« スイカの花粉の雨除け対策 | トップページ | 長雨にチョットうんざり »

2015年6月26日 (金)

胡瓜の接ぎ木

梅雨も真っ只中とはいえ、野菜に優しい降雨があるだけの天気でずいぶん助かっておりますので野菜も順調ですが、雑草もすごい勢いで伸びています。

以前ブログにも掲載した胡瓜がいまだに頑張って収穫が出来てはいますが、それほど長期に継続した収穫も望めないことから、第2弾としての胡瓜の苗を植え付けようとしましたが、この時期になると種苗店の店頭からは地這い胡瓜の苗を除いて姿を消してしまいますので、胡瓜の種を購入してきたついでに接ぎ木胡瓜にチャレンジしました。
6月8日に台木用としての鶴首カボチャ、11日に穂木の胡瓜(北進)の種を播種しておきましたが、それぞれ順調に生長してきたところで150626kyuri22日に1本、24日に2本の接ぎ木をしましたので、写真で接ぎ木の手順をアニメで現わしてみました。
鶴首カボチャは日本カボチャ品種で、今までにも殆どウドンコ病に罹ったこともないほどの大変樹勢の強い品種で台木としました。   ちなみに接ぎ木用クリップは種苗店からいただいたものです。

接ぎ木をしてから今日で最初の1本が4日、残りの2本が2日と僅かな日数しか経過しておりませんが、それでも最初の1本が萎れたり枯れたりすることもなく、10日から2週間も経過すれば穂木のキュウリの茎と台木の鶴首カボチャの双葉を切り落として接ぎ木は出来上がるようですので楽しみにしております。
2週間後くらいには畑デビューできると良いのですが・・・・。150626kyuri_2ちなみに失敗した時のことを考え実生の胡瓜の苗も育てています。(笑

大玉スイカが順調に着果

スイカの原種だということで種を頂いて育て始めましたが、今までに見たこともないようなスイカが着果して、ここにきて大きくなってきました。
最初は見るからに細長くて貧相な生り花(雌花)で、一番花は6月9日に開花して150626suika1受粉をし着果したかに見えましたが、5日も経過した頃に蔕の部分から黒くなって落ちてしまいました。
その後12日に開花した雌花は授粉作業の甲斐あって一週間を過ぎた頃に着果が確認され、150626suikaその後は僅か数日でびっくりするような速さで大きくなってきていると同時に、果皮の色や形状が開花前に見た時のものとは全く異なったものとなってきました。
このスイカは最近見かけるようになった果皮が黒っぽい色で、形は全く冬瓜と一緒の形をしていて、果肉は黄色く糖度が大変高いということのようですが、着果後40日くらいでの収穫ができるとのことですので、来月の梅雨明け頃が楽しみです。
私の推測するにはスイカの原種ということではなく何れかの土地で栽培されてきた固定種・在来種ということではないかと思いますが、このことについては今少しこれからの様子を見ながら調べてみようと思っています。

採種用タマネギのネギ坊主の摘み取り間近

5月16日のブログで受粉のことを取り上げましたが、昨年の10月1日に種採り用として保存しておいたタマネギを植えつけてから、既に半年以上を経過し授粉の時期も何とか乗り切って、いよいよネギ坊主の摘み取り時期を迎えました。
150625tamanegiネギ坊主は全部で10個ほどありますが、人工授粉が上手くいかずに種の出来の悪いものも出てしまいましたが、授粉の上手くいったネギ坊主が1個あれば有り余るほどの種子の採種が出来ますのであまり心配をすることはありません。
写真は3日前に撮影したものですが、今少し包皮の色が黄ばみ始めた今月末頃に摘み取り、風通しの良いところで乾燥させてから採種して、今年の秋の播種として使用することにおなります。

|

« スイカの花粉の雨除け対策 | トップページ | 長雨にチョットうんざり »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
そちらは今朝は梅雨の中休みでしょうか。こちらはやっと梅雨入りしました。例年よりも3週間遅いそうです。やっと恵みのまとまった雨になりました。ただ今日の予想最高気温が14℃と異常に寒いようです。
接ぎ木の苗は自分では作ったことがありませんが、写真を見る限りでは簡単そうです。今後の写真を楽しみにしています。
また、スイカの原種ではどんなスイカが採れるのか楽しみですね。収穫の際は、外観と中身をブログにアップして頂きたいと思います。

投稿: kikumal | 2015年6月28日 (日) 04時54分

kikumalさん>
3週間も遅い梅雨入りとは、どうやら今年の夏は少し短くなってしまうのでしょうか。
接ぎ木の苗作りは今までにあまり上手くいったことがありませんでしたが、どうやら苗の生長過程での実施するタイミングを選択することが重要であることを知りましたので、そのタイミングで実施してみましたが、今朝確認したところでは接合した個所の融着が進んできているように思いますので結果は一週間後くらいには分かるものと思います。
大玉スイカは1日経過する度に大きくなっているのがハッキリ分かりどれほどの大きさになるのかとても楽しみです。
収穫の際にはブログでアップさせていただきます。

投稿: waka3 | 2015年6月28日 (日) 10時07分

Qの接木又、やりましたね! …あの時aiは失敗しましたがwakaさんは前回、成功してるから大丈夫でしょ! でも備えもしないと6月からのQが食べれなくなるからね?(^^;; コレ?意外や間際になって、ダメ、ハンコが来るから嫌になるよね?(笑)
西瓜の原種って?…aiが失敗した黒丸爆弾西瓜(あのPCの上に乗せて写真撮った時の)を、長くしたみたいな??海外の西瓜や果物系は、この楕円長が多いよね? 🎶コロコロ廻して〜廻して〜♪皮の薄い甘い美味しい🍉なればいいですね? (^_−)−☆ 切口見せて下さい、待ってま〜す🎵

投稿: ai | 2015年6月29日 (月) 14時15分

aiさん>
22日に接ぎ木をしたものは接ぎ木をして接合した部分の肉が盛り上がってきて融着できたのが確認できたので、もう大丈夫だと思いますので2日後辺りに本葉が2枚出揃ったところで、台木の双葉とキュウリの穂木の下の部分を切り離してみようと思います。
黒っぽい色をした丸いスイカは最近見かけるようになりましたが、長ひょろいスイカは珍しいですね。
今日で受粉後18日を経過しましたが、球の大きさは20cmを超しました。
35日くらいで収穫ができるものと思いますが、果たしてどのくらいの大きさになってくれるのか、今からわくわくしてきます。(笑

投稿: waka3 | 2015年6月30日 (火) 14時07分

キュウリの接ぎ木のアニメーションを拝見して・・・あ~私には到底無理と思いました。器用でないとねぇ。指も太いしwobbly自根の苗と接ぎ木の苗との比較も面白そうですが・・・。
スイカの原種も十日で14㎝とは発育が良いのですね。横長のスイカを去年確か切ったような記憶が有ります。丸くないので戸惑ったような・・・とにかく興味深々です。ネギ坊主も人工授粉とは驚きです。虫の多い当方では思いもよりませんでした。1個から相当の種が穫れるのは納得ですが・・・。

投稿: kimama | 2015年6月30日 (火) 21時22分

kimamaさん>
この接ぎ木の方法は「寄せ接ぎ」というようですが、キュウリの苗はあまり太くなってくれませんので最初はかなり難しいと感じましたが、良く切れるカッターナイフであまり深く切り込みを入れない限りは問題なく接合が出来ましたので、どなたでも比較的簡単にできるように思います。
丸い黒皮のスイカや縞模様の横長のスイカはこちらでも見かけることはありますが、黒くて横長で果肉が黄色ということですので今から興味津々です。
果たしてどのくらいの大きさになってくれるのかこれもとても楽しみです。

投稿: waka3 | 2015年7月 1日 (水) 16時01分

「寄せ接ぎ」と言う方法ですか、過程を始めて見せていただきました。 台木も穂木も それぞれの根を着けたまま接合作業をするようですね。 切り込みのシャープさ それぞれの位置、手先の器用な方でないと 自分では無理かも知れません。
 これからの成育を見せていただくのが楽しみです。

投稿: 菜園ブログ | 2015年7月 5日 (日) 22時02分

菜園ブログさん>
胡瓜では芽接ぎという方法もあるようですが、接ぎ木処理をした後での湿度や温度管理が重要とのことで、比較的安易な芽接ぎを選択しました。
切込みについてはそれほど難しいとは思いませんでしたが、その後の両方の苗の接合とクリップの取り付けの方が難しかったですね。

投稿: waka3 | 2015年7月 6日 (月) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイカの花粉の雨除け対策 | トップページ | 長雨にチョットうんざり »