« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月23日 (月)

2年振りの枯葉堆肥作り

どうやら週明けの月曜日にはcloud空から午後にはrainとなりそうな予報でしたので、昨日は一昨年作った枯葉堆肥を使い果たしてしまったことから2年振りに堆肥仕込みをするために枯葉を集めに出掛けてきました。
この界隈では11月後半になっても日中の気温が20℃以下に下がることが少なかったこともあってでしょうか、イチョウの葉がやっと黄ばみはじめてきたところで、どの程度の枯葉集めができるのか心配しながら自宅から小一時間ほどの山あいに入って151122karehataihi1車を進めていったところ、大半は低木の落葉樹が主でしたが、あちらこちらの吹き溜まりに結構な量の枯葉に出くわしたり、中には大きな欅の木やイチョウの木もあって、このような場所では有難いことにあまり移動して集めることもなく、ほぼ3時間ほどで軽トラックの荷台に90リッターのゴミ袋を16個ほどを掻き集めることができました。
151122karehataihi2前もって準備しておいた40Kg入りの発酵鶏糞4袋を集めてきた枯葉を堆肥場に入れながら途中に混ぜ込んでは枯葉積み込んでから、従来は敷き詰めた枯葉を上からポリエチレン製のブルーシートを被せて中で発酵が進むようにしていましたが、今回は稲藁を一番上に敷き詰めて最終的には稲藁も堆肥化すべく初めての試みをしてみました。
寒い冬の間での枯葉の発酵は遅れるかと思いますが、春以降の気温の上昇や降雨によって発酵による堆肥化に期待したいと思っております。151122karehataihi3
このところの長期天気予報では、今年の12月末までに何時もの冬の寒さが151123burokkoriやってこないとか、そういえばつい先日ブロッコリーを見たところ2cmほどの可愛らしい花蕾が見えていたと思っていましたが、今日になって確認したところあっという間に5cmほどの大きさにまでなっていましたので、151123ninnikuこの調子でいけば年内には十分収穫ができそうで、前回のブログで掲載したニンニクも、この時点では発芽の状態がまばらで生え揃っていませんでしたが、ここ数日の間にすべての芽が出揃って元気に勢揃いしましたのでこれで一安心といったところです。
151123hamonoyasai2他の葉もの野菜もいたって順調に育っており10月24日に定植した春菊は早くも脇芽が出はじめてきておりますが、この時期での脇芽の生長は少し早過ぎるような気もしますがこれも気温の温かさのせいでしょうか。    ちなみに151123hamonoyasai1春菊の防風ネットは冬の強風による砂が茎の周りに飛び込んで砂っぽくならないためのものです。
また同時に定植をしておいたキャベツロメインレタスもあまりにも順調で驚いておりますが、暖冬ということで浮かれても入れないような気も致します。

ここにきて心配なこととして、この陽気で元気に育ち始めているタマネギですが、写真でもお分かりいただけますが、生長してきた葉をよく眺めてみるとネギアザミウマ(別名:ネギスリップス)の発生によって葉を吸汁することにより葉の形が変形葉が真っ直ぐではなくうねるようにして丸まってくる)しているものが確認できました。 
151123tamanegiネギアザミウマにはウイルスの媒介の心配もあって、タマネギの生長を著しく妨げることにもなるので大変厄介な代物であり、被害を拡大させないためには消毒による殺虫しかないことからランネート45DF水溶剤の1000倍液を作って散布しておきました。
上の写真の囲み写真の左側は葉にとまっているネギアザミウマをマクロを使って撮影をしたもので、右側は消毒液散布後に死骸となったなったものを指先の上でお腹の部分から写したものですが、通常では体長1~2mm程度で肉眼では中々確認することさえ難しい程の大きさです。

| | コメント (8)

2015年11月13日 (金)

11月の菜園

あっという間に11月も半ば、11月に入ってからは朝晩の気温も15℃を下回るようになってだいぶ冷え込んきたことから、テラスの僅かなスペースに植えてある葡萄の葉はかなり黄色くなってきましたが、これも温暖化の影響なのでしょうか日中は晩秋とは思えないような暖かな陽射しで、花数はやや減ってはきたもののブーゲンビリアハイビスカスの花がいまだにこの地で元気に咲いております。151113bougainvillea
9月18日に定植をしたサニーレタスロメインレタスは終盤を迎えつつあり、151113hamonoyasai1ホウレン草や白菜(サラダ白菜)、宮重総太り大根などと収穫ができていますが、この他にも食用菜の花やブロッコリーも順調に育っていて、151113hamonoyasai2151113hamonoyasai310月4日に播種をした牛蒡(うまいごぼう)の葉も随分大きくなってきたので間引きを済ませてあります。
これから先、葉もの野菜で心配なのは来年にかけて151113hamonoyasai4収穫をするミニ白菜ですが、ここ最近かなりのモンシロチョウが飛び交っており、先日もアオムシを見つけて取り除いてから予防処置として防虫ネットを施しておきましたが、この先も定期的な目視による管理が欠かせそうにもありません。
11月4日に播種したスナップ豌豆や絹さや豌豆も発芽して、10月24日に定植した春菊やロメインレタス、四季採りキャベツも順調に育っていますので、当分の間は収穫に結びついていきますので一安心といったところです。
ただ、少し気になるのは9月27日に植え付けをした151113ninnikuニンニク(遠州ニンニク、ホワイト六片)ですが、例年ならほぼ一斉に発芽が見られましたが、今年は発芽にややバラツキがあり不揃いとなっていますが、どうやら球根の上の土は盛り上がってきていますので、それほど心配はないことと思います。

前回ののブログで黄色パプリカの写真を掲載してありますが、ここにきて随分色づいてきましたので写真の一番上のものを収穫してみましたが、夏の時期に比べてやや濃い黄色になっていたものの食感としては、まったく変わった感じはなく肉厚で軟らかくとても甘く生食として美味しくいただけました。
まだ大きな実が残り9つほどありますが、さてこの先幾つ食べられるのやら・・・・。151113papurica

| | コメント (10)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »