku10月1日に追加して植え付けをしましたが少し欲張り過ぎたでしょうか。(笑

| | コメント (2)

2018年10月 8日 (月)

台風24号の爪痕、その後

9月30日の台風24号が通り過ぎてから一週間が過ぎましたが、この時の潮風による塩害の被害は日に日に顕著に現れてきております。

我が家における代表的なものは柿の木の葉が3日目あたりから見る間に葉が黄色くなりはじめてきて、5日目を迎える頃には風がなくても次々と葉が落ちはじめてきて、今日に至っては完全に葉で覆われていた柿の木が丸坊主状態となって柿の実だけが目立っております。  台風の影響で柿の実も10数個が落下しました。181008typhoon1間もなくして柿が黄色く熟してきた頃にはこれだけ柿が目立つとカラスムクドリに狙われてしまいますので早めの防鳥ネットでの対策が必要になりそうです。

菜園の状況ですが、鶴首カボチャは3日目あたりから葉が枯れ始めて5日目には完全に枯れてしまいましたので収穫は無理でしょう。181008typhoon2    
葉もの野菜のうち大根白菜の大きく生長していたものは葉が少し傷んだものの何とか無事でしたが、特にニンジンの幼苗はほぼ壊滅状態です。181008typhoon3
茄子やピーマンの葉は特に塩害庭弱く茄子は3日目でほぼ葉は完全に枯れてしまいましたが、茄子の後ろに写っているジャガイモとその後ろはニンニクですが、台風前はやっと芽が出始めた状態でしたので、その後元気に育ってきています。181008typhoon4
落花生の葉も塩害には少し弱いらしく葉が赤くなってきてはいますが、この程度であれば何とか収獲に結びつけそうです。181008typhoon5
最後にこれは専業農家さんのオクラ畑の様子ですが、まだ収穫の途上でしたがあまりにも見事に葉が枯れてしまい枝だけが残ったような状態になっていました。181008typhoon6
作物以外ではガレージの吹き飛んでしまった樹脂製のトタン板ですが、材料を購入して自力で補修しましたが、トタン板4枚と小物部品で約10,000円の散財と半日以上も費やしてやっと修復も終わりました。181008typhoon7
皮肉なもので台風以後は好天気続きで、今日も抜けるような青空で作物のみならず樹木などの塩害に襲われた葉は更に加速して枯葉化が進んでいます。

| | コメント (8)

2018年10月 2日 (火)

台風一過、されど未だに停電(2日目)

一昨日夜半に最大風速40m超を記録して通り抜けて行った台風24号は、ほぼ浜松市内全域を停電にするといった置き土産を残して過ぎて行きましたが、この復旧には大変手間取っており、とうとう丸2日目の夜を迎えてしまいました。
単に原因は「風雨・水害による影響」ということですが、未だに停電の復旧がしていない地域が当地区を含めてかなりありますが、報道では完全復帰に4日間を要するとかで、どうやらその影響を受けてしまいそうな気配です。

台風の過ぎ去った翌朝に家の近くの県道の交差点では信号機が点灯しておらず、2日続いた現在でも未だに停電が復旧されていないことから作動しておらず、他所ではかなりの交通事故が発生しているようです。181002typhoon1近くで見ていましたが、危なっかしい限りですね。(汗

降雨による被害は殆ど聞かれませんが、強風により屋根瓦が飛ばされたり、太陽光のソーラーパネルが倒壊したりと広範囲で、我が家では幸いにもガレージのトタン板が吹き飛ばされた程度で済みましたが、菜園での被害は南東の風が吹き荒れたことから海からの潮風となって、強風と塩害により葉がかなりのダメージを受けていました。 (野菜の苗は9月23日のブログの写真と見比べてみて下さい。
181002typhoon2181002typhoon3181002typhoon4






幸いにも我が家には平成8年に何かの時にと購入した出力550wの小型発電機(エンジン起動)が10数年ほど倉庫に使用せずに眠ったっままでしたが、保管状態が良かったこともあって一発起動で使用することが出来ましたので、先ずは冷蔵庫を優先として活用していますが、この時間帯は発電容量との関係で一時的に照明とパソコン用のみに使用しておりますが、エンジン音で近所にご迷惑をおかけしてもと思い、そろそろ就寝にしようと思います。(笑。
181002typhoon5181002typhoon6








それにしてもこの先停電の復旧に4日間も掛かるのだけは勘弁して欲しいものです。
それでは皆様おやすみなさい。

| | コメント (6)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »