« ブドウの摘果作業とポポーのその後 | トップページ | 黒ニンニク作りにチャレンジ »

2017年6月18日 (日)

夏野菜の悲喜こもごも

梅雨に入ってから11日が経過して、今日も午前中は青空でしたが昼前から曇りはじめ、その後小雨がぱらついてきてやっと干上がった菜園が潤ってきましたが、夜になってその雨も上がり予想では来週の中頃以降ではcloud/rainマークが出ていますが、明日以降も再び青空となりそうです。

今年は小玉スイカ「夏たまご」という品種を初めて育てていますが、最初の受粉をした以降に次々と着果して現在8個ほどが確認できていますが、6月7日に最初に受粉したものは2週間足らずであっという間に16cmほどの大きさに育ちました。170618suika小玉スイカは受粉後は30~35日で収穫が出来ますので、7月初めには最初の収穫が出来そうです。

トマトは中玉のスタピストマトが6月9日に最初の収穫が始まって、大玉トマトも間もなく収穫できるまでに近づいてきましたが、今年から初めて栽培をはじめたファースト系のおおみや163のお尻の部分が黒く腐りはじめるといった現象が現れ、栽培している4本中の2本の株の着果したトマトの中の約2割ほどに現れました。170618tomatoこんなことは初めてで、ネットで調べたところ尻腐れ病は、病原菌などによるトマトの株の病気ではなく、主に石灰(カルシウム)不足が原因の生理障害で、尻腐れ病が発生したからといって、必ずしもトマトの株自体がだめになってしまうというわけではないということからひとまず安心しましたが、 取り敢えずは苦土石灰を大急ぎで混和しておきましたので、次回からこの経験を生かしたいと思っています。 

4月14日に植付けをした大生姜(お多福)は6月初めにはすべての芽が出揃ってだいぶ大きくなってきました。170618shouga順調にいけば8月の後半から収穫が出来るものと思います。

|

« ブドウの摘果作業とポポーのその後 | トップページ | 黒ニンニク作りにチャレンジ »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
スイカがもう大きくなって来ているのですね。
美味しそうですが、7月の初め頃の収穫だと、
あと2週間というところですか。今から楽しみ
でしょう。

投稿: kikumal | 2017年6月19日 (月) 06時00分

kikumalさん>
今回のスイカはとても樹勢が良く、このためか着果性にも優れているようで10日ほどの間で次々に着果しましたので収穫が楽しみです。
反面トマトの病気は今までになかったことで、種からの実生苗であることの多少の影響は出たのかもしれません。

投稿: waka3 | 2017年6月19日 (月) 11時28分

小玉とはいえ、二週間での成長の速さにビックリです。トマトの尻腐れ病を初めて知りました。カルシウム不足が起因とのことも勉強になりましたが、酷い状態にこれまたビックリcoldsweats02まさに両者は悲喜こもごもでしたね。空梅雨のようですが昨日?の大雨そちらは大丈夫でしたか。米国のアリゾナでは気温が52℃にもなって死者も出たとニュースで耳にしましたが、異常な天候が続くのは困りますね。

投稿: kimama | 2017年6月23日 (金) 21時35分

kimamaさん>
空梅雨から一転しての集中豪雨、被害こそありませんでしたが、最近の天候には本当に悩まされますね。
この時期の夏野菜の生長は著しいものがあり、小玉スイカも日に日に大きくなるのが分かり、毎日変化する野菜は結構面白いものがあります。

投稿: waka3 | 2017年6月24日 (土) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブドウの摘果作業とポポーのその後 | トップページ | 黒ニンニク作りにチャレンジ »