« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

タマネギの植え付け

10月も今日が最終日、このところ日中の気温は時によっては25℃を151031shukaku上回るようなことはあっても、朝晩は15℃を下回るようになってきましたので夏とはほど遠い季節感にはなってきましたが、151031papurika茄子ピーマンパプリカ等はやや小振りになってきたとはいえ、いまだに収穫ができておりパプリカに至ってはまだ樹勢もしっかりしていて大きな実の収穫ができそうですが、一時期に比べて生長していく日数は長くなってきたように思います。

以前からこのブログで季節外れのキュウリ(北進)の栽培について書き込んできましたが、矢張り冷え込みの影響には151031kyuri立ち向かえなかったようで、脇芽が伸びてくる様子のないことや生り花が新しく出ることもなく、これが最後になるであろうと思われていた最上段にあった生り花が開花したものの、大きくなって収穫に結びついていくこともなく枯れて終焉を迎えることになりました。
結果的には脇蔓は1本が伸びただけで収獲も5本のみで終えたことになってしまい、この時期でのキュウリの露地栽培が難しいことを痛切に感じました。

既に専業農家さんのタマネギの植え付けはほぼ終了をしてきており、我が家でも例年ならば10月20日前後には植え付けは終わっているところですが、今年は最初の播種に失敗をしてしまい、やっとここにきて苗も定植できるまでに育ちましたので、何とか10月の内での定植を済ませることができました。
今年の春に収穫したタマネギはつい一週間ほど前に全ての消費を終えしまいましたので、今年は中晩生の品種でで12月頃まで保存のできるという苗を100本ばかり購入して植え付けてみました。
また、例年通り少しでも収穫を早めるために20本ほどマルチ栽培としました。151030tamanegi
タマネギの苗の植え付けを終えたところで、今年最後の野菜の種蒔きとしてスナップ豌豆絹さや豌豆、2回目の播種としてホウレン草(パレード)の播種をしておき、これで年内での植え付け作業はすべて完了となりましたので、これからは来年の2月までの間は収穫や管理作業のみとなりこれでやっと一段落となりました。

| | コメント (6)

2015年10月22日 (木)

ああ、疲れた

このところ連日の快晴続きで気温も25℃前後と日中は汗ばむほどですが、夏の時期と比べて風が爽やかでとても過ごし易い快適な日々が続いています。

朝から天気も良かったことから、家の周りの生垣の槇の木の剪定作業をしました。
今まで横着をして先延ばしをしていたことから、この時期になっても陽射しがかなり強く電動バリカンを使っての作業で、軽トラに丸々一台分の剪定屑となって半日掛かりの汗をかきながらの大仕事でしたが、終わってみれば剪定前のお恥ずかしい姿から整然とした生垣となってすっきりとした爽やかな気持ちになりました。(笑151022ikegaki
昨年はこの時期にタマネギの植え付けを実施しましたが、今年は最初に151022tamanegi1播種をしたものが何故かほとんど発芽しなかったために、10日以上も経過したところで再播種をしとことから発芽も大きく遅れてしまい、ここにきてやっと苗がだいぶ大きくなってきました。
151022tamanegi2専業農家さんのタマネギの植え付け作業はすでに終盤を迎えてきており、私も既に畑作りは済ませてありますが、どうやら今の生長具合から考えると定植できるのは今月末になってからのことになりそうです。

生垣の剪定が終わったところで、今年初めての里芋の収穫をしてみました。
今年は夏の時期の降雨に恵まれたことと、台風などの被害にあうこともなく昨年と違って大きく育ったことから芋の出来を心配しましたが、一株がけ掘りあげてみましたが真ん中の破棄する親芋を除いて小芋だけで2.3Kgとまずまずの出来栄えで、これで美味しい煮ものやおでんの具となって登場することになります。151022satoimo
育苗中の今年最後の葉もの野菜(大葉春菊、中葉春菊、ロメインレタス、151022hamonoyasai四季蒔きキャベツ)の苗がだいぶ大きくなってきました。
既に畑作りは済ませてありますが、今日は生垣の剪定で疲れましたので、2~3日のうちに定植を済ませる予定です。

これで残る今年の播種や植え付け作業はエンドウ類の種蒔きとタマネギの植え付け作業で滞りなく終わることになりそうです。

| | コメント (8)

2015年10月 8日 (木)

実りの秋

10月に入っても日中は少し動き回ると汗ばんでくるような陽気ですが、それでも朝夕はめっきり涼しくなって秋の気配がはっきりと感じられるようになってきたこともあって、庭の次郎柿の実が一気に黄色くなってきました。
昨年はあまり多くの収穫ができませんでしたが、今年は途中での摘果が上手くいったこともあって大粒な柿の実が育ち、ざっと見たところでも7~80個が見受けられ、防鳥テープのお蔭でカラス等の鳥の被害にあうこともなく、このままいけば我が家だけでは食べ切れそうにもないほどの豊作となりました。151008kaki
果樹はこの他にレモン青島4号(晩生の温州ミカン)がありますが、151008lemon昨年は無理のない着果数に抑えたこともあって樹勢が保たれたと思いますが、今年も春に無数の花が咲きレモンは昨年同様に7~80個の樹勢に合わせた摘果とし、今の時期はまだ果皮は緑色ですが早くも収穫をしても良い頃合いになってきました。
青島4号は昨年は40個前後の収穫でしたが、151008mikan今年は100個以上も着果して、その後樹勢に合わせた摘果をしてやや多めのような気もする60個前後としてありますが、このまま順調にいけば収穫については晩生種でもあることから12月中頃以降から可能となろうかと思います。

夏野菜でいまだに頑張っているものに茄子ピーマン、黄色のパプリカがありますが、151008nasu茄子やピーマンはまだ花が次々に開花していますが、寒さとの関係で今月いっぱいくらいでしょうか。
パプリカは枝のための補強が悪かったこともあり、かなり枝折れが出て収穫数のロスがありました。
まだ5個ほど大きくなってきているものがありますが、色づくのにかなり日数を要しますので果たしてどこまで色づいてくれるでしょうか。
遅くなって最後に定植をしたキュウリも今のところ3個ほど開花が終わったものがありますが、気温が下がってきていることからあまり勢いはありません。

8月後半から9月初めにかけて播種したり植え付けをしてきた葉もの野菜も天候に恵まれて随分大きくなってきました。
一時は今までに経験もしたことのなかった豪雨によって先行きの心配した長ネギなども復活して土寄せができるほどになりましたので、これから先はいずれの野菜も大きな心配もなく収穫に結びついてくれるものと思います。151008hamonoyasai
151012jagaimo葉もの野菜の他には8月24日に植え付けた秋ジャガイモ(ニシユタカ)も随分大きくなってきて花蕾も出揃ってきましたので、寒さも少しづつ増してくる11月中頃には収穫ができるものと思います。
151008burokkori緑色の濃い野菜は家内の服用している薬の関係で栽培することはできるだけ控えておりましたが、牛蒡の種を購入しに出掛けた折にブロッコリーの苗を3株ほど購入してきましたので、今年は久し振りの植え付けで、その後から牛蒡の種を播種しておきました。

今年の播種や植え付け作業はこれでほぼ終りに近づいてきており、残るところでは育苗中の春菊やタマネギの植え付けでひと区切りとなろうかと思います。

| | コメント (12)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »