« 薔薇のシーズン到来 | トップページ | 夏野菜の手入れと最後の定植 »

2015年5月16日 (土)

タマネギの受粉の時期

このところ早くも台風がやってきたり、かといえば一気に真夏日が訪れたりと今年もおかしな天候で心配は尽きませんが、150516tamanegi15月に入ると種の採取用に育てていた在来種のタマネギのネギ坊主が見る間に大きくなり始め、ここにきてボンボリの直径も9cmほどにもなって開花が始まってきました。
タマネギは自家受粉がし難いことから人工的な授粉をすることが150516tamanegi2必要で、昨日の段階では開花したというものの、雄しべの先の花粉はまだ粉状にまでは至ってはおりませんが、粉状になった場合には雨などでとても流れ易いことから、翌日には天候が崩れるとの予報でしたので大急ぎで雨除け対策としての屋根を付けました。
案の定、今朝起きてみると昨夜からそれほどの雨ではないにしても降りはじめていたようで、結果的には午前中は降ったりやんだりのお天気でしたが、雨除けの屋根を施しておいたことから既に粉状になりはじめてきた花粉への影響はありませんでした。
明日は天気も良くなるようですので、人工授粉のお手伝いをしようと思います。150516tamanegi3
ポポーの受難

ポポーの花が咲いて9分の1の確率で着果したというところまでは良かったのですが、その後どうしたであろうかとタマネギの雨除けを施す前に確認をしてみたところ、葉の茂みの中をあちこち探してみましたが見つからず、地面を見るとは果柄部分から朽ち落ちたポポーの実が落ちて点在していました。  
残念ではありますが更に生長するであろう来年に期待したいと思っています。150515popo
月下美人が今年も咲いた


昨年の月下美人の開花は6月23日が最初でしたが、今年は冬の間を温室の中で育ててきたことから例年よりも早く花芽を見ることができ、2週間前には1cm弱だった花芽がグングンと伸びはじめて、夕方から開花がはじまって8時過ぎには満開となり、昨年よりも1ヶ月以上も早い開花となって芳香を漂わせています。150516gekkabijin月下美人は面白いことに普通の草花のように、花蕾が次々と膨らんできては開花するというのではなく、花蕾が出はじめると同じ時期に複数個であればその花蕾は1日か2日の間で一堂に開花するといった性質を持っていて、更に月齢が満月や新月の近くで咲くと言う性質をあわせ持っているようです。
我が家には2つの鉢があって、一つは花蕾が10個、もう一方は6個が今回の開花対象となりましたが、それぞれの鉢に2個と4個の合計6個が今夜開花しました。
残りの10個は花蕾の状況から明日の夜に開花するものと思いますが、月齢カレンダーでは18日が新月ですので、前述したようなこの時期での開花となりました。

(追記 : 5月18日)    月下美人の開花2日目

昨日開花した時の2鉢の残り10個の花蕾がすべて昨夜開花しました。
と、同時に大変珍しいことかと思いますが、同じ日に一緒に一鉢づつ育てている白花と緋花のクジャクサボテンも開花しました。
残り10個とあまりにもたくさん咲くと芳香もどちらかというとかなり強香で狭い部屋では匂いが強過ぎますので、この日は屋外での鑑賞でした。(笑150517gekkabijin次回の月下美人の開花は既に花蕾が大きくなってきていますので、次の満月を迎える6月3日頃となるでしょうか。

|

« 薔薇のシーズン到来 | トップページ | 夏野菜の手入れと最後の定植 »

コメント

や〜。。ポポー残念です…楽しみにしてましたが、もうこの後、今年花が付く事はないのですか?
玉葱の種の採取、ここまで大事に採っていたんですね〜、確かにどの花粉でも雨に流れてしまうのは…玉葱も同じなのね? aiは昔、適当に取ってましたが? (恥)^^;
月下、分散で咲きましたか? 一鉢で10個以上咲くのは、そうある事じゃないのかな?? でも外額が赤く元気に咲いているのを見ると、栽培者の手が見えますね! 見せて戴いて、ありがとう! 我が家は、1個でも咲いてくれたらな〜と、僅かな期待を (笑)

投稿: ai | 2015年5月16日 (土) 22時48分

玉ねぎは受粉のための対策に屋根とは恐れ入りました。どこまでも御丁寧な栽培に圧倒されます。受粉に役立つ虫が少ないのでしょうか??
月下美人も今年は早く訪れたのですね。次々の開花も楽しみですね。とても立派で素晴らしいです。ポポーは残念でしたが一年後はそれだけ木がしっかりするでしょうから来年に期待を寄せます。

投稿: kimama | 2015年5月16日 (土) 23時02分

おはようございます。
玉ネギの花、初めて見ました。その大きさには驚愕です。大きいものなのですね。2枚目の写真を見て、その背の高さにさらに驚いています。ネギと同じような感覚ですと、簡単に折れてしまいそうですが大丈夫なのですね。普段見ることは出来ない玉ネギにイメージが変わりましたよ!
ポポーの実は残念でしたね。来年に期待です。

投稿: kikumal | 2015年5月17日 (日) 09時45分

aiさん>
ポポーの実が落ちていたのを見つけた瞬間力が抜けてしまいました。
来年は気も大きくなることでしょうから期待したいと思っています。

タマネギのネギ坊主は「長ネギ」などにできるネギ坊主とは大きく違って、写真でも分かるように一つ一つの個体が開花して雄しべに花粉が付きます。
長ネギのネギ坊主は放っておいても種の採取ができますが、タマネギの場合は人工的に授粉をしない場合には殆どといって良いほど種が出来ないままで終わってしまいます。

月下美人の昨日咲かなかった花蕾が、この時間でかなり膨らんできましたしたので、残り全部は今晩の開花となります。
今夜は赤と白のクジャクサボテンと揃い咲きになりそうですよ。

投稿: waka3 | 2015年5月17日 (日) 11時27分

kikumalさん>
私は詳しい生態系については良く分かりませんが、長ネギのネギ坊主は先端がとがっていて個体が開花するということがありませんが、ここが大きく違う点ではなかろうかと思います。
タマネギの茎は長いものでは1m以上にもなりますので強風によって根元から折れたりしますので、、写真でもお分かりのようにネギ坊主が出はじめたころにネット張って倒れ防止のための対策を必ず実施しています。
ポポーは来年再チャレンジです。(笑

投稿: waka3 | 2015年5月17日 (日) 11時40分

kimamaさん>
タマネギは自家受粉がし難いために地域によっては室内の中にミツバチなどを入れておいて受粉させるということもしているようですが、当地域の専業農家さんでは柔らかな毛羽だったホコリ取りのようなものを使って、一つ一つ丁寧に授粉をさせていますが、私は数が少ないので手のひらを丸めて軽~く全体を撫で回して人工的な受粉をしています。

ポポーは来年皆様にお見せできると良いのですが・・・。

投稿: waka3 | 2015年5月17日 (日) 16時13分

流石に、月下の花蕾は大っきいね〜ー! 右の花が特別大きい🎶1ヶ月以上も早いって事は、今年も季節が前倒しで1年が過ぎるのかも知れませんね?…wakaさんの所は暖かいから元気に開いてますね?… 家の月下、プチプチ、見えてますが、まるで考え中みたいに先に進行しません、、のんびり1個でも咲いてくれたらと待ちます。(笑)

投稿: ai | 2015年5月20日 (水) 15時03分

aiさん>
月下美人の花の大きさはどれも大きさの違いはありませんでしたが、写真を写した位置の関係でそのように見えるのだろうと思います。
昨年よりも1ヶ月以上も早かったのは温室の中の気温が下がらないように対策をしたことが効果があったもので、エルニーニョの影響じゃありませんのでご心配なく・・・。
どうやら花蕾が見え始めてきたようですので、これからが楽しみですね。

投稿: waka3 | 2015年5月20日 (水) 19時18分

玉ねぎの花って大きいのですね。10㎝のボールですか・・・それに月下美人は一ケ月も早く開花というのもびっくりです。クジャクサボテンも月下美人もその輝きに見とれてしまいます。さらに香りも楽しめるなんて素晴らしい花ですね。

投稿: kimama | 2015年5月24日 (日) 20時20分

kimamaさん>
長ネギのネギ坊主は先端がやや尖っていて大きさもせいぜい最大で5㎝程度ですが、タマネギはご覧のように全く違った形と大きさになります。
月下美人はやはり温室での保温効果が開花を早めたものと思います。

投稿: waka3 | 2015年5月25日 (月) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薔薇のシーズン到来 | トップページ | 夏野菜の手入れと最後の定植 »