« カラカラ天気が続いています | トップページ | 7月の降雨日、たった一日だけでした »

2017年7月26日 (水)

カラカラ天気が更に継続中

兎に角困ったものだannoy
前日の天気予報では夜半からは雨rainマークとなっていて、夕方には黒い雲も出はじめていましたので間違いなく雨が降るだろうと信じ夕方の菜園の170726ondo作物への散水は中止しましたが、今朝起きて窓を開けると陽射しが飛び込んできて庭先には雨の降った形跡はまったくありませんでした。
雨が温室の中に雨が降り込まないようにと天窓や出入り口のドアも締めておきましたので、急いで窓を開けに行ったところ朝日を浴びて温室内の気温は49まで上がっていました。
ああ、これで降雨なしの日が何日続いているのだろうか・・・・・。

前回のブログにも掲載しましたが、大玉の黒皮スイカも果長が既に30cmを超す大きさとなっていますが、葉が茂っていないことから周りから丸見えで、日照り続きのため例え美味しく育たないだろうとはいえカラスの餌食になるのも忌々しいことから使い古しの防鳥ネットを張り巡らしておきました。170726suikaまだ表皮の色も黒味がかってきていませんので収穫はだいぶ先になることから、この日照り続きに蔓や葉が耐えられるものやら・・・・。

何日か前に収穫した大玉のズッカトマトの種の採種をしておきました。
下の4枚の写真を順に説明しますと、 先ず最初にトマトから種を取り出します。   トレイの片隅にゼリー状に混ざった種を寄せてから2~3日日陰で発酵させます。   発酵が終わったところで細かなメッシュの網の袋に入れて種子の回りに付着しているゼリー質状のものをこすり洗いして綺麗に取り去ります。   水洗いが終わったところで綺麗に並べて風通しの良い場所で日陰干しで乾燥させます。
170726saishu1170726saishu2170726saishu3170726saishu4


乾燥させると暫くすると泡が出てきて発酵が始まりますが、これはゼリー質に作用する細菌によるものだそうで、ここから生まれる抗生物活性は斑点細菌病、斑葉細菌病、カイヨウ病などの病気に対して効果があるそうです。
ある程度乾燥したところで黒ずんだものや小さな種を選別して取り除き、更に一週間ほどしっかり乾燥させれば種の採種は完了です。170726saishu5種がしっかり乾燥すると短い毛に覆われた様子がカット写真でも良く判ります。

ブドウ巨峰がだいぶ紫色に変化してきましたが、昨年は鳥の被害にあったことからだいぶ前に棚の上から防鳥ネットを張り、あまり出来の良くない幾つかの房を除いて170726budou2170726budou1ほぼ9割以上の房には完熟状況の確認用として一週間前に袋掛けをしておきましたが、今日棚の下を見たところ10個以上ものブドウの皮が地面に散在していて、袋の掛けてない房のブドウが食べられたような形跡が確認できました。170726budou良く見ると鳥の糞もあることからどうやら最近近くで見かけはじめたカラス?の仕業かとも思いますが、上からは防鳥ネットで侵入できないようにしてあることから、横合いから入られたのかとも思いますが、またまた烏との知恵比べとなりそうです。

ヨーロッパ中期予報センターの天気予報では、南の海上に発生している台風5号の動きは停滞気味で、8月2日(水)頃になって東海地方にはやや影響も出そうですが、どうやらそれまでは雨の気配もなさそうで、結果的には今日も夕方の野菜への散水を実施しましたが、明日からの天気予報も連日cloud/sunの合体マークが続いており雨rain知らずと本当に困ったものだと思っております。

|

« カラカラ天気が続いています | トップページ | 7月の降雨日、たった一日だけでした »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
そちらは完全に干ばつ状態ですね。昔だったら
お米がダメになって飢饉になっていたんじゃない
でしょうか。黒皮スイカには何とか耐えて欲しい
ところですね。
トマトの採種作業ですが、このようにして行うの
ですね。思ったより手間が掛かるものです。来年
の準備はこれで万端ですね。

投稿: kikumal | 2017年7月28日 (金) 05時47分

kikumalさん>
おはようございます。
幸い天竜川水系は水不足までには達していないことから、用排水から田圃に水が引かれていますので心配はありませんが、昔だったらこの干ばつ状態は大変なことになりますね。
トマトの採種については写真のような工程で進めますが、何れの工程も15分も掛からない程度で済みますので比較的簡単です。
この他にも交配種でない限り(在来種や固定種)は何れの野菜でも出来るだけ自家採種をするようにしています。

投稿: waka3 | 2017年7月28日 (金) 08時42分

その後に雨は充分に降ったでしょうか。スイカも立派に育って収穫が楽しみですね。もう種の採取もお手の物ですね。面倒がり屋の自分には絶対に出来そうもありませんが、乾燥後に発酵が進むなんてビックリしました。鳥は目がいいので葡萄はやはり狙われてしまいますね。防鳥ネットに期待します。

投稿: kimama | 2017年7月28日 (金) 22時34分

kimamaさん>
雨はその後も降る気配はなく、このままでは今月4日に僅かばかりの雨が降っただけで降雨なしの7月として終わってしまいそうな気配です。
黒皮スイカは最初の勢いだけで大きくはなりましたが、その後の生長が溜まったままで、きっと収獲しても糖度のないスイカだろうと思います。
雨が降り過ぎて困っているところもあるようですが、当地としては兎に角少しでも雨が降って欲しいものと思っております。

投稿: waka3 | 2017年7月29日 (土) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラカラ天気が続いています | トップページ | 7月の降雨日、たった一日だけでした »