« 6月の菜園仕事 | トップページ | いよいよ本格的な夏ですね »

2016年6月24日 (金)

鬱陶しい日が続いていますね

梅雨もやっと半ばに差し掛かりましたが、まだこれから先の7月半ば頃までは愚図ついた天候が続くと思うと本当に憂鬱になりますが、ここ最近では雨が降ったかと思うと急に天気が良くなって気温が上がったりして雑草や菜園の夏野菜だけは勢いも良く、このところ怠け癖がついてブログへのアップも間が開いてしまい、その間にトマトやキュウリ、茄子などは連日の収穫で嬉しいかぎりです。

昨年初めて栽培したスイカの原種だという大玉の黒皮スイカですが、昨年収穫したものから採取しておいた種を蒔き初めての接ぎ木苗に挑戦しましたが、160624suika上手く接ぎ木ができなかったことから自根苗での植え付けとなりましたが、5月25日に2本の苗を定植した以降順調に生育し脇蔓も伸びてきて敷き藁を施しておきましたが、まだ4~5cmほどですが着果したスイカの生長が楽しみです。
このスイカは普通のスイカではありえないことですが、本体につながっている蔕(へた)の部分が動かすだけで簡単に切り離れてしまいますので収穫時期まではとても取扱いに慎重さを要します。

ブログをサボっていた2週間ほどで前回登場した金胡麻ですが、草丈も伸びて花芽が付き始めて花蕾が見え始めてきましたので大急ぎで追肥をしました。
160625gomaしかしながら以前近くの畑で栽培していた胡麻は草丈が1m程はあったように記憶していますが、今のところ大きなもので40cm程度とあまり大きくもなく、どうやら株隔が20cmというところを間引きが遅かったことと株間が狭かったことが影響したのでしょうか、これから先も暗中模索での栽培となります。

過日テニス仲間からスープ用としてカボチャを購入してまで作られているという話しを聞き、カボチャスープにはうってつけな日本カボチャ品種の鶴首カボチャ三毛門カボチャのあることを話したところ是非にでもということで、今年も遅くなりましたが160624kabocha2160624kabocha1それぞれ1本づつを植え付けましたが、蔓首カボチャはトンネルを外せるまでに育ち三毛門カボチャも今少しでトンネルが外せそうです。
この両カボチャは樹勢が強く放っておいてもうどんこ病に罹ることもなく接ぎ木の台木にも適し多産系なカボチャです。

今迄に忘れられたように気にもしていませんでしたが、大生姜(お多福)160624shouga暑さ除けの敷き藁の間から芽が伸びてきていました。
5月3日の植え付けから発芽までに随分な日数を費やしましたが、多分発芽したのは芽の状況から一週間ほど前と思われ発芽までに40日間ほど掛かったことになりますが、これで今年も9月に入れば生姜の佃煮が楽しめそうです。

|

« 6月の菜園仕事 | トップページ | いよいよ本格的な夏ですね »

コメント

水瓶の%が又、上がったようですが…食器洗いに多少気を使っていますが。。タシになってるものか??黒丸少し大きくなりましたね、金胡麻ってこんなに逞しいものなんですね〜eye、カボチャも品種が違っても葉の模様は似てるんですね?
生姜で、お多福さん?可愛い名前ですね(笑)…先日、パパの日に合わせて頼んだ、枝豆の鉢植と有田焼のビールグラスセットが届いたんですが…まぁ〜食べれるまで行くかどうか??見ものです(^◇^;)。。以前、植えた葉っぱ物は1個だけ残って元気そうなので枝豆の鉢に同居させた(笑)

投稿: ai | 2016年6月25日 (土) 16時53分

Wakaさん、こんにちは。
そちらは梅雨時ですが、晴れる時もあるようでまずまずですね。そうなると畑の野菜達も元気に育っていることでしょう。スイカの原種は、今年も上手く出来そうですね。夏が楽しみですね。
ゴマは全く作ったことも、育っているところも見たことがありません。背丈が1mにもなるとのことで、今後どうなっていくのかが楽しみです。

投稿: kikumal | 2016年6月25日 (土) 17時11分

aiさん>
九州地方では地震に追い打ちでのかなりの豪雨で被害も出ているようで大きな事態にならないことを願うばかりですが、当地ではお陰様で比較的降雨量も少ないのですが、蒸し暑さだけには本当に参ってしまいます。
胡麻の栽培についてはあまり参考になるようなサイトもなく、どのくらいの草丈になるのか、また一番肝心な収穫時における具体的な注意点も良く分からないので手探りでの栽培となりますので、果たしてどれだけの収穫ができますことやら・・・・。(笑
枝豆はご主人様のビールのつまみになるように頑張ってください。

投稿: waka3 | 2016年6月25日 (土) 23時20分

kikumalさん>
今年の梅雨も比較的降雨量は多くなく、この時期になると気温も上がってきますので蒸し暑くて鬱陶しくなりますが、作物や雑草はこれ見よがしにのびのびと育っております。
大玉黒皮スイカは昨年食べた時に結構糖度も高かったことから期待をしていますが、収穫時に鳥や小動物ではなく頭の黒い2本足に持って行かれた前科がありますので、今年もその二の舞がないかが心配です。
胡麻については今の状態から草丈がこれから大きく伸びてくるとも考えられず、初期的な植え付けでの問題(特に間引きの時期と方法)があったように思います。

投稿: waka3 | 2016年6月25日 (土) 23時30分

スイカもカボチャも程よい気温と水分とでスクスク成長ですね。胡麻の葉がこんなに大きかったかと思いますが確かに背丈は子供の頃の半分以上になった記憶があります。秋にムシロの上で干してあの細かい胡麻をトントンと零し落とす・・・waka3さんなら面倒な作業もお手のモノですから収穫が楽しみですね。
ショウガの花というのも見ものですね。私は50才を過ぎてから南の島で初めて見て感心したものです。我が家は日照時間が少なくてオクラの苗が育たず、先日とうとう消えてしまったと夫が嘆いていました。

投稿: kimama | 2016年6月28日 (火) 16時18分

kimamaさん>
この時期は作物がほど良く生長してくれますが、降雨が続きますと作物が病気に罹り易いので、これが一番気掛かりになります。
胡麻は収穫時期のタイミングと種を殻の中からふるい落す作業が結構面倒くさそうなので果たして上手くいくかどうか心配です。
生姜にも花は咲くようですが、過去に何度となく育てていますが未だに一度も見たことがありませんのでぜひ実現したいものです。
オクラは亜熱帯植物なので冷涼地では大きく育たないようですね。

投稿: waka3 | 2016年6月28日 (火) 21時39分

今晩は。
梅雨の中休みでしょうか?晴れ間が多くなりました。
そして日差しも強くなり、外の仕事も熱中症に気をつける必要が出てきましたね。
二つのカボチャ、鶴首と三毛門ともに生育がいいようですね。スープにしてとても美味しかった。皆様も期待をされているのでしょうね!

投稿: 週末菜園人 | 2016年7月 2日 (土) 19時36分

週末菜園人さん>
こんばんは。
昨日、今日と真晴れの日が続きいよいよ暑さも本格的になってきました。
今日はインドアでのテニスを1リッターの水筒持参で1時間半ほどやってきましたが、コート内はムッとするような暑さで、これだけの水を飲んでも終わった時に計測したら900gも体重が減っていました。
スープ用のカボチャは最近ではあまり家内には好まれておりませんので固定種としての存続用に種の採取用として収穫前に摘果して僅かだけしか作っていませんでしたが、欲しい方が出ましたので今年は頑張っております。(笑
お近くなら何時でも届けできるのですが残念ですね。

投稿: waka3 | 2016年7月 2日 (土) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月の菜園仕事 | トップページ | いよいよ本格的な夏ですね »