« 夏野菜の手入れと最後の定植 | トップページ | スイカの花粉の雨除け対策 »

2015年6月 6日 (土)

ブドウ(ピオーネ)の摘果作業、他

6月に入って梅雨のシーズンを迎え、4日には西日本全域でも梅雨入りとなりましたので、いよいよ本格的な雨のシーズンを迎えることになりそうです。

今年は昨年より一週間ほど早くブドウ(ピオーネ)が開花したことから、5月14日に無種子化のためのジベレリン処理を実施し、その後10日間ほど経過してから2回目のジベレリン処理として果粒肥大促進のための処理を終えていましたが、ここにきてどの房の果粒も順調にそだってきました。

150606budou1
ブドウを育て始めて昨年で2回目の収穫をしましたが、何分にも育て方の本質が分からないままだったことから市販されているような大粒なものを収穫ができませんでしたが、どうやらジベレリン処理による果粒肥大の促進の他に、150606budou21房あたりの果粒数を40粒程度として果粒が押し合わずゆったり生長できることが重要だということで、早速その作業を実施しました。
昨年も僅かには摘果はしましたが、貧乏人根性が先に立ってあまり多くを摘果しませんでしたので、今年は写真の2房で50粒ほど摘果してかなりゆったりさせたつもりですが、まだまだ貧乏人根性は抜け切ってはいないかもしれません。(笑
150606budou3_2摘果したものをナイフで切って無種子化が出来ているかどうか確認をしてみましたが、巨峰はほぼ100%近く無種子化しますが、このピオーネはどうやら6~7割程度のようです。
この他に巨峰がありますが、こちらはピオーネより10日ほど開花が遅かったのでもう少し先の作業となります。

夏野菜もいたって順調で、胡瓜をはじめピーマン、茄子などの収穫も始まっていますが、150606naganegi1ここにきて長ネギが本植付前の仮植えの出来るまでに生長したので、既に畝は準備してありましたので今日は石倉一本太ネギの植付をしました。150606naganegi2
この他にも赤ネギと遅くまで収穫の出来る汐止晩生ネギがありますが、どうしたことか汐止晩生ネギは発芽率が大変悪かったことから2度蒔きをしましたので、仮植えはもう少し先になりそうです。

前回のブログに掲載してから10日ほど経過しましたが、スイカの小玉ラグビー150606suika1蔓もすくすくと順調に伸び、その後雌花への授粉も進んで既に幾つかの玉が着果してきていて、かなり大きく育ってきているものもあります。
150606suika2ところで大玉スイカの原種ということで頂いた種から育てているスイカも5月9日に定植した以降順調に育っており、ここにきて面白い形をしたスイカをつけた雌花が見えはじめてきました。
冬瓜に似た少し長いスイカだということで、それらしき形をしていますが、受粉の関係で開花の日に雨が降らないことを願うばかりです。

|

« 夏野菜の手入れと最後の定植 | トップページ | スイカの花粉の雨除け対策 »

コメント

 菜園も バラ園も 果樹園も 着々と完成期に入られた様子を拝見しました。
 ジベレリン処理も 二度かけるするとは知りませんでした。 きっと 銀座のセンビキ屋から仕入れに来るでしょう。 写真を拝見して 素晴らしい出来に 感心しております。
 ネギも成長が早いです、うちの葉ネギはまだまだ仮植えには至っていません。

投稿: 菜園ブログ | 2015年6月 7日 (日) 13時37分

こんにちは。そちらは梅雨入りということで、雨には困らないですね(降り過ぎは困りますが)。こちらは晴天続きで雨が有難いことを実感しています。
ブドウにジベレリン処理の時期が来ましたか。今年も美味しいブドウが採れると良いですね。昨年はハクビシン対策が確立したので害獣対策は大丈夫ですね。

投稿: kikumal | 2015年6月 7日 (日) 18時08分

菜園ブログさん>
野菜や果樹作り、バラの育成等々は管理できる範囲での少数での植付を良しとしていますが、それでも最近では管理が大分しんどくなってきました。(笑
ブドウのジベレリン処理は品種によって希釈濃度が異なりますが、この辺の詳しいデータが少ないために巨峰は毎回無種子化ができますが、ピオーネは糖度が高く美味しいのですが無種子化が手探り状態で中々上手くいっていません。

投稿: waka3 | 2015年6月 7日 (日) 23時38分

kikumalさん>
当地も今日梅雨入りしたと報じられましたが、願わくば出来るだけ空梅雨となって欲しいものです。
ブドウは今年で3回目の収穫となりますので、昨年を上回るような大粒な果粒を目指していますが、今までは貧乏根性で中々人房あたりの果粒数に摘果できず中粒となってしまいましたが、今年は市販並みの大きさを目指したいと思っております。

投稿: waka3 | 2015年6月 7日 (日) 23時50分

ピオーネ楽しみですね。とても羨ましい景です。屋根があるんですよね。買ったピオーネも確か種が入っていたと思いましたが・・・大胆な摘果をするのは勇気がいりますねhappy01我が家の桃も八割の実を落とすくらいでないと・・・なのに実際はなかなか落とせないです。ですから、もう花を楽しむだけでもと心許ない我が家の果樹栽培ですweep
大玉スイカの原種は冬瓜のような形なのですか。興味津々です。

投稿: kimama | 2015年6月 9日 (火) 23時34分

kimamaさん>
ピオーネは昨年よりも大粒で、どの房にも果粒のない良い出来となっていますので、いよいよこれからの管理次第で昨年よりも更に良いものが収穫できそうなのでとても楽しみにしております。

原種という大玉スイカの種の出処の方とお会いでき、どんなものかが分かりました。
全く冬瓜と同じような形と大きさで、果皮の色合いも緑色の冬瓜と同じようで、果肉は黄色だそうです。
糖度が大変高いということですので、今からが楽しみですが、大きくなりかけた途中でスイカに触ると蔕の部分から切れ落ちてしまうためとてもデリケートな取り扱いが必要なようです。
昨日初めての人工授粉が無事済んで、今日見た限りでは着果が成功したように思います。  収穫が今から待ち遠しくなってきました。(笑

投稿: waka3 | 2015年6月10日 (水) 20時32分

ぶどう、夏野菜も順調に育っていますね。
こちらは柿、さくらんぼ、杏、梅、等々さっぱりとなりました。
気象の関係でしょうか、菜園はまぁまぁですヽ(´▽`)/

投稿: sakura | 2015年6月11日 (木) 09時05分

sakuraさん>
3年目で何とかブドウがそれなりに育てられるようになってきました。
今年も孫たちに楽しんでもらえたらと思って頑張っています。(笑
こちらも梅雨に入って、今のところ適当なお湿りとなってくれていますので野菜にとっては至極順調です。
雨が多いと病気が出ますので、できれば空梅雨の終わって欲しいものと思っております。

投稿: waka3 | 2015年6月11日 (木) 15時23分

ようやく梅雨入りですね…前回の「お姫様」あれからどの位になったかしら?このトウモロコシの植え時も上手くしたもので、実着き時に雨が必要な時期になってるのも面白いですね!♪ 葡萄、スッキリ摘みましたね、取った実はどうしました?長葱も植え時を迎えましたか、大玉西瓜、向かい合わせ良いですね、こちらも実着きに一役かう配置で、小玉もう食べた?この大きさからすると…何処かの産地でジュースにして、そのまま味付け無しで煮詰めてジャム風にしてましたが沢山取れたら…する時は、、かなり煮てましたから火の用心してね! (笑)…シーソー温度で参りますね、合わせれません!(◎_◎;)

投稿: ai | 2015年6月14日 (日) 08時26分

aiさん>
トウモロコシは徒長苗だったことから大きくはなってきましたが、所詮ヒョロヒョロっとした太さに育っていて、果たして実をつけてくれるものやら未だに心配なところです。
ブドウはかなり摘果したつもりですが、果粒が大きくなってくるにつれて、その後も摘果を続けていますので、最初のころに比べて一房あたりの果粒数はほぼ半分程度の数に減ったように思います。
スイカは最初に着果したのが5月24日でしたので、初物が収穫できるのは今月末ごろになるでしょうか。
少し嫌なことですが、最近この界隈に2本足の頭の黒い悪さ者が頻繁に往来し始めて作物の東南被害が出ています。
この悪さ者には手の打ちようがないので困っております。

投稿: waka3 | 2015年6月14日 (日) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏野菜の手入れと最後の定植 | トップページ | スイカの花粉の雨除け対策 »