« アスパラガスの茎葉の刈取り | トップページ | 12月の菜園 »

2017年11月30日 (木)

タマネギの追肥、他

今日で11月も終わりで今年も残すところ1ヶ月となりましたが、昨日はこの時期とは思えないほど日中の気温が21℃まで上がって暖かな好天気でしたが、今日はどんよりとした空模様とはなったものの、それほど気温の落ち込みもありませんでしたが、明日以降は15℃前後と少しづつ冷え込んでくる予想です。

気温も下がってきて花数は減ってきましたが、未だに熱帯植物のハイビスカスブーゲンビリアの花が見られますが、この先は日中での暖かさも日増しに減速し夜間帯の冷え込みによって12月半ば過ぎには花径も小さくなってくることから、玄関先を元気に賑わしてくれるのも年内いっぱいだろうと思います。171130hibiscus
11月初めのブログで極早生タマネギの苗が活着してきたことについて触れましたが、ここにきて地中での鱗茎(球根)がだいぶ膨らんできているようで、土の表面に地割れが見え始めてきましたので、少し早目ですが追肥をしました。
株間を小型の三角ホーで溝を作り、追肥に化成8号を撒いて覆土しておきました。
早いものは2月の中旬頃には収穫が出来るようになろうかと思います。
171130tamanegi1171130tamanegi2







この時期の葉もの野菜ですが、既に白菜大根の他に根深一本長ネギ等の収穫は始まっておりますが、ここにきて第1弾として定植をしたブロコリーの花蕾が一気に膨らみ始めて収穫も間近で、9月20日定植をしたキャベツロメインレタスも葉が巻きはじめ、ロメインレタスの収穫も間もなく出来そうです。
171130broccoli171130kyabetu







たくさんの中葉春菊の種があまり密植をさせることによって柔らかな春菊が収穫できることをブログの掲載記事で知り、これも以前のブログ記事として浸し用にと播種をして発芽したことたを書きましたが、ここにきてだいぶ大きく育ってきましたので上から化成肥料をバラ撒いておきました。171130shungikuどうやら年内での収穫で美味しい春菊のお浸しが食べられそうな気配です。

|

« アスパラガスの茎葉の刈取り | トップページ | 12月の菜園 »

コメント

こんにちは。御無沙汰してました。晩秋から熱帯の花が彩を添えてる玄関なんて夢のような世界です。まだ咲いているのでしょうねぇ。ロメインレタスは見た目が白菜に似ている感じですがサラダにするのでしょうか。ブロッコリーも春菊ももう収穫できているのでしょうね。玉葱はたっぷり栄養をもらって・・・二月には収穫というのも温暖な地域の特権でしょう。素晴らしいことですね。

投稿: kimama | 2017年12月11日 (月) 16時37分

kimamaさん>
ここにきて寒さもだいぶ増してきたことから暖地とはいえハイビスカスの花はかなり小振りになってきましたので、花の見られるのも年内いっぱいかと思います。
ロメインレタスは一般的なレタスの葉よりもシャキシャキ感が強く、味もかなり濃い?ように思います。
ドレッシングはシーザーサラダドレッシングを使用して、パウダーチーズをまぶして食べますが、私はこのレタスが一番の好みです。
春菊は最近ではサラダとして食べることが好まれているようなので、収穫できるようになったら試してみようと思っております。

投稿: waka3 | 2017年12月11日 (月) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アスパラガスの茎葉の刈取り | トップページ | 12月の菜園 »