« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月28日 (水)

3月というのに初夏の陽気

今日は全国的にも暖かな一日となって北海道でも3月としては記録的な暖かさとなったようですが、我が家の温度計も25.2℃を記録して初夏の陽気となって、日中は長袖ではいられず菜園仕事のために半袖のシャツを引っ張り出す羽目となりました。

今年の1月に行きつけの園芸ショップのイベントで200円で133球のチューリップをゲットしてブドウ棚の下に植え付けたことを以前のブログでも触れてきましたが、一週間ほど前から開花が始まって、ここにきて品種の相違から全ての揃い踏みとはいきませんでしたが、1品種を除いてほぼ大半の花が綺麗に開花しました。
下の写真は2方向から眺めた同じチューリップ畑のものです。
180328tulip1180328tulip2







我が家の寒緋桜は既に花は散って葉桜となってしまいましたが、引き続いて花海棠の花がほぼ八分咲きの時期を迎えました。
寒緋桜の開花は昨年よりも5日ほどの遅れでしたが、逆に花海棠は11日も早い開花となりましたが、どうしたことか昨年よりも花数はかなり寂しくなりました。
しかし、桜の染井吉野よりも花はやや大き目で、ピンク色の濃い花びらは華やかで何時もながらとても綺麗に感じます。
180338hanakaidou2180338hanakaidou1







このところの暖かさの影響もあってか野菜の薹立ちが目立ってきていますが、昨年の9月29日に植付けをした遠州ニンニクも順調に育ってきており、薹立ちと同様なニンニクの芽が出始めてきましたので、ニンニクの根塊を大きく育てるために茎の見え始めてきたものから切り落としておきました。180328ninniku昨年は4月10日頃でしたので、ニンニクも生長が早そうで収穫が楽しみです。

もう少し先のことだと思っていた豌豆蔓あり絹さや豌豆スナック豌豆)が、今日よく見たところ何れの豌豆も莢がだいぶ大きくなってきました。180328endou一週間もしないうちに収穫が出来るようになろうかと思います。

明日は今日よりも更に暖かく(暑く?)なるとか、今年の夏が思いやられそうです。

| | コメント (6)

2018年3月22日 (木)

アスパラガス、間もなく収穫?

昨日は低気圧や前線の影響から各地でも雪や雨が降るなどと全国的に冷え込んだ一日となりなり、当地でも冬に逆戻りしたようなお天気でしたが、今日は再び暖かな日に戻ったものの本当におかしな天気が続きますね。

アスパラガス(ウエルカム)の種を昨年の2月に種蒔きをして、その後6月1日に12株の苗を定植しましたが、一般的に発芽してから温暖地の場合には2年目からの収穫が出来るといわれていますが、まだ2年目を迎えたばかりなのに何と小指ほどの太さのアスパラガスが数日前からにょきにょきと地面から顔を出しはじめました。180322asparagus今日店頭で鹿児島県産のアスパラガスが4本で198円で売られているのを見掛けましたが、さてこれから先どのくらい収穫できるのでしょうか楽しみです。

野菜の中でもアブラナ科の作物は特に季節感には敏感なようで、先日のブログで白菜が薹立ちして芯が爆裂して中から花蕾の芽が出始めて撤収したことに触れましたが、今度は昨年の10月20日に定植をしたキャベツを現在収穫中でしたが、これまた爆裂して中から花蕾の芽が見え始めてきました。
そこで今月初めに20連のプラグトレイで248円で売られていたキャベツ(金系)をポット育苗してありましたので、春用として定植しておきました。
苗の上に見える黄色い糸はムクドリなどの鳥害対策用の防鳥糸です。
180322kyabetu1180314sakura2






こうして引き続き大根なども間もなく薹立ちが始まっていくことでしょう。

この時期になれば当地では霜の降りる心配はまったくありませんが、2月20日に植付けをしておいたジャガイモ(キタカムイ)が発芽しはじめてきました。180322jagaimoジャガイモの収穫は順調にいけば6月中旬となります。

| | コメント (8)

2018年3月14日 (水)

寒緋桜が満開となりました

今日は全国的にも日中の気温も上がる好天気となったようですが、我が家の温度計も23℃まで上がって5月の陽気となりました

開花が遅れていた我が家の寒緋桜も、この冬の不順な天候の影響もあってかなり開花が遅れていて心配していましたが、3月に入ってから随分暖かくなってきたこともあって、昨年よりも5日ほどの遅れとなっての満開を迎えました。
180314sakura1180314sakura2






樹高も僅かながら大きくなってきており、年々花数も増えてきておりますので毎年の開花が本当に楽しみとなっております。

昨年の9月中旬に定植したブロッコリーの脇芽の生長で、かなりの数の収穫をしてきていましたが、いよいよ収穫も終盤を迎えましたので、最後の摘み取りをして撤収をすることにしました。180314broccoliそれにしても長い間本当にご苦労様でした。

3月2日にプラグトレイからビニールポットへの移植をした夏野菜の苗トマト胡瓜オクラタカノツメ)が随分大きくなってトマトの苗は早くも12~3cmほどにまで生長してきております。180314yasainonae全体的にはまだ頼りない大きさですが、あっという間に生長していきますので、そろそろ植え付け場所の整備も考えなければなりません。

| | コメント (6)

2018年3月 7日 (水)

タマネギの収穫、他

3月に入ったとはいえ一部では未だに降雪の予報も耳にしておりますが、このところ日中は20℃前後と暖かな日が続いておりましたが、今日の最高気温は12℃まで下がって明日からは2~3日は冷え込んだ愚図ついた天気となりそうですが、こうして三寒四温を繰り返しながら本格的な春が間もなくやってくきます。

タマネギは暖かくなってくると一気に玉が肥大し始めてきますが、大きくなってきたものからまだ僅か1割にも満たない量ですが収穫を始めました。180307tamanegiおおよそ一週間~10日ほどで早生品種の収穫は終えることになろうかと思いますが、保存用としての中生品種は4月後半~5月初めの予定です。

さて、菜園の雑草取りをしていたところ昨年の11月4日に種蒔きをした豌豆蔓あり絹さや豌豆スナック豌豆)が草丈はやっと50cmを超してきたところですが、花数はまだ少ないものの開花し始めてきているのが確認できました。180307endouこの先3週間もした頃には収穫が出来はじめるものと思います。

今年は異常なほどの高値となっていた白菜やキャベツですが、3月に入って暖かさがやってきたと同時に我が家のミニ白菜の薹立ちが始まってきました。
残り少なくなってきたものの、この先一週間も経過した頃には玉の中心が割れて中から薹立ちした芽が伸び始めてくるものと思います。180307hakusai大急ぎで食べないと廃棄処分となってしまいそうですが、果てさて・・・・。

昨年末に園芸ショップの「球根すくい」のイベントでゲットしたチューリップの球根(6品種で133球)を1月3日にブドウ棚の下に4畝でそれぞれ12~3cm間隔で植え付けをしてありましたが、ここにきて品種によっては発芽の差はあるものの、ほぼ全数の球根が発芽して中々見応えのある光景となってきました。<180307tulipこの先は一気に大きくなっていくことでしょうが、早く花を見たいものです。

| | コメント (6)

2018年3月 2日 (金)

寒緋桜の開花と夏野菜の準備

昨日は日本海の低気圧や関東付近の低気圧により地域によっては湿った雪や雨が降ったり、全国的にも強めな風が吹き荒れていたようですが、今日になって随分風も治まり午前中の2時間ほど仲間とテニスtennisを楽しむことができました。

テニスから帰って寒緋桜の開花状況の確認をしたところ、通常では標本木の蕾が5輪から6輪ほころびたところで開花したといわれていますが、数えたところ8輪ほどの花蕾の開花が見られましたので我が家の開花宣言といたしましたが、今年は昨年よりも9日間も遅い開花となりました。
180302kanhizakura1180302kanhizakura2






次回のブログでは昨年よりも更に花蕾が増えて綺麗に咲き始めた寒緋桜をアップしたいと思っております。

我が家の庭には春を呼ぶ樹木として、今年で10年目を迎える花海棠がありますが、こちらは4月上旬での開花となりますが小さな花蕾が見え始めてきました。180302hanakaidou開花は一ヶ月先のことになりますが、日毎のチェックも楽しみになります。

さて、2月7日に種蒔きをしたトマト(3種)やキュウリの他に、その後10日に種蒔きをしたオクラ等が何れも5~6日程度での発芽後に順調に育ってきましたので、狭苦しい自作育苗器の発芽用のプラグトレイからビニールポットへの移植をしました。
180302yasainonae1180302yasainonae2






畑への定植は1ヶ月後の4月初め頃となりますが、この中から樹勢の良い苗を選抜してトマト8本胡瓜2本島オクラ10本シシトウ1本程度を考えています。

これから先も残っているスイカやカボチャやその他の夏野菜の種蒔き、そして根菜類の植えやこのための畑作り等も控えており、いよいよ忙しくなってきそうです。

| | コメント (4)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »