« 葉もの野菜の定植 | トップページ | 実りの秋 »

2015年9月28日 (月)

キュウリが収穫できました

9月もいよいよ残すところ数日となりましたが、今日も日中は30℃まで上がってまだまだ残暑は続いていますが、それでも朝晩は大変凌ぎ易くなってきました。
そんなことから8月22日に定植をしたキュウリ(北進)は、本来は夏の時期に栽培するものであることから収穫することはかなり難しいこととは思っていましたが、今日になって初めてのキュウリの収穫することができました。
夏の時期と違って樹勢がそれほど強くないことからでしょうか、脇蔓も今のところ僅かに1本だけしか伸びてきていませんが、それでも主蔓や僅か1本だけの脇蔓にも生り花が見えてきていますので、収穫は数本で終わってしまうのかもしれませんが、何とかこの先も期待をもって大切に育てることにいたします。150928kyuri
150928natuyasai夏野菜といえば現在残っているものはキュウリの他には、茄子、ピーマン、パプリカ(黄)が残っているだけですが、パプリカは一週間に1個程度しか収穫はできませんが、茄子やピーマンはまだこの先も3日に一度程度の割で10月の末頃までは収穫が続けられそうな勢いです。

いよいよニンニクの植え付けの時期がやってきましたので、150928ninniku昨年植え付けて今年収穫後に残しておいた遠州ニンニクの他に、手持ちのニンニクをお分けしたお礼に戴いたホワイト六片(4球)を事前に植え付け準備はしておいた畝に植え付けをしましたが、当初予定していた遠州ニンニクだけでも十分な鱗茎の準備ができていましたので、全部で90片以上にもなってしまいましたので来年はニンニクでかなり臭くなってしまいそうです。(笑

150928negi先日の豪雨によって土の中で水に浸ったことによってすっかり痛めつけられてしまった長ネギですが、その後の天候の回復によってかなり下葉が枯れてしまいましたが、それでも中心部から目が元気に伸び始めてきましたので初めての土寄せをしておきました。
葉もの野菜も至極順調に育ってきていますので、アオムシやヨトウムシなどの大敵を目視管理していくことがこれからの朝の日課となりそうです。

|

« 葉もの野菜の定植 | トップページ | 実りの秋 »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
そちらは今でも30℃まで気温が上がるんですね。こちらからするとまだ夏という感じです。キュウリも育つわけです。こちらも遅めのキュウリを育てみましたが、秋が早い分、あまり育たず4本程収穫して撤収してしまいました。Wakaさんのキュウリがいつまで育つものなのか面白そうです。
ニンニクも90片以上ということで、大量植え付けですね。来年が楽しみでしょう。こちらは植え付けは済んでいて、今は芽が出始めたところです。冬が来る前に10cm位まで伸びてくれれば、というところです。

投稿: kikumal | 2015年9月29日 (火) 05時30分

kikumalさん>
遅めのキュウリを育てられたとのこと、こちらでも10月に入れば夜間の気温もかなり下がってきますのでキュウリはどこまで寒さに耐えられるの全く予想もできませんので成り行きを見守るほかありません。
撤収の段階ではまたブログに掲載をする予定です。
ニンニクは既に芽が出始めているようですが、こちらではニンニクは暑さに弱いということから9月の下旬から10月初めの植え付けが推奨されています。
今回の植え付けたものがすべて上手くいった場合には相当すごい量になるだろうと今から期待大です。(笑

投稿: waka3 | 2015年9月29日 (火) 13時08分

Qちゃん、脇枝も出て元気そう! …大体10/10過ぎると温度が変わってくるので、その日辺りで以前は撤去していましたがwakaさんとこなら、もう少しいけそうだし前回の🍅バージョンでハウスは?意外と⛄️辺りまでいけたりして😋…ニンニク?ピチピチ植えましたね〜👀まぁwakaさんの元気の源だから(笑)
珍しく頭が白い綺麗な里芋をゲットして来ました、今日はイカと煮て見ようかと、好物だとツイ🎶です😅

投稿: ai | 2015年9月29日 (火) 14時27分

aiさん>
Qちゃんは写真写りが良いのか見た目には元気そうですが、やはりこの時期ともなりますと夏の時とは違って葉の色も違うし、脇蔓も心なしかひ弱い感じがします。
特にこれからは夜間の気温も20℃を下回ってくるし、夜露もおりますので10月下旬まで耐えられるかどうかでしょうか。
ハウス栽培は水の管理や病気(ウドンコ病や炭素病)などの問題があって、狭い温室内では結構管理が大変なのでやめにしました。
里芋はまだ掘ってありませんが、今年は葉が大きく育ちすぎましたので、そちらに栄養が吸い取られてどんなものかと心配をしています。
イカとの煮っ転がしは私も大好きです。scissors

投稿: waka3 | 2015年9月29日 (火) 22時09分

明日はもう10月ですね、季節の変わりが感じられます。
路地物のきゅうり、しっかり収穫できましたね。蔓の先にも花が見られますしナスやピーマンなど夏野菜がもう少し楽しめますね。ところで以前市民農園で働いてるといいましたが、家内が入院する事でやめました。ところが此処に来て体調も落ち着いてる事から友人の薦めで旅館の庭園管理をやる事になりました(資格は全然無し)。剪定の仕方や仮払機などの扱いをインターネットを見ながら、知り合いから聞いたり勉強していますがプロでなくても良いということなので働く事にしました。
しかし定年後変化がありすぎの感です。


投稿: 週末菜園人 | 2015年9月30日 (水) 21時52分

週末菜園人さん>
今年もあっという間に10月に入ってしまいすっかり秋風が立ち始めまてきましたね。
とりあえずのキュウリの収穫はできましたが、この先どれくらい樹勢を保って生きながらえてくれるかが一番気掛かりなところですが、それでも何とか2個目が明日辺りには収穫できそうです。
旅館の庭園管理の仕事をお引き受けされたとのことですが、庭木の剪定等についてはそちらでも市が主催して実施している殆ど参加費用のかからない短期の講習会などが定期的に開かれているのではないかと思いますので一度お調べになってみてはいかがでしょうか。
ちなみに浜松市の場合は緑化推進センターというのがあります。
      ↓
http://www7.plala.or.jp/midori110/event/index.htm

投稿: waka3 | 2015年10月 1日 (木) 10時34分

八月の下旬に定植した胡瓜がもう穫れたとはスゴイです。パプリカって私は実が膨らんでから三ヶ月以上見守って少しずつ色が付いていった記憶が有りますがあの甘さは長い時間をかけて宿るものと、その時に思いました。そちらでの成長期間はもっと短くて出来るのでしょうか。
またまた天候が荒れそうですね。被害がありませんように・・・金曜日から十日ほど法事などの用事で里帰り上京するので、しばらくPCを閉じます。

投稿: kimama | 2015年10月 1日 (木) 13時36分

kimamaさん>
この時期のキュウリは本当にありがたいことですが、この先いつまで生り続けてくれるの余ら、大変気がもめております。(笑
パプリカは今年初めて栽培してみましたが、最初のうちはなかなか色がつかずに失敗したのかと思っていましたが、こちらでも色づくのはかなりの日数が掛かります。
それよりも一つ一つが大きく肉厚のために重いことから、ちょっとした風で枝が折れてしまい半分以上も収穫できずに残り少なくなってしまいました。

投稿: waka3 | 2015年10月 1日 (木) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葉もの野菜の定植 | トップページ | 実りの秋 »