« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月22日 (日)

樹木の剪定と寒緋桜の花蕾

今日は朝から天気も良く休眠期に入っている果樹類の剪定をしました。
先ず最初にイチジクの主幹から真っ直ぐに伸び、既に葉の枯れ落ちている脇枝を剪定といっても付け根部分から単に切るといった一番簡単な剪定から実施しました。
剪定後はトップジンMペーストで傷口の癒合促進の処理を施しておきました。170122itijiku
イチジクの次は軒下に夏のグリーンカーテンを兼ねて植えてある葡萄マスカットと家の前の畑に植えてある巨峰の剪定です。
活動期には枝を切ることによって切り口から樹液が溢れるように出てきますが、休眠期では全くそのような兆候は出ませんので、これも簡単に剪定が出来ます。
葡萄にも剪定後はトップジンMペーストは施しておきました。
170122budou1170122budou2







葡萄の剪定後に(次郎柿)の木の剪定を済ませてから、最後に薔薇の木(16品種)の剪定を実施し、これで一通りの剪定が全て完了しましたが剪定に要した時間は全部で2時間半ほどだったように思います。
170122kaki170122bara







前回のブログで初雪のことを書きましたが、これ以降はそれほど冷え込むといったこともなく暖冬の兆候は顕著に表れきているようで、昨年は緋桜の最初の蕾が膨らみ始めたのを確認したのは2月8日でしたので、今年は昨年よりも2週間以上も早く花蕾が膨らみ始めてきたのが確認できたことになります。
今年で8年目を迎えますが、花蕾は年々確実に増えてきております。170122hikanzakuraとはいっても全体的には左下に見えるような花蕾の状況ですので、見頃となるのはまだ先のようですが、いずれにしても昨年よりも早い開花となりそうです。

| | コメント (10)

2017年1月15日 (日)

初雪

北から張り出してきた強い寒気によって、この冬最大の寒波襲来で各地で170114hatsuyuki大雪のようですが、この寒気は太平洋沿岸の当地にまで及んできて、昨日は朝方から冷え込んだと思っていたところ昼過ぎになって急に雲が広がってきて今年初めての雪が降り始めました。
しかし、これはほんの僅か30分足らずのことで、その後は雨に変わり数時間後には雨も上がりました。
夕方になっても曇り空は相変わらずで、寒さもそれほど緩まなかったと思っていたところ、夜の9時過ぎになってから再び雪が降り始め、朝起きて窓を開けたところ積雪としてはごく僅かなものでしたが、庭や畑に雪が積もって一面が真っ白でした。170115hatuyukiしかし、この雪も朝の9時を回った頃にはすっかり溶けてなくなってしまいましたが、この先数日間は冷え込みは更に厳しくなるようですので注意が必要です。

さて、冬のこの時期での菜園作業としては収穫のみでこれといった作業はなく、170114burokkori野鳥たちも食べるものにも飢えているようでヒヨドリが連日庭の木や近くの畑に飛び交っていると思っていましたが、うっかりしていたら収穫間近となってきたブロッコリーキャベツの葉を食い散らかしておりましたが、ブロッコリーの頭頂蕾やキャベツの巻いた部分には被害のないのが幸いでしたが、鳥インフルエンザも頻発しているようですので鳥除けとしてネットを張っておきました。
前回のブログで近在の農家さんのタマネギの収穫が始まってきたことに170115tamanegi触れましたが、我が家の早生品種のタマネギもこの寒さの中でも順調に育っており、雪がすっかり溶けてなくなった昼過ぎに見まわしたところ、早くも地割れが始まってきているものもありましたので、早いものは来月に入れば柔らかで果肉の甘いタマネギの初収穫が出来そうです。

| | コメント (6)

2017年1月 4日 (水)

今年も暖冬・・・

新年あけましておめでとうございます。
一年の過ぎるのはあっという間で今年も又一つ歳を重ねてしまいましたが、皆様には健康で清々しい新年をお迎えになられたことと思います。
少し出遅れてしまいましたが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

今年の元日は快晴の穏やかで暖かな朝を迎え恒例の初日の出詣でに出掛けてきましたが、朝早くから多くの人出で賑やかな初日の出詣でとなりました。170101hatuhi1
170101hatuhi2昨年の暮れ以来、気温が氷点下に落ち込むということなど、まったく考えられないような陽気で、初日の出詣でが夜明け前の出発とはいえ重装備での服装の必要もなく、そのようなこともあってでしょうか驚くことに今までには見掛けることもなかったサーファーや釣り人が早朝から見受けられました。
昨年まではまだ工事中であった天竜川河口から浜名湖までの170101hatuhi3全長17.5Kmにわたる浜松市沿岸域の防潮堤工事も比較的順調に進んで、現在ではほぼ1/3の区間で標高13mの築堤が竣工しており(私の居住する沿岸域は竣工済み)、今年は防潮堤の上からの初日の出詣でとなりましたが、昨今でも各地で大きな地震も発生していることから、平成29年度における完全竣工が待たれるところです。

暖かいといえば、昨年の15日のブログで掲載したピーマンや170104green_pepperパブリカ、鷹のツメですが、零下にはならないとはいえ流石にこの時期の冷え込みでは葉が傷み始めてきて、鷹のツメはほぼ枯れましたので今日収穫して風通しの良い場所に干しておきました。
ピーマンもこれ以降は実もそれほど大きくなることはなさそうですが、パプリカにあっては気温が零下にならない限り、まだ8個ほど残っている大きな実が色づいて収穫が出来そうです。

少し離れた篠原地区はタマネギの特産地で、収穫は既に昨年の暮れから始まっておりますが、我が家の近くの農家さんでも次々に収穫が始まってきました。170104tamanegi我が家のタマネギは専業農家さんのものとは品種にも違いがありますが、初収穫はまだ1ヶ月半も先のことになりそうです。

| | コメント (10)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »