« ニンニクの植え付け | トップページ | ポポーの実を収獲、そして実食 »

2017年9月24日 (日)

今日はチョット近場を一回りしてきました

現在NHKで大河ドラマ「おんな城主 直虎」がご当地ドラマとして放映されています。
我が家から3Kmほど先にある圃場で毎年田んぼアートが実施されていますが、この大河ドラマにあやかって浜松市のマスコットキャラクター「出世法師 直虎ちゃん」を描いた田んぼアートが、ちょうど見頃を迎えているということを新聞に掲載されていましたので出掛けてきました。
仮設されていた展望台からは直虎ちゃんの絵柄ははっきり認識できましたが、仮設展望台があまり高くないことから写真にすると目で見る公共とは大きく違って「なんだかなぁ」という絵柄となりましたので、新聞に掲載された写真を勝手にスキャナーしてAnimation画像としてみました。170924naotorachan
今回の田圃アーチに使用されている米の品種は穂の色の異なる下の写真の5種類のものを5~6月に3回に分けて手植えをしたとのことでした。
170924hinshu1170924hinshu2170924hinshu3170924hinshu4170924hinshu5




田んぼアートを見終わってから、ほぼ2ヶ月ほど前から工事が始まって最近になって工事用の外装が外されて、何やらケーキ等を購入した際に使用される箱に良く似た形をした和洋菓子の専門店ならではのとてもユニークな発想の建物が現れ、ほぼ完成間近となってきましたので見に行ってきました。
今や全国ブランドにまでのし上がった「うなぎパイ」春華堂の本社工場が我が家から僅か1Km程先にあって時々利用はしていましたが、製造部門はだいぶ前に広い敷地を求めて移転し本社機能の他に直売店が残った店舗で営業活動をしていたことは承していましたが、ちょうど居合わせた営業マンに尋ねたところ、本社部門としての新社屋の建築を機に直売店部門を道路の向かい側の空き地に1年間を限定としたポップアップストアということで建設され、この9月30日がオープンとのことでした。
170924shunkadou1170924shunkadou







写真撮影には向かい側にはコンビニがあって、交差点の近くで車の通りも多いところですので車の写らない全景を撮影するのにだいぶ時間を費やしました。(笑
一年後に完成予定の新社屋では本社機能のみではなく、直売店や美味しいスイーツを食べながらゆったりと楽しめる場所の提供もされるとか楽しみです。
そして、その後この新しい建物も何か違った形での提供がされるようです。

|

« ニンニクの植え付け | トップページ | ポポーの実を収獲、そして実食 »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
「出世法師 直虎ちゃん」の田んぼアートですが、もっと上空から見たいものですね。田んぼアートでは、青森県田舎館村が有名ですが、ここは村役場の一角に田舎館城天守閣を作って、屋上から見られるようにしています。屋上から見るためには料金が発生するというのが難ですが・・・
Wakaさんの近所にはうなぎパイの本社があるのですね。名古屋に行ったときなどは良くお土産で買ってきていました。有名ですよね~。喫茶コーナーが今から楽しみではないでしょうか。

投稿: kikumal | 2017年9月25日 (月) 06時39分

kikumalさん>
田舎館村の田んぼアートは有名でネットで拝見したことがあり、かなり大がかりな人数で圧倒されるような絵柄を作られているようですが、こちらでは土地のシルバー世代の有志が実施されている規模ではありますが、毎年頑張ってやられているのには大変感動しております。
うなぎパイは日持ちが良く、お子さんからお年寄りまでに好まれているようで、最近では県内だけではなくあちらこちらでも売られているのを見掛けますが、私はもっぱらチョット欠けの二等品の格安品を狙って直売所で購入しております。(笑

投稿: waka3 | 2017年9月25日 (月) 14時02分

直虎ちゃんの田んぼアートですが二枚を比べて余りの違いに(あっ失礼)happy02青森の有料のはスゴイらしいですが稲作りに芸術的な楽しみが増えるは素敵なことです。黒米や紫、白色などを使って設計図の段階から各地で特色ある作品作りをされてるのでしょう。
浜名湖といえば「うなぎパイ」が御土産の定番のように先ず思い出しますがdeliciousケーキボックス型のハウスも中々のアイディアですね。平屋でガラス張りの正面もお洒落・・・どんなショップコーナーになるのか気になります。

投稿: kimama | 2017年9月28日 (木) 09時36分

kimamaさん>
大規模な田んぼアートが行事化されて人出を集めて実施されているところもあるようですが、こちらで実施されているものは若い世代ではなくお年寄りが頑張って毎年続けられていることから、どうしても小規模となってしまうようですが、これだけのものが描かれる皆さんの頑張りには頭が下がる思いです。
春華堂のポップアップショップは、この週末オープンですが、駐車スペースも広くお子さんの遊べるコーナーも設けられるようです。

投稿: waka3 | 2017年9月28日 (木) 15時12分

おはようございます。
確かに見晴台だと怪物みたいですが、上空からは可愛いアニメ風で、こちらがいいですね❣️確かに、やりだしっぺは青森が発祥ですが、彼方此方で見かけるようになって楽しませて貰っています。♪
この建て物??場所は忘れましたが、学校を円形にして境を無くし何処共、行き来が出来る様に作ったと、その時は聞き…子供にとってはとても楽しいでしょうね〜と、常は四角箱ですから人間らしい環境と思いました。
きっと、ここも大喜びで賑わうこと間違いないですねgood…此れから急激に温度が下がって行くようで秋は短く冬になっていくでしょうね?。

投稿: ai | 2017年9月30日 (土) 10時20分

aiさん>
最近では田んぼアートを実施しているところがずいぶん増えましたね。
こちらでは中々規模の大きなものを見掛けることはありませんが、いずれにしろ全てが手植えによって実施されるので、大変なご苦労だと感じ入るばかりです。
オープンに合わせて春華堂のポップアップストアーを見に行ってきましたが、ガラス張りのストレート部分が商品の陳列場所で、飛び出しているボックス部分はレジであったり商品の陳列棚になっていましたが、思ったよりも売り場面積が広く通路もゆったりしていました。

投稿: waka3 | 2017年10月 1日 (日) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニンニクの植え付け | トップページ | ポポーの実を収獲、そして実食 »