« 秋、冬野菜の手入れ | トップページ | 久し振りの晴れ間 »

2017年10月12日 (木)

タマネギの定植とオオスズメバチ、他

9月3日にタマネギ(早出し黄玉葱)の播種をしましたが、発芽後にやっと芽が伸び始めて日除けの簾(すだれ)を取り外した直後の夜中に猛烈な土砂降りの雨で大半の苗の根が浮き上がってしまい、その直後から枯れ始めてしまいました。
そこで、不足分を補うために専業農家さんに出掛けて苗を1000円で400本ほどを譲りうけてきましたのでさっそく植付けをしました。171012tamanegiこのタマネギは極早生品種で当地だけで栽培されている在来種のタマネギで、長期保存はあまり効きませんが、果肉が軟らかく甘みがあって人気のある商品で、年が明けて2月中旬になれば収穫が出来るものと思います。
残った畝には長期保存のきく育苗中のタマネギを今月末に植付ける予定です。

既に収穫を終えたブトウ(巨峰)の葉が、枯れ始め少しづつ散りはじめてきましたので葉落としをしていたところ、以前に落下していたブドウの粒に何かが動いているのが見えて、それが一匹のスズメバチであることが分かり、どうやら甘い果肉を食べているらしく逃げる気配もなさそうなので虫取り網で捕獲しました。
昨年の同じこの時期にイチジクの実を食べていたコガタスズメバチ一匹を捕獲したことがありますが、今回のスズメバチは裕に3cmを超えるオオスズメバチで、周辺をくまなくチェックをしてみましたところスズメバチの巣は見当たりませんでしたが、僅か一匹だけとは言え昨年に引き続き注意しなければならないようです。
171012suzumebati1171012suzumebati2







今年は(種なしの次郎柿)の豊作で数多くの柿の実がたわわに実っていますが、そろそろ防鳥ネットでもと考えていた矢先に早くも熟れはじめてきた実の一つが鳥の被害にあってしまいました。171012kaki今日は出来ませんでしたが目ざとい鳥のこと故、明日の朝にでも防鳥ネットを取り付けようと思っております。

柿の木の防鳥ネット   ~10月13日追記~

朝起きて確認したところ昨日食べられていたもの以外での被害はありませんでしたが、171013kaki1早速毎年使用している防鳥ネット(1.8x10.8m仕様に加工)を利用してて取り付けることにしましたが、毎年柿の木のてっぺんまで防鳥ネットを取り付けるのに大変労していたことから、今年は初めてのことですが3m程のネブシ竹の先端にU字型のフックを取り付けて1.8m幅のネットの端に引っ掛けて、家内と二人三脚で取り付けたところほぼ15分ほどで完璧な状態で防鳥ネットをむらなく張ることが出来ました。171013kaki2これで今年もたっぷりと柿が味わえることになるでしょう。

|

« 秋、冬野菜の手入れ | トップページ | 久し振りの晴れ間 »

コメント

2月に収穫できる早生の玉葱は格別の高級品ですね。それにしても、また沢山の苗にビックリですhappy01スズメバチを含めて蜂はいろいろ見慣れているつもりですが、写真の迫力に圧倒されました。死んでいても怖い顔してますね。柿の試食にもう鳥が来たのですね。蜂も鳥も熟した頃を見計らう天才です。防鳥ネットはすっぽり包めるようにgoodナイスアイティムを見せていただきました。素晴らしい手作り品は参考になります。

投稿: kimama | 2017年10月13日 (金) 21時44分

kimamaさん>
今年はタマネギの育苗に失敗をしてしまい、専業農家さんのタマネギは高値を狙った早期収穫の極早生品種のため日持ちがあまり良くありませんが、親せきや知人への提供品としては喜ばれますので400本ほどを植付けました。
スズメバチは普段見慣れているアシナガバチに比べて異様に大きくど迫力には本当に驚かされますね。
防鳥ネットは毎年一人で脚立に乗って苦労して取り付けていましたが、今回の方法はとても簡単でご参考となったようで喜んでおります。
防鳥ネットは夏の時期にブドウ棚の周囲に張り巡らせたもので、タイミング良くこの時期に使いまわしができて助かりました。

投稿: waka3 | 2017年10月14日 (土) 09時43分

Wakaさん、おはようございます。
スズメバチは怖いですね~。特に秋のスズメバチは人を襲いやすいと聞きますので、注意が必要です。でも、巣が無くてまずはひと安心ですね。
柿も美味しそうで、鳥達も我慢できないようですね。でも、防鳥ネットでこちらも一安心ですね。Wakaさんの柿は当然甘柿ですね?こちらでは甘柿を植えたとしても全て渋柿になってしまいますので、渋抜きをしなければ食べられません。甘柿が育つ地方には憧れますね~。

投稿: kikumal | 2017年10月15日 (日) 05時52分

kikumalさん>
スズメバチの巣は何処にどんな風にあるのかも分からず、単に見つからなかったということだけで見かけて捕獲は出来ましたが、これからも充分に注意をしたいと思っています。
甘い柿が地方によって渋柿になってしまうというのは初めて知りました。
こちらでも渋柿を見掛けることはありますが、この柿は良く干し柿として売られている丸い少し小さめの柿で、こちらでは気候の関係で干し柿にすることもできず熟してきても鳥たちも見向きもしないようで、そのまま朽ちていってしまいます。^ ^

投稿: waka3 | 2017年10月15日 (日) 15時04分

スズメバチはたとえ一匹でも近づいてくると怖いですね。
ドローンみたいなもので上空からこられたら逃げようもありませんから、蜂もミツバチぐらいの大きさにとどめておいてくれたらと思ったりします。
今週は長雨のなりそうで植えつけた玉葱の苗もしっかり根が付くのではないでしょうか。400本の植え付け大変でしたね、畝の先のほうが小さく見えて数の多さがよく分かります。

投稿: 週末菜園人 | 2017年10月17日 (火) 15時04分

週末菜園人さん>
スズメバチの恐ろしさは聞いてはいるもののどうして良いのやらと戸惑いながら動く気配もなかったことと一匹だけでしたので常備してある虫取り網で何とか捕獲しましたが、巣が見つからなかっただけにこれからも心配です。
タマネギの植付は前かがみの作業と丁寧な植え付けが要求されますので400本となるとだいぶ身体への影響が出るようになってきました。(笑

投稿: waka3 | 2017年10月19日 (木) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋、冬野菜の手入れ | トップページ | 久し振りの晴れ間 »