« ブドウの受粉作業とポポーの着果状況~その2 | トップページ | 間もなく梅雨の時期ですね »

2016年5月25日 (水)

暑い夏が間もなくやってきます

5月も後半を迎え早くも真夏日を迎えるようになってきた今日この頃ですが、夏野菜は暑さの影響を受けてのことからでしょうか日を追うごとに生長が著しく、4月5日に定植したトマトの草丈は裕に1mを超す大きさとなって3品種ある何れのトマトも早くも4段花房の開花も始まって、中玉のスタピストマトは2本仕立ても上手くいって、ここにきて1段花房のトマトが赤くなってきましたので、ここ一両日中には初物の収穫ができそうです。160525tomato
今年は例年より1ヶ月ほども遅く5月8日に定植したキュウリ(夏すずみ)160525kyuri1週間ほど前にトンネルを外して支柱立てを施したばかりですが、脇枝もすくすくと伸び始めてきており、こちらも開花が既に始まって最初の1果目の収穫も数日後にはできそうな気配です。
胡瓜と同じ時期に植え付けをした小玉スイカ(紅小玉)160525suika1坊ちゃんカボチャも定植と同時にトンネル掛けをしたこともあって生長が著しく、坊ちゃんカボチャはトンネルの中で窮屈そうなことからトンネルを外しました。
スイカの紅小玉は親蔓5節目で摘芯した以降、160525suika2こちらも脇蔓が順調に育ってきています。
夏野菜は購入苗以外に今年もスープ用に鶴首カボチャと一昨年から栽培を初めたスイカの原種?という大玉の黒皮スイカを播種し、スイカは接ぎ木にチャレンジしましたが上手く接ぎ木ができませんでしたので自根苗として定植をします。

今年は行きつけの種屋さんで金胡麻の種を見つけましたので、果たして収穫ができるものやら全くの未知数ですが、2条植えx7mを栽培してみることにしました。
160525goma5月5日に播種した以降やっと写真の大きさにまで育ちましたが、ゴマの香りがあるのでしょうかやっと伸び始めた幼苗の茎、葉が食べられるという被害に遭遇し、先が思いやられますが初めてのことでもあり何とか収獲まで辿りつけると面白いのですが、果たして如何なものでしょうか。

前回のブログで開花の始まったブドウ(マスカット)の無種子化のためのジベレリン処理の掲載をしましたが、その後10日間を経過しましたので今回は果粒肥大促進のために2回目のジベレリン処理を実施しました。160525budou房の長さも20cm超となって粒も順調に育ってきており、前回のブログの写真と比べて頂くと僅か12日間ほどでの生長の具合がよくお分かり頂けるものと思いますが、2回目のジベレリン処理で更にこれからの果粒肥大が期待できます。
これとは別に巨峰についてもつい先日1回目のジベレリン処理を終えておりますが、この時期は菜園仕事で何かと慌ただしい日が続いております。

|

« ブドウの受粉作業とポポーの着果状況~その2 | トップページ | 間もなく梅雨の時期ですね »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
そちらは随分と暑くなっているようですね。暑さと適度な雨なのでしょうね、野菜達が元気モリモリで、成長著しいことが写真から見て取れます。
特にトマトは立派に育っていて、しかももう赤く色付いているものがあるなんて、素晴らしいです。夏野菜で彩られる季節がもうすぐですね。

投稿: kikumal | 2016年5月27日 (金) 05時53分

kikumalさん>
どうやら今年の夏は長梅雨と高温に悩まされそうだとか、今からこの先が思いやられますね。
トマトをはじめ夏野菜はとても順調に育っていますが、この暑さで葉もの野菜は葉が固くなって来たり、レタスなどの葉の巻くような野菜は中から腐り始めて食べられる状態ではなくなってきました。

投稿: waka3 | 2016年5月27日 (金) 07時22分

 さすがに 夏野菜はいずれも順調に進んでいますね、間も無く収穫で忙しくなりそうです。
 トマトはどの品種も いい姿です、 さすがはスタビストマトは もう色付き始めているのが見えます。 トマトの追肥はどれほどのタイミングで遣っておられるのでしょうか?
 カボチャの株は巨大で、やはり 充分な面積のある畑でないと 栽培は無理の様です。
 キュウリも初取りが出来そうです、株間をユッタリと取っておられるので、子蔓がどんどん伸びてくるでしょう。 アブラムシは来ていませんか?

投稿: 菜園ブログ | 2016年5月27日 (金) 16時31分

菜園ブログさん>
夏野菜は今のところとても順調に育っております。
トマトの追肥は1段花房の着果が終わり実が見え始めた頃に最初の追肥として化成肥料を施し、2回目の追肥は最初の追肥からひと月ほどになり収穫も始まりますのでそろそろ実施する予定です。
坊ちゃんカボチャは今迄はアーチ形の棚を作って栽培していましたので、それほど広いスペースもいりませんでしたが、昨年露地上で栽培したところのびのびと育ったことからでしょうか、収穫数が増え比較的大玉となりましたので、今年も露地栽培としたことからスペースは棚作りの時よりも倍以上にはなるでしょうか。
胡瓜は例年アブラムシで困ったことはなく、ウリハムシに葉やキュウリがかじられる被害が出ます。

投稿: waka3 | 2016年5月27日 (金) 21時52分

今晩は。
トマトの支柱とても頑丈そうに見えますて何時もながら綺麗に作られて感心させられています。
スイカ(紅小玉)や坊ちゃんカボチャ20日で樹勢が順調に育っていますね。気温の上昇で夏野菜の成長が日に日に育ち手入れも大変でしょうがそれに勝る楽しみもありますね。
葡萄の成長も早いものですね。お庭で手を伸ばして食べられるのはやはりいいですよ。その時期が早く来るといいですね。売ってるのとは一味違うのでしょうね。

投稿: 週末菜園人 | 2016年5月28日 (土) 21時01分

おはようございます。

 いずれも、よくできて居ますね。手入れも万全ですね。

投稿: tenmanky | 2016年5月29日 (日) 07時10分

週末菜園人さん>
おはようございます。
このところ良い日が続いていますので、夏野菜がとても順調に育っておりトマトやキュウリは一昨日から収穫ができるようになりました。
矢張り収穫ができるようになると今までの苦労もすっかりどこかに飛んでいきます。
ブドウは他の野菜よりも虫害や病気などで意外と手が掛かり専門家さんのようにどうしても良いものはできませんが、それでも口に入るだけでも由としております。(笑

投稿: waka3 | 2016年5月29日 (日) 09時33分

tenmankyさん>
お久し振りです。
最近では残して腐らせたり畑でそのまま廃棄するものも出たりで、以前よりも菜園の空きスペースが増えてきましたが、栽培品種は減らさない方向で栽培数を制限しながら何とか頑張っております。

投稿: waka3 | 2016年5月29日 (日) 09時40分

葡萄の房がどんどん形づくられて良い眺めですね。ゆっくりと甘みが増していくのでしょうか・・・とても立派なマスカットや巨砲の収穫が約束されてると思います。トマトもプロ仕様ですね。素晴らしい成長ぶり !! ところで御地でもトマトに雨避けの屋根をつけるのでしたか??
金胡麻ですが昨年の秋に狭山で農業をやっている同級生宅に泊まった時、お土産に頂いたのですが、国産の胡麻は少なくて、市販のほとんどが輸入された胡麻とのこと。金胡麻は特に高価ですから楽しみですね。

投稿: kimama | 2016年5月30日 (月) 21時34分

kimamaさん>
ここ数年ブドウの栽培が楽しみになってきましたが、最近では野菜作りより虫害や病気による難しさを感じております。
今日はまだ収穫が始まったばかりにトマトが鳥害にあいましたので早速防鳥対策のためにネットを張っておきましたが、これからカラスやムクドリとの駆け引きが始まります。
金胡麻は果たして収穫まで辿りつくのやら、これからネットで栽培方法を勉強しながらのよちよち歩きです。(笑

投稿: waka3 | 2016年5月31日 (火) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブドウの受粉作業とポポーの着果状況~その2 | トップページ | 間もなく梅雨の時期ですね »