« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

スナップ豌豆の支柱立て

あっという間に1月も今日が最終日となってしまいましたが、例年であればこの時期としては晩夏から秋にかけて種蒔きをしたり定植をしておいた野菜の収穫のために菜園に出向くことくらいでしたが、150130endou1この時期に収穫のできる野菜とは別に少し離れた場所に昨年10月30日に種蒔きをして、その後に苗の生長に合わせて防風ネットで風除け対策をしておき今まであまり見回ることもなかったスナップ豌豆に白い花が咲いているのに気がつきビックリました。
同じ時期に種を蒔いた蔓なし絹さや豌豆はスナップ豌豆に比べて150130endou3草丈も短く開花するような兆候はまったくなく、過去にスナップ豌豆の花がこの時期に開花したという記憶もなく、例年ならばスナップ豌豆の収穫は早くても3月末頃でしたので、どうしてこのようになったのかは分かりませんが、このままでは2月に入って寒さが緩むとあっという間に蔓が延びはじめてくることから大急ぎで支柱を立ててネットを張っておきました。150130endou2
2月に入ればいよいよ夏野菜の種まきが始まりますが、夏の時期の気温が温暖化の影響でしょうか年々上がってくる傾向にあり、昨年はトマトがことごとく早い150131kyuuri収穫と撤収時期を迎えてしまったことから、今年は少し遅い種蒔きをしようと思っていますが、この冬に温室で育てている中玉のスタピストマトが未だに順中に収穫ができていることから、1月7日に胡瓜(夏すずみ)の種を蒔いてみたところ順調に育ち本葉がかなり大きくなってきました。
この調子でトマト同様に一足早い胡瓜の収穫に結びつくと良いのですが・・・・。

この他には四季蒔きキャベツ結球レタスの苗も温室の中で順調に育っています。

| | コメント (8)

2015年1月12日 (月)

果樹とバラの剪定

年が明けて今年も果樹やバラの剪定の時期となりましたので、今日は天気も良く果樹はイチジクブドウ(巨峰、マスカット)の2種類と全てのバラの剪定をしました。

バラは大きく育ててたくさんの花を楽しむ方法もありますが、強い風や雨にはあまり強くないという弱点もあることから、当地では比較的に風や雨による影響を受けやすいこともあって、私はどちらかというと小さく育てて楽しむための強剪定を選択していますが、今年も同様な方法での実施としました。150112sentei1
イチジクは昨年伸びた枝を生え際の部分から1芽だけ残して小さなノコギリで切り落とすという単純なものであっという間に終わってしまいました。
さて、ブドウの剪定についてですが、ネットで剪定について検索すると色々な方法150112sentei2(付け根部分から切る、脇枝の1芽を残して切る、2芽残して切る等々)が書かれており、昨年は初めての経験でもあって付け根部分から芽を伸ばすという選択をしましたが、今年は2芽残して発芽した以降に優勢枝を伸ばすという方法を採用することにしました。
バラとイチジク、ブドウの剪定を終え、まだ柿の木の剪定が残っていますが、こちらは脚立を使用しての剪定となりますので後回しとして今日の作業は終えました。

今年も悩まされそうな小動物被害

最近まで何処に行ったんだろうと思うほど見かけることが少なかったヒヨドリが、食べる物が少なくなってきたこともあってでしょうか、再びこの界隈にも出没しはじめてピーピー言いながら我家の庭木にも飛来するようになりました。
昨年はあまり実を付けなっかた温州みかん(青島4号)が知らない間にその大半が鳥どもに突っつかれて見事に食い荒らされてしまい口に入ったのは僅かだけで、今年は30個以上もの実が付いて熟したものから既に10個ほどは収穫をしましたが、昨年の二の舞を150112mikan1防ぐために早くからネットを上から覆っておきましたので安心していましたが、3日ほど前に一つはミカンをもぎりとってから皮を破って中身を食べてあり、もう一方は枝の先についたままで皮が破られ中身だけが食べられた2ヶ所の痕跡が残っていました。
ミカンは果皮は完全に黄色くはなっていないものの甘さは充分出ていることから、どうやら痕跡から昨年の夏に散々悩まされたハクビシンと疑って150112mikan2良いかと思いますが、対策として昨年トウモロコシの鳥害で使用し色あせたネットを下からの侵入を防ぐために張り巡らせたところ、その後の被害はなく前回食べ残っていたものが移動されていましたので、これで取りあえずは被害は回避したようですが、どうやら今年も大いに悩まれそうです。

| | コメント (12)

2015年1月 4日 (日)

今年初めての菜園仕事

明けましておめでとうございます。
皆様には清々しい新年をお迎えになられたことと思います。
どうぞ本年も稚拙なブログではありますが、よろしくお願いいたします。

さて、元日の朝は6時過ぎに起きると予想通りの曇り空、例年欠かしたことのなかった初日の出詣でも、今年はテレビ画面での初日の出詣でとなってしまいました。(笑
例年正月飾りは玄関先の松竹梅一対の門松とドアのしめ飾りでしたが、今年は暮れに作った手作りの花の寄せ植えの他に、30鉢ほどの数々の色のジュリアンやパンジー鉢植えや露地植えをしましたので、何時もより少しだけ華やかになりました。150104yoseue
今日は風もなく穏やかな一日となりましたので今年初めての菜園仕事をしました。
150114yasai1この時期でもキャベツにはどこから這い出てくるのかアオムシが見受けられますので、11月末に定植をしておいた四季蒔きキャベツ150114yasai2追肥作業と防寒とこの先のアオムシ除けを兼ねてのマルチシートでのトンネル掛けと10月23日に播種した食用菜の花のも追肥を施し密植している部分の間引き作業をしておきました。

150114yasai3まだまだ寒さはこれからが本番を迎えますが、10月9日に播種をしてあった2回目の150114yasai4総太り宮重大根りもだいぶ太くなって間もなく収穫が出来るようになりますが、寒さには強いといわれるニンニクの茎も早くも小指以上の太さとなってこの冬空の下で元気に育っています。

年末に一つだけ収穫のできた中玉のスタピストマトですが、その後も順調に150114tomato育っており現在では予想もしなかった5段花房の開花も始まってきており、1段花房のトマトは2個目の収穫も間近で、2段3段花房のトマトも日に日に大きくなってきてはいますが、矢張り夜間の寒さの影響でしょうか夏の時期のような大きさを望むことは無理なようです。

| | コメント (16)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »