« 啓蟄も過ぎて | トップページ | 菜園、いよいよ本格稼働 »

2015年3月15日 (日)

爆弾低気圧による思わぬ出来事 

つい先日の北海道方面に発達した爆弾低気圧の影響で冷え込むとは思ってはいましたが、何と11日の朝方に氷点下近くまで気温が下がったことで8日に露地に150315kyuri定植をしたキュウリの苗が凍傷に罹ってしまいました。
翌日も冷え込むということから外気温ができるだけ伝わらないように対策は施しはしてみたものの、最初に罹った凍傷は以外にも重傷であったようで上の方の葉から枯れ始めて、今朝見ると中段下段の葉も黄色くなってきており、取りあえずはこのままトンネルキャップをつけたまま様子を見ようとは思っていますが、残念ながら多分枯れてしまうのではないかと思います。
ジャガイモはまだ芽が出ていませんでしたので問題ありませんでしたが、キュウリの葉も寒さには大変弱いことが分かりました。

この記事は3月8日の「啓蟄も過ぎて」の記事に3月15日に追記したものを改めて後日切り離して掲載したものです。

|

« 啓蟄も過ぎて | トップページ | 菜園、いよいよ本格稼働 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啓蟄も過ぎて | トップページ | 菜園、いよいよ本格稼働 »