« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月19日 (金)

春遠からじ

今日は暦の上では雨水とか、どうやら空から降るものが雪から雨に変わり雪が溶け始める頃を指すとのことですが、当地においてはこの冬は降雪しらずのまま春を迎えることになりそうですが、このところ朝方は少し冷え込んではいますが間もなく春のジャガイモの植え付けの時期となります。

さて、2月8日に種蒔きをしておいた3種類のトマトですが、このうち自家採種した中玉のスタピストマトと大玉のズッカトマトについては、発芽育苗器用の効果もあって160219nae16日間で100%の発芽をしましたが、購入種の大玉トマトの露地ゆたかについては播種したものが4年前のものであったことから、7トレイ中で2本だけの発芽はしたものの残り5トレイからの発芽はなく、3日ほど前に残っていた種を播種しておきましたが、もう2本だけでも期待したいと思っております。
キュウリ北進)の苗3本も全数発芽しましたが、その隣に播種をしておいた台木用のカボチャが発芽してくれませんので、どうやら実生苗として育てることになりそうです。

160219nae2この他には、秋と春に栽培のできる葉もの野菜として昨年の12月20日に播種しておいたロメインレタスと、これも春に栽培が可能だというサラダ白菜を2月4日に播種しておきましたが、近々ロメインレタスの定植をしてサラダ白菜については3月の初め頃には定植ができるものと思います。

前回のブログで緋桜の花蕾が膨らんできたことを書きましたが、その花蕾が2日ほど前に開花しましたが、まだ2つ程が開花しただけですので気象庁による開花宣言までには至りませんが、あと僅かで次々と開花しいていくことになろうかと思います。160219sakuraこの調子でいけば昨年は2月27日でしたので1週間ほど早い開花となります。

| | コメント (9)

2016年2月 8日 (月)

夏野菜(トマトと胡瓜)の種蒔き

先月の25日の全国的な大寒波によって当地でも-4℃を記録して、我が160208highbiscus1家の水道管も一時的ではありましたが凍結するという事態にまでなってしまい、ここまで暖冬が続いていた中で未だに開花の見られていた160208highbiscus2熱帯・亜熱帯性の常緑樹のハイビスカスが、流石にこの低温には耐えかねたようで凍傷となってしまい、最終的には葉が10日も経過した頃にはとうとう枯れてしまうという大変な被害を受けてしまいました。
ハイビスカスは夏を迎える頃には一気に脇芽が伸びてきますので、この先枯葉の掃除も面倒になりますので思い切って強剪定をして身軽にしておきました。160208highbiscus3
今年も2月に入りましたので夏野菜の種蒔きとして、手はじめに昨年購入した160208ikubyouki胡瓜(北進胡瓜)トマトで例年自家採種をしている中玉のスタピストマトと大玉のズッカトマトの2種類とF1種で購入種の大玉の露地ゆたかの合わせて3種類の種を発芽育苗器用の育苗トレイに播種をしておきましたので、一週間もすれば元気に発芽してくれるものと思います。

さて、前回のブログでも掲載した緋桜ですが、流石に先日の酷寒の影響もあってでしょうか、今年は暖冬の影響もあってかなり早めな花蕾の膨らみが見えたと思っておりましたが、どうやらあまりの寒さに一旦縮こまってしまったのでしょうか昨年の花蕾の膨らみと比べてほぼ一週間程度早い開花を迎えることになりそうです。160208sakuraこ こをクリックすると昨年2月10日の花蕾の膨らみが見られます。

| | コメント (4)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »