« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月21日 (水)

春はすぐそこに

強烈だった寒気もここにきて幾分落ち着いて、当地ではこの時期になってくると氷点下になることもなくなって、いよいよ春も間近といった感じがしてきております。

しかし、つい先日までの日本全体を襲った強い寒気の影響からでしょうか、例年ならば2月20日前後には開花していた我が家の寒緋桜は、一週間~10日ほどの遅れで3~4日前からやっと花蕾が割れ始めてきました。180221kanhizakura現在の花蕾の状況から開花は今月の末頃になろうかと思います。

春の訪れの2番手としては、今年最初のブログで紹介しましたが、昨年末に園芸ショップの「球根すくい」のイベントでゲットしたチューリップの球根(6品種で133球)を1月5日にブドウ棚の下の空いている場所に植付けましたが、ここにきてほぼ順調に土の中から芽が出揃ってきました。180221tulip初めての経験でもあり、果たして開花は何時頃になるのか楽しみです。

当地ではこの時期になれば氷点下に下がったり霜柱の立つこともなくなってきますので、先日畑作りは済ませた場所にジャガイモの植え付けをしました。
今年は2007年に北海道の優良品種に認定されたというキタカムイという新品種を種芋として栽培してみることにしました。
初めての栽培となりますが「男爵」よりも中心空洞ができ難くく、調理品質も優れているということから今からどのようなものが収穫できるかこれも楽しみです。180221jagaimo購入した1Kgのキタカムイの他に昨年収穫した秋ジャガ「男爵」を合わせて種芋20個となりましたが、これで我が家用には十分な収穫となります。

こちらは2日ほど前になりますが、ニンニク(遠州ニンニク)の最後の追肥として三角ホーで溝を掘って化成8号を施してから覆土しておきました。180221ninniku収獲は5月に入って間もない頃になろうかと思います。

| | コメント (6)

2018年2月16日 (金)

いよいよ菜園作業開始です

今日は朝から風もなく穏やかな天気となって、日中は気温も14℃まで上がって今年一番の暖かな一日となりました。

少し早目ではありますが、タマネギの初収穫をしてみました。
まだ手のひらサイズですが2週間もすれば本格的に収穫も出来そうです。180216tamanegi早速夕食時にスライスオニオンとして食べましたが、瑞々しくて甘いタマネギで美味しくいただくことができました。

今日は暖かいこともあって、順調に育ってきた2種類の豌豆蔓あり絹さや豌豆スナック豌豆)が、防虫ネットを利用したトンネルの中でかなり窮屈になって、これから日増しに大きくなっていきますので支柱を立ててネットを張りました。180216endou
前回のブログで2月7日に3種類のトマトキュウリ(夏すずみ)の種蒔きをした写真を掲載しましたが、その後2月10日にプラグトレイの中で植え付けをしていなかった場所に島オクラと随分以前に栽培し残っていた長茄子の種がありましたので種蒔きをしておきましたが、2種類のトマト(大玉のズッカトマトおおみや163)とキュウリは6日目の発芽、島オクラは昨日の5日目での発芽となりました。
中玉のスタピストマトは他のトマトよりも発芽がやや遅れましたが、長茄子は種が古いこともあって多分発芽は難しいことだろうと思っています。180216natuyasaiちなみにズッカトマトとスタピストマト、島オクラは自家採種のものです。
夫々の苗は3月に入った頃に本格的な定植前のポットへの移植となります。

例年2月の末には霜の降りる心配もなくなることからジャガイモの植え付けをしますので、今日は耕耘機を引っ張りだしてきて畑作りをしました。180216hatake種芋は既に購入してありますので、一週間後くらいに植え付けを予定しておりますが、これからいよいよ菜園作業も忙しくなってきそうです。

| | コメント (4)

2018年2月 7日 (水)

夏野菜の準備開始

日本海沿岸を主として各地では強力な寒気団の影響により例年には見られなかった降雪により被害も出ているようですが、比較的温暖な当地でもその影響は少なからず受けてはいるものの、比較的過ごし易い日々となっております。

当地にいても例年とは違って寒気の影響は少なくとも表れており、昨年と比べて寒緋桜の花蕾の膨らみの状況からその遅れの様子が見られるように思います。180207kanhizakura昨年であれば既に花蕾がほころび始めていましたが、今年はまだやや硬く少なくとも開花は一週間程度(または以上)の遅れが見られそうな感じが致します。

例年、節分を過ぎたあたりで夏野菜の種蒔きをスタートさせておりますが、今日の日中はあまり風もなく暖かな一日となりましたので、例年自家採種をしている中玉のスタピストマトと大玉のズッカトマトの2種類とF1種で購入種の大玉のおおみや163の他にキュウリ(夏すずみ)を自作の発芽育苗器用のプラグトレイに播種をしておきましたので、一週間もすれば元気に発芽してくれるものと思います。180207tomatoちなみに自作の発芽育苗器用ここをクリックするとご覧になれます。

我が家の周りでも、野菜や果実などに食害を与えるあまり歓迎を好まないような鳥を普段から見かけますが、この時期は鳥たちの食べる餌にも事欠くことからでしょうか、ここ連日ムクドリが複数羽で飛来してきていると思っていましたが、何故かキャベツブロッコリーの葉だけが食べられていました。
180207kyabetsu180207broccoli






どうしたことかブロッコリーの花蕾やキャベツの玉が食べられることはありませんが、これから大きくなるキャベツには防鳥ネットを張っておきました。

| | コメント (6)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »