« 9月の菜園 | トップページ | 赤そばの花を見てきました »

2014年9月14日 (日)

だいぶ涼しくなってはきましたが・・・

ここ一週間ほどは秋晴の好天気が続いており、気温も日中は30℃前後とまだまだ残暑は続いており、鍬を持って菜園に立つとすぐに汗ばむほどです。
とはいっても、するべきことの手を抜くと正直なもので野菜の収獲にはその影響が出てきますので追肥や土寄せなどといった作業を欠かすことはできず、今日もだいぶ大きくなってきた秋作のジャガイモの芽欠きと追肥をしてから土寄せをしました。140914jagaimo
140914daikon8月29日に種蒔きをしたホウレン草も本葉が4~5枚となってだいぶ大きくなり、同じ29日に種蒔きをした大根(総太り宮重)や食用菜の花もそろそろ間引きの出来るところまで成長してきました。
140914hakusaiほぼ同じ時期にこちらはポットに種蒔きをしたミニ白菜四季蒔きキャベツ(中早生2号)は本葉が出てきたもののまだまだ定植する迄には至っておらず、早くても10月10日前後といったところでしょうか。

例年なら8月20日前後には収穫の出来る蔓首カボチャですが、今年は種の蒔き時を大きく遅らせてしまい、ここにきてやっと少し黄ばんできました。
140914kabocha一緒に写っている丸い菊座模様のカボチャは10日ほど前に収穫した同じ日本カボチャ品種の三毛門カボチャですが、蔓首カボチャも同じような色になってきた頃に収穫となりますのでまだまだ先のことになりそうです。   ちなみに三毛門カボチャが4.1Kgで、蔓首カボチャは持った感じでそれよりもずっしり重い感じでした。
いずれも栗カボチャなどの西洋カボチャ品種と違い煮付け用としてではなくスープ用として用いられるカボチャです。

このブログで再三にわたって登場する月下美人の話題ですが、ここ3日ほどで花蕾の萼片の長さが5~6cmもあっという間に伸びて17cm程にも伸びてきたものが4つほど見受けられますが、この時期であれば5日後あたりの9月19日前後に開花が、そしてその周りにも6cm程に伸びてきたものが14個も見受けられますが、こちらは9月25日前後に一斉に開花することと思います。140914gekkabijin1
140914gekkabijin2今回の花蕾の中で面白い萼片の形をしたものを見つけました。
葉の付け根の部分が普通の花蕾の萼片の形と違って、太い葉脈のあるまったく葉と同じような形をしており、通常では筒状になっていますが、これは何かの突然変異のような気もします。
一日での開花最高数は7月14日の11個ですが、次々回の開花は果てさて・・・。

|

« 9月の菜園 | トップページ | 赤そばの花を見てきました »

コメント

 Wakaさん、おはようございます。
 そちらはまだ暑い日が続いているようですね。30度前後だと、こちらだと真夏の暑さですよ。こちらは最低気温が13度まで下がり、随分と寒く感じています。薪ストーブに火入れする時期になってきました。
 畑の方はジャガイモもホウレン草も順調のようですね。そちらはまだ土が乾いていて、水やりが必要そうです。こちらは気温が低くなってきているので、土が乾きません。お陰様で水やりの心配は無くなりました。
 カボチャは面白い形をしたものを作られていますね。蔓首カボチャはトロンボンチーノのようです。三毛門カボチャは写真ではよく見かけますが、この辺りでは作っている人はいませんね。日本の原風景に出てくるようなカボチャです。

投稿: kikumal | 2014年9月15日 (月) 08時43分

kikumalさん>
こちらも朝晩は随分涼しくなってきましたので、畑の水やりの回数は減ってきました。
もうこの時期で最低気温が13℃まで下がったようですが、こちらでは暖房という言葉を口にするのは11月に入ってからのことでしょうか。

三毛門カボチャも鶴首カボチャも大変歴史の古いカボチャで、特に三毛門カボチャは日本に伝来してきた最古のカボチャとも言われているようで、日本では福岡の三毛門地方で栽培されているようです。

投稿: waka3 | 2014年9月15日 (月) 22時31分

夏の終わりを告げる、かぼちゃ類ですが?鶴首とスクナって形が似てますね?白菜、大根は以前より数を減らしたかな?、aiも菜ばな蒔こう!delicious
いやはや、その月下はeye凄いの一言ですね!…その枝状から蕾に変化して行ったのは、その辺りに肥料の追加か、陽射しの向きを変えたりしませんでしたか?、そんな事が結構、影響も…で〜も咲いてくれたら何だっていいですね?…悔しさも何処か、吹っ飛んじゃいましたflag

投稿: ai | 2014年9月17日 (水) 12時43分

aiさん>
いえいえ、鶴首とスクナカボチャは長いところだけはやや似てはいますが、大きさや重量の他に収穫時の色を含めて並べると似ても似つかわないと思いますよ。
それに大きく違うところは鶴首は日本カボチャ品種で、スクナは西洋カボチャ品種なんです。

月下美人は花蕾がついた以降は液肥を2回ほど与えただけで、固形肥料は使用していません。
鉢も玄関先に出しっ放して開花時に家の中に入れるだけで、今年は一日中太陽に当たるところでそのまま放置した状態で殆んどノー管理した。
萼片が昨日から曲がってきましたので2日もすれば開花かと思います。

投稿: waka3 | 2014年9月17日 (水) 21時08分

ホウレン草、ジャガイモ、大根、キャベツ等々万端整いましたね。
収穫が楽しみの事と思います(実りの秋になりそうですネ(◎´∀`)ノ

投稿: sakura | 2014年9月18日 (木) 18時15分

sakuraさん>
まだまだ残暑は続いておりますが、それでも今年は昨年に比べると秋の訪れは少し早いような気がいたします。
秋作野菜の植え付けもだいぶ進みましたので、残る大仕事は10月中旬でのタマネギの植え付けといったところでしょうか。

投稿: waka3 | 2014年9月18日 (木) 19時57分

三毛門、蔓首カボチャが綺麗な実になっていますね、女房に画像を見せたら、きっと奥さん料理が上手なんだねと言っていました。秋じゃが、大根が活き活きと育っていますこと、大根双葉の形がいいですね。waka3、こちらの大根で間引いていたら子葉が3枚付いてるのも有りました、こんなの初めてです、無条件で育てることにしました。

投稿: くんぱん | 2014年9月19日 (金) 04時39分

日本カボチャはスープ用ならいいでしょうが、ぺちゃですよね。やはりホクホク系に目が行ってしまいます。栗のようなカボチャが多くなりました。それにしても三毛門カボチャの形は菊の紋章のようで日本的。立派なサイズと形に圧倒されます。
ホウレンソウは間引きの必要なさそうですね。どれも丁寧に種を蒔いておられて・・・野菜作りは特に手を掛けただけ応えてくれそうで素晴らしい育て方に感服してます。

また今夜あたり月下美人は咲くのでしょうね。変わった花蕾は果たしてどうなるのか、こちらも気になります。

投稿: kimama | 2014年9月19日 (金) 16時58分

くんばんさん>
三毛門カボチャはだいぶ前に収穫したものですが、鶴首カボチャもこの色にならないと収穫が出来ませんので、まだ2週間以上はかかりそうです。
このカボチャは料理できる範囲が少なく基本的にはスープがメインとなりますので、この調理は私の担当です。(笑
この他には原産地の九州では団子汁に使っているようですが、我が家では調理したことはありません。

大根はダイコンシンクイムシに少しやられそうになりましたので大急ぎで消毒して危うくセーフでした。
この時期は結構いろいろな虫が多くて困りますね。

投稿: waka3 | 2014年9月20日 (土) 16時00分

kimamaさん>
カボチャはホクホク系は食べきりサイズの西洋カボチャ品種の坊ちゃんカボチャ、スープ用には最近ではこれも九州地方で作られているという日本カボチャ品種の鶴首カボチャとしていますが、三毛門カボチャは日本最古のカボチャとも言われておりますので種子を残すために2年に一度だけ3個だけ収獲しその名掛かる一番出来の良いものから種を残巣だけのために栽培しております。
半分道楽のようなものです。(笑

ホウレン草は以前は間引きするようにしていましたが、間引きの手間より種が大きいことから僅かな時間でできますので少し感覚をあけて蒔いております。

月下美人は2日続きで咲きました。
咲き終わった花は甘酢漬けにして食べられるという方もおられるようですが、我が家では翌日根元から切り落して野のまま捨ててしまいます。

投稿: waka3 | 2014年9月20日 (土) 16時13分

今晩は。
今年は2個目の月下美人の花が今日咲きました。
いい香りの中で只今鑑賞中です。昨日咲いてくれたら
孫に見せられたのに一日違いで残念でした。
鶴首カボチャはスープにして最高だと思います。
Waka3から頂いて、その翌年栽培をした時、いいものが取れました。作り置きもしましたので暫く美味しいスープを
いただく事ができました。また菜園が出来てもいいようにと種は沢山とってあります。

投稿: 週末菜園人 | 2014年9月21日 (日) 20時51分

週末菜園人さん>
2個目の月下美人が開花したようですが、お孫さんに見せてあげられなかったというのは残念でしたね。
月下美人も同属のクジャクサボテンのようにせめて3日くらいは開花してくれると楽しみ甲斐もあるのですが・・・。

鶴首カボチャの保存用の種をお持ちのようですね。
カボチャの種は乾燥した常温での保存で2~3年と言われておりますが、冷蔵庫に入れておけま更にもう一年くらいは保存がきくと思います。
是非菜園の再開が出来るとよろしいですね。

投稿: waka3 | 2014年9月21日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月の菜園 | トップページ | 赤そばの花を見てきました »