« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月30日 (金)

長ネギの土寄せとニンニクの植え付け

前回のブログを掲載した以降、秋雨前線は北に上がったり戻ったりと一向に何処かに消え去るような気配もなく、その後は降雨そのものはさほどなかったとはいえ梅雨の時期のような愚図ついた天気が続いています。

そんなことから菜園には適当な湿りっ気もあって今日は雨の降る気配もないことから、今月初めに定植をしておいた長ネギ(石倉根深太ネギ)が定植後とても順調で早くも10cm近くも伸びたことから一回目の土寄せを実施しました。160930negi
長ネギの土寄せを終えたところで、昨年はタマネギやニンニクの出来が良くなかったことから夏の暑い時期に土壌消毒を済ませ、その後土作りも済ませてありましたのでニンニク(遠州ニンニク)の植え付けをしました。  全て自家採取の種ニンニクです。160930ninniku今年は90片ほど植え付けをしましたので黒ニンニクでも作ろうと思っています。

ニンニクの植え付けをしていた時に気がついたのですが、9月12日に播種をしてやっと大きくなり始めてきたミニ白菜の葉の切れ端が落ちていて、良く見まわしたしたところ葉が嘴(くちばし)のようなもので突っつかれていて、多分ムクドリではないかと思われる鳥の足跡も残っていたので風除けネットで侵入防止をしておきました。160930hakusai知らずにいたら白菜が食べられないという大変なことになるところでした。(笑

秋ジャガイモ(ニシユタカ)は、今年は暑かったために9月4日の植え付けとなりましたが、早いものは芽欠きを済ませたものもありますが、やっと芽が伸び始めてきたもの等とだいぶ差が出ています。
芽の出ていないものを確認をしたところ2つほど芋腐れを起こしていました。160930jagaimoさて、今年は順調に育ってくれるのでしょうか・・・・。

| | コメント (2)

2016年9月24日 (土)

すっきりしない天気が続いています

4日前の台風16号は九州の南端から四国、紀伊半島と秋雨前線に沿って、よもや今回は当地への直撃かと思われましたが、近づいた頃には温帯低気圧となって拍子抜けをするほどに雨、風ともに弱まって難は逃れましたが、その後も秋雨前線がどっしりと座り込んだままで雨が降ったり止んだりと愚図ついた天気が続いています。

そんな影響もあってのことですが、この時期になって雨が続くと庭の芝生に例年のこととしてキノコが生えだすといった異変が起きます。
シバフタケというキシメジ科ホウライタケ属に属するキノコで、北半球一帯に分布するナメコに似た小型のキノコで、ヨーロッパでは多くのキノコ通が食用としてシバフタケを好んでいるようですが、ちょっと私には食指が動くことはなさそうです。(笑160924sibafutake
有難いことに愚図ついた天候の中で元気なのは菜園の野菜たちですが、その中でも9月3日に播種をした玉葱(早出し黄玉葱)の生育が至って順調で、10月中旬での定植が待たれるところです。160924tamanegi
そして今年第3弾となる9月2日に植え付けたキュウリ(夏すずみ)ですが、間もなく収穫できるまでになってきました。
第2弾のキュウリはエカキムシ(ハモグリバエ)の甚大な被害で短期間での収穫で終えてしまいましたが、これからの冷え込みで第3弾は如何なものでしょうか。160924kyuuri胡瓜の後ろ側はオクラ茄子ピーマンですが、まだまだ収穫は続きそうです。

葉もの野菜としては9月6日に播種をした大根(YRくらま)ですが、そろそろ間引きできそうな大きさに生長してきました。160924daikonしかし、この他の葉もの野菜では10日以降に播種をしたミニ白菜ホウレン草ロメインレタスキャベツ大葉春菊などはやっと1~2cmでまだ少し先のことです。

今日は4時過ぎまで小雨が降っていましたが、買い物から帰る途中には西の空に綺麗な夕日が沈んでいきましたので、久し振りに青空を見ることができそうです。

| | コメント (6)

2016年9月11日 (日)

金胡麻の収穫を終えました

トリプル台風が去った後に13号台風が九州の南海上から南紀を経由して東海地方に向け進んできましたが、ありがたいことに南紀海上に向かう途中で温帯低気圧に変わってトリプル台風同様に今回も台風の被害から逃れることができ、その後は秋風も立ち始めて随分過ごし易くなってきました。

今年初めての栽培をした金胡麻は、8月18日に最後の刈取りを終えた以降、夜間は小屋の中に仕舞い天気の良い日中は屋外で乾燥させるということを繰り返しながら、3週間ほど経過したところで完全な乾燥が出来ました。
160911kingoma1さて、ここで最初に心配したことは刈取り後に乾燥のために収納容器に切り口を下にし穂先を上に向けてた収納をしたことにより、裂開して上向きとなっている莢の中の胡麻の実をどのようにして収納容器の中のビニール袋の中に落下させて無事に集め終えるかということですが、この心配は思った以上にあっけなく解決しました。
というのは、ブルーシートを地面に敷いてから胡麻の実ができるだけ160911kingoma2ビニール袋の中に落ちるようにしながら裂開した莢が下向きになるように天地を逆にした後に、枝の先端部分をもって左右に振ったり収納容器を2~30cm持ち上げたところから地面に落とすことを数回繰り返すことによって収集でき、最後にブルーシートに取り出した莢の中からは殆ど胡麻の実は出てきませんでした。

収穫できた胡麻の実は篩(ふるい)にかけて粗ゴミを取り除き、胡麻の実を良く見ると刈り取りの時点ではまだ完全に育ち切っていない莢が、未熟なままの状態で乾燥して出来たと思われる黒く小さなゴミのような胡麻の実が見つかりました。
昔ならご近所に唐箕 (とうみ)もあったのですが、今ではそのようなものもなく160911kingoma3風で小さな軽いゴミを飛ばすという原理を利用して、折良く手頃な(風速4~5m?)が吹いていたので、ブルーシートを敷いた上に一輪車(60×80cm角)を置き高さを調整しながら胡麻の実を一輪車の中に落とすという作業を4~5回ほど繰り返したでしょうか、少しは良品も飛ばされるということはありましたが無事に選別は完了しました。

というような難関?を乗り越え1,800g(1.8Kg)の金胡麻の収穫がを終えることができましたが、以前のブログでも触れたように胡麻の千粒重量が約2gということから算出した時の試算値1,536(約1.5kg)を遥かに上回ることができたことは所期の目的を十分に達成でき満足できるものとなりました。

160911kingoma4ただ、過去に胡麻をこれだけ大量に購入したり消費したこともなく、圧搾によって油を搾り出すという方法(小さじ1杯/胡麻18g)もあるようですが、苦労の割には報われることもないようですので、果てさて如何いたしましょうか・・・・。(笑
CookPadで「ごまおこし」の記事を見つけましたので早速チャレンジしてみましょう。

ちなみに胡麻の栽培の記録私のHPに久し振りにアップしておきました。

| | コメント (8)

2016年9月 4日 (日)

菜園の植え付け作業復活!?

立て続けに発生した9、10、11号のトリプル台風は、結果的には何れの台風も当初予想されていた当地への進路を進むこともなく、迷走した10号台風は過去に記録がないといった太平洋岸から東北地方への上陸となって、少なからず水害の爪痕を残して過ぎ去っていきましたが、このところの天候の異変には本当に心が痛みます。

さて、今年のタマネギの種は自家採種に失敗をしたために、近在で生産されている160903tamanegi1タマネギの種を購入しての播種となりました。
タマネギの品種名は早出し黄玉葱の早生品種のタマネギで、果肉が軟らかく甘みのあることからサラダや煮物としても最適な当地限定のタマネギですが、長期保存には少し不向きな点だけがちょっと不満ではあります・・・。
播種の指定日(9月3日)に合わせて、土作りと砲台型の苗床は作成してありましたので、昨日播種を済ませから浜砂を使用して覆土しておきました。
昨晩は台風12号が発生して九州方面への進路をとっている影響もあって、夜半に久し振りの雨が降りましたのでちょうど良いタイミングでの種蒔きとなりました。160904tamanegi2この後、一週間もすれば元気に発芽してくれるものと思います。

前述もしましたが、台風12号の影響で昨夜久し振りの降雨がって、本来なら8月下旬には植え付けをしていた秋ジャガイモですが、これまでは連日の暑さのために160904jagaimo植え付けをすれば地中で焼き芋状態となって腐ってしまうことから、今年は植え付けを遅らせて10日ほど遅い植え付けとなりました。
購入した種芋のニシユタカ(1kg)14個と今年の春ジャガイモの残り物の4個を加えて18個の植え付けとなりました。

降雨によってちょうど畑の状態も最適なことから、10時を過ぎた時点では32℃と真夏日の暑さでしたが、長ネギ(石倉根深太ネギ)の本定植をしました。
今年は苗の育ちも順調だったことから仮定植をしておいた苗が全部で185本もの収穫が出来ましたので、この後に定植を予定している汐止晩生ネギや赤ネギも含めて、お裾分けを考えても十分な確保が出来そうです。160904naganegi
そういえば、第2弾として植え付けをしたキュウリ(さつきみどり)ですが、この暑さの中で収穫開始から36日で86本(2本)の収穫であっけなく終了してしまいました。
矢張り猛暑の中での栽培とウリハムシの大発生による葉への食害の影響が、160904kyuri早めの終焉となってしまったようですが、3日ほど前に葉もの野菜の種の購入に出掛けた折に、キュウリ(夏すずみ)の苗が売られていましたので第3弾用として購入し植え付けてみましたが、あまり秋作のキュウリというのは地這キュウリを除いては聞いたことがありませんので、果たしてどんなことになりますことやら・・・。(笑

| | コメント (4)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »