« 長雨にチョットうんざり | トップページ | 黒皮スイカの収穫 »

2015年7月15日 (水)

長雨の次は連日の猛暑

前回のブログでも触れましたが、7月に入ると同時に10日間も降ったり止んだりと愚図ついた天気が続いていましたが、何とその後は晴れ間が戻ってきたと思ったら一気に暑い日差しの真夏日がやってきました。
長雨によって小玉スイカには収穫への影響も出ましたが、それ以外の夏野菜には思ったほどの影響もなく、その後の好天気続きが幸いしていずれの野菜も順調な150714tomato生育が進んで、今年はトマトの播種を遅らせたことによってやっと7月に入ってから赤くなり始めて、中玉のスタピストマトは数日前から少しずつ収穫は始まってはいましたが、ここにきて気温が上がったこともあって一気に赤味が増してきて、オクラやインゲン豆などと、現在では10種類ほどの夏野菜の収穫が続いており、今日も朝採りで6種類ほどの野菜を収穫しました。

150715shukaku
だいぶ以前に岐阜県の飛騨の丹生川地区で在来種として作り続けられている宿儺(すくな)カボチャの種を頂き何年か作り続けていましたが、150715kabocha最近では食べきりサイズで豊作種の坊ちゃんカボチャだけと決め込んで栽培することを止めてしまいましたが、ひょっとしたことから再び種の入手が出来たので、脇蔓2本のみとして収穫数は採種用を含めて限定2~3個と決めていますが最初の一つが着果しました。    果皮は最初やや白っぽい色をしていますが、収穫時には葉の色と同じようになり、果肉はとてもホクホクしていて甘みの強い品種です。

5月7日に定植をしてから6月12日に最初の人工授粉後に着果した150715suika大玉スイカの巻きヒゲが濃褐色になってきました。
大玉スイカは今までに栽培したこともなく収穫時期の目安は一般的に巻きヒゲの色合いと受粉した日から35~40日と言われていますので、20日頃を目処に収穫をしようと思っています。   いよいよ果肉の正体が明かされます。(笑

我が家のミニ果樹園

我が家の1品種に1本だけのミニ果樹園ですが、今年はいずれの果樹も生育が順調で、150715kyohou早くもブドウ巨峰ピオーネの果皮が色づきはじめてきました。
しかし、昨年に比べると10日ほど色づくのが遅く、これは今年の初夏の気温がやや低めだったことが影響してきたことかと思いますが、収穫は8月中旬にでもなれば出来るだろうと思いますので、今から孫たちの喜ぶ顔が浮かんできます。

150715itijikuイチジクも生育は順調で、主枝から伸びてきた19本の脇枝にイチジクの実が数多く見受けられようになって、昨年は120個ほどの収穫が出来ましたが、今年はそれを上回るほどの収穫が期待できそうな気がします。
イチジクの収穫は今月末、遅くとも8月に入れば始まります。

この他に柑橘系でレモンと温州ミカンの青島44号が、春の開花以降150715lemon150715aoshima4gou着果の心配をしましたが、大雑把な確認結果ではレモンが100個前後で青島44号も60個ほどで、年々木の生長が進むに連れて実の付く数が増えてきています。
この他にネーブルがありますが、いまだ幼木のこともあって今年の着果は6個と寂しい限りです。

150715jirougaki昨年はあまり収穫数の多くなかった次郎柿ですが、どうやら今年は当たり年となったのでしょうか、今のところ整理落下で時折り未熟な柿の実が落下をすることはありますが、この秋にどれほどの収穫が出来るのかこちらも本当に楽しみです。

台風11号が四国方面に向かって進んできていますが、台風の東側では大雨が予想されますので、これから少し注意が必要となりそうです。

|

« 長雨にチョットうんざり | トップページ | 黒皮スイカの収穫 »

コメント

おはようございます。
そちらは長雨の後は一気に暑くなったようですね。こちらも台風の影響で真夏日が2日ほど続きましたが、昨日からヤマセになり、最高気温が20℃弱と寒いです。気温の変動が大きすぎます。
そちらは夏野菜が真っ盛りですね。トマトが美味しそうな色をしています。坊ちゃんカボチャはこちらでは見かけませんが、味はどんなものなのでしょうか。小さくても美味しいカボチャだと良いですね。
大玉スイカの原種が無事に食べられそうになってきましたね。見た目はスイカ特有の模様が無いので、なおさら中身がどうなっているのか興味津々です。

投稿: kikumal | 2015年7月17日 (金) 04時27分

kikumalさん>
年々大きく変化している天候には本当に困惑されますが、こちらの天候もさることながら、そちらでも気温の乱高下で大変なようですね。
坊ちゃんカボチャは直径が13~4cmで果重は800g前後と比較的かわいらしいもので、我が家のように2人家族にはとても適したものだと思います。
果肉は良く見かける栗カボチャと同様にホクホクしていて甘みが強く、煮付けにも良くまたカボチャサラダにしても美味しく頂けます。
多収穫品種で1本の苗で脇蔓5本を伸ばし、1蔓あたり3個前後は間違いなく収穫できますので、2本も作れば皆さんにおすそ分けが十分できる程になります。
大玉スイカのレポは今少しお待ちください。(笑

投稿: waka3 | 2015年7月17日 (金) 08時52分

台風の雨量がそちらも多かったのでしょうか。被害は無かったでしょうか。大玉のスイカ真っ黒ですね。中がやはり気になります。カボチャはホクホクでないと食べた気がしない私ですhappy01スクナ懐かしいですね。
葡萄の袋はもっと後で架けるんでしたっけsign02順調に膨らんできていて楽しみですね。柑橘類はやはり産地ですから美味しさが保障されていて羨ましいです。それにイチジクも柿もと果物の自給は最高ですね。

投稿: kimama | 2015年7月17日 (金) 15時49分

kimamaさん>
お陰様で心配をしていた雨もそれほどの雨量でもなく、台風の影響もないままに過ぎて行ってくれました。
スクナカボチャはどの様な料理でもおいしく頂けますが、二人家族ですと3回くらいに分けないと食べきれないということで、今では坊ちゃんカボチャに変えてしまいましたが、今年のスクナカボチャはお遊びで少しだけ作ってみることにしました。
ブドウの袋掛けは台風前にと思って昨日実施しておきました。

投稿: waka3 | 2015年7月17日 (金) 23時05分

中玉🍅凄〜ーーい! wakaさんジャムジャム🎵 うらめしや、タップリ食べられてdelicious…スクナくんお久しぶりですね、本当! ホクホクしてaiも好きでした同時に植えてましたね?🍇も🍋も、たわわeye。。生の果物は食べ過ぎ注! 何て、食べられない僻みよね😅…秋の味覚も順にスタンバイですね?次郎丸シッカリ四角の顔が見えてますね!♪ 近じか、お待ちの🍉が拝めますねflag さて?どんなかな〜note

投稿: ai | 2015年7月18日 (土) 11時08分

aiさん>
こんばんは。
トマトは例年なら5月末頃から収穫が出来ていたのですが、今年はあえて播種を遅らせたところ7月に入ってからの収穫がぼつぼつ出来はじめて、ここに来てやっと賑やかくなってきました。   生食以外では豚バラ肉と卵と一緒にトマトを炒める「トマタマ炒め」が、酒のつまみにもうってつけでとてもはまっております。
aiさんもご存じのスクナカボチャは美味しいですよね。
だけど我が家ではあまりにも大き過ぎて不経済でもあり、坊ちゃんカボチャが代用食となっています。
昨年の春の健康診断の時に血糖値がやや高いと指摘され、最近では炭水化物や果物類も注意しながら食べておりますので血糖値も安定してきておりますのでご心配なく・・・。(笑

投稿: waka3 | 2015年7月18日 (土) 20時47分

夏野菜の収穫がお見事ですネ。
ご家族皆さんの元気な嬉しいお顔が見える様です。
こちらも主人が一生懸命家庭菜園を楽しんでいま(*^▽^*)o

投稿: sakura | 2015年7月25日 (土) 13時55分

sakuraさん>
梅雨が明けて暑さが戻ってきましたら夏野菜の成長がとても早くなってきましたが、同時に雑草の伸びも早くこちらは困りものです。
トマト、キュウリ、茄子、ピーマンの他にもオクラなどと順調に収穫ができています。
僅か1本だけの坊ちゃんカボチャから20個以上も収穫ができそうで今年もおすそ分けが随分できそうですよ。

投稿: waka3 | 2015年7月26日 (日) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長雨にチョットうんざり | トップページ | 黒皮スイカの収穫 »