« 梅雨時の菜園 | トップページ | 梅雨明けはまだのようです »

2018年6月30日 (土)

鬱陶しい暑さです

昨日の関東甲信越では観測史上で最も早い6月での梅雨明けを迎えたようですが、当地でも例年では7月20日頃とまだまだ先のことになりますが、今日もすっきりとは晴れてはおりませんでしたが、それでも気温は33℃近くまで上がって蒸し暑い一日となり、今年は雨も少なく当地でも間もなく梅雨明けを迎えるのでしょうか。

今朝も朝の涼しいうちに菜園を一回りして夏野菜の収穫をしました。180630yasaiキュウリに至っては朝は4本、午後に3本と連日順調な収穫量ですが、これだけ採れると流石に食傷気味となってしまいますね。(笑

島オクラは4月14日とかなり早めの定植でしたが、何故か草丈の伸びていくのが遅く心配をしていましたが、最近になって気温が上がってきたこともあって流石に亜熱帯系の作物らしくグングン伸びてきて収穫数も一気に増えてきました。180630okura
5月26日に最初の雌花の人工授粉で着果した大玉の種なしスイカ(3xサンバSP)ですが、添付していた説明書では8日前後での収獲が出来るとのことで、胴回りも23cmとかなりの大きさとなり、巻きヒゲも少し変色が始まってきましたので7月に入って間もなく最初の穫間が出来るものと思います。 
(収穫は人工授粉後に38日ではなく48日の誤りでした。   7月7日訂正180630suika
第1弾として育てていた胡瓜(夏すずみ)は今が収穫真っ盛りといったところですが、第2弾としての育苗がだいぶ遅れてしまいましたが、バーゲンで売り出されていたトキワカゼミドリを一週間ほど前に種蒔きをしましたが、4日ほどで発芽しましたので何とか第1弾が終了する前に間に合うと良いのですが・・・・。
180630kyuri1180630kyuri2







ジャンボニンニク
(無臭ニンニクともいわれる)の収穫をうっかりしていて葉が完全に枯れるまでに至ってしまい、梅雨時の地面の湿りで傷んでしまったものも出てしまいましたが、何とか収獲が出来ました。
ホワイトニンニクの一番大きなものと並べましたがその差は歴然です。
180630ninniku1180630ninniku2

|

« 梅雨時の菜園 | トップページ | 梅雨明けはまだのようです »

コメント

今から胡瓜が穫れ過ぎての悲鳴は贅沢で~すcoldsweats01暑い時には太る心配もなく食べ過ぎても害はないでしょうし・・・ズッカトマトの形にビックリしました。調理用なのですか??シマオクラもニンニクも立派なものばかりで、しかも間もなくスイカの収穫とあってはwaka3さんの弛まない野菜作りの執念が伝わってまいります。

投稿: kimama | 2018年7月 1日 (日) 17時03分

kimamaさん>
歳を重ねる毎に食べる量も減ってきますので、野菜の栽培もかなり制限をしてきておりますが、取れ過ぎは嬉しい悲鳴というよりも最近では胃袋にとっても大変な負担となっております。(笑
ズッカトマトは種の入っている部屋が普通のトマトよりとても小さくて少ないことから通常のトマトよりも種の数も極端に少なく調理用には大変適しているように思いますが、果肉がとても緻密で旨味が優れていることから毎日サラダ代わりとして食べております。

投稿: waka3 | 2018年7月 1日 (日) 23時22分

Wakaさん、おはようございます。
蒸し暑い日が続いて、気温が30℃越だと大変ですね。
こちらも蒸し暑いですが、真夏日が連日というわけでは無いのでまだ良い方です。
夏野菜が順調に採れていて、美味しそうです。オクラですが、やはり暑さが似合う野菜ですね。こちらはまだ小さいままですが、そちらはまるで木の様です。北国でオクラはちょっと合いませんね。
ジャンボニンニクは本当にジャンボです。味はどんなものなのでしょうか。大きくてしかも美味しいなら良いですね。

投稿: kikumal | 2018年7月 2日 (月) 06時00分

kikumalさん>
こんにちは。
この調子ですと今年の夏の天候も予測がつかないほどに変化がありそうなので、暑さや降雨の心配が尽きません。
ジャンボニンニクは昨年食べずに残っていたあまり良いものではなかった麟片を植え付けてみましたが何とか上手く収穫までこぎ着けました。
辛みの方は普通のニンニクに比べて2~3割程度といったところで、薬味として使用するよりもスライスしたものをフライパンで炒めて少し醤油を垂らして味付けをして酒のつまみにといったところでしょうか。
ニンニク特有な臭みも少ないので普通のニンニクがあまり好みでない方には良いかもしれませんね。

投稿: waka3 | 2018年7月 2日 (月) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨時の菜園 | トップページ | 梅雨明けはまだのようです »