« 芝生のミミズ退治 | トップページ | タマネギの収穫とキュウリの定植 »

2017年3月27日 (月)

露地もの野菜の芽吹き

あっという間に早春の3月も終わりを告げようとしており、この21日には東京で日本で一番早いソメイヨシノの開花が発表されましたが、未だに甲信越方面でも時折り天気予報にsnowマークも見られ、北の地では暖かな春の訪れが待ち遠しいことだろうと思いますが、我が家の寒緋桜は早くも緑いっぱいの葉桜となりました。

3月6日に今年初めて露地へ種の直蒔きをした人参(錦洋五寸人参)が、日中の気温にも恵まれてでしょうか数日前に発芽したようで、朝夕の気温の状況から考えるとこの時期に2週間ほどで発芽はかなり順調といえるのではないかと思います。170327kinyouninjin
この他にも同じ日に和え物や炒め物用のために播種をしておいた葉大根は、露地蒔きにも係わらず人参よりもかなり早く僅か10日ほどでの発芽でした。170327hadaikon
2月26日に植付けをしたジャガイモ(きたあかり)も表土を持ち上げて芽が出始めてきましたが、この時期になれば遅霜の心配もなく、朝夕冷え込んだとしても5℃を下回るようなことが無い限り幼葉が黒ずんで枯れるようなこともありませんので、これから先は順調な生長を見守っていくのみとなります。170327jagaimo
2月に入って種蒔きをした夏野菜のトマトやキュウリですが、トレイから移植したポットにおさまって温室の中で順調に生長が進んでいます。170327tomatoこのまま順調にいけば、定植は4月10日前後ということになりそうですが、いよいよこれからの菜園作業が少し忙しくなりそうです。

|

« 芝生のミミズ退治 | トップページ | タマネギの収穫とキュウリの定植 »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
ジャガイモがもう発芽して、1ヶ月は気候がずれていますね~。こちらは種イモは買ったものの、最低気温が氷点下になる日があるので、まだ植えられません。そちらは、今の時期でもう遅霜の心配が無いとは良いですね。
こちらは5月のGWに霜が降りることがあり、折角植えたトマトやナスが全滅したことがありました。今年は雪が少なかったものの、3月下旬になったのに気温が低い日が続いています。早く暖かくなって欲しいところです。

投稿: kikumal | 2017年3月29日 (水) 07時54分

kikumalさん>
こちらでも山間部近くの平地ではまだ遅霜の降りることはありますが、海岸線に近いこの辺りではこの時期になれば遅霜の心配がなくなります。
ジャガイモの発芽はほぼ例年並みで、この時期での発芽は寒さについての影響がでることはありませんので、もう少し経ったところで芽欠き作業を済ませれば、後は収穫を待つのみとなります。
そちらでの菜園作業はもう少しの辛抱ですね。

投稿: waka3 | 2017年3月29日 (水) 08時45分

もう菜園のお仕事はどんなにかお忙しいことと思います。葉大根というのは未だ食べたことがない気がします。カイワレとか大根の間引き菜とはまた別物なのでしょうね。人参を初めて収穫出来た時の感動happy01を思い出します。蒔いた種が流されてしまったりして私には難しかったのです。

投稿: kimama | 2017年4月 6日 (木) 17時22分

kimamaさん>
こんばんは。
こちらの日中は随分と暖かくなってきて、いよいよ菜園仕事が少しづつですが忙しくなってきました。
葉大根は私も珍しい種でしたので購入してきましたが、ビタミンCを豊富に含む葉を利用するダイコンで、ホウレンソウのようにバター炒めやおひたしにして食べるのが良いとのことです。
人参は以前に金時人参を購入した時にとても美味しかったことから、同じようなものを探していたところ良く似た「錦洋五寸人参」というのがありましたので、今年初めて作ってみました。   同じように美味しいと良いのですが・・・・。

投稿: waka3 | 2017年4月 6日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芝生のミミズ退治 | トップページ | タマネギの収穫とキュウリの定植 »