« ブドウと鳥害 Part-2 | トップページ | そろそろ梅雨明け? »

2014年7月10日 (木)

ブドウの被害はどうやら小動物?

ブドウが食い荒らされてしまったのは、空中にぶら下がっている食べ物だけに鳥達の悪戯によるものであろうという固定概念からそれだけに焦点を合わせPart-2での対策を済ませこれで万全であろう思っていましたが、今朝もう一度確認に行ったところブドウ棚の下を見て唖然としました。
140710budou2140710budou1昨日上空からの進入防止は防鳥糸だけでは不十分であろうと思って若干網目の細かい防鳥ネットを張り巡らしたのもかかわらず再び食い散らかした跡とその近くに破れた袋がありました。

ここで思い出したのが、昨年8月に我家のネット囲いをして栽培しているイチジクが何者かに食い荒らされていたことがあり、鳥による被害ではないことから四方をどこからも進入できないように対策を施したことから被害を免れるようになり、結果的には犯人は特定するには至りませんでしたが、家内が今年は見かけてはいないようですが、昨年はイチジクの被害があった頃に庭を徘徊するシマリスや不明動物(ハクビシン?)を見かけたことがあり、この何れかではなかろうかと推測されます。

前述の小動物は何れも木登りは得意でブドウ棚も容易に徘徊することは可能なようですが、ハウスを作って完全に入り込めなくするには10数万の費用を掛けて作るしかなく、ちょうど台風8号も近づいてきていることもあって今回は支柱を登ってきても昨日使用して残っている網目の細かいネットを下側にも張る、ブドウの木を上って上がれないようにネットを張る、という2つの暫定対策を施しておきました。
140710budou3140710linek140710budou4








さてこれで小動物の悪知恵を上回って効果が出ると良いのですが、これでも駄目だということになれば少し金の掛かりそうなことになりますので頭の痛いところです。

台風8号が既に紀伊半島の被害沿岸上に達しているようですが、今のところ不気味な静けさです。  この付近は今夜半には通過をしていく見込みですが塩害台風とならないことを願うばかりです。

小動物?対策全く効果なし    (7月11日 am7:00 追記)

台風8号は海岸線沿いに近い遠州灘付近を通り千葉県の富津市方面に向けて進んでいきましたが、当地への通過時には風雨などは殆ど感じられることもなく台風による家屋や作物などへの影響は皆無で幸いなことでした。

さて、昨日のブドウ棚への対策の結果ですが、またまた食い荒らされて一袋が新たに破れてその下には中身を食べられた皮が散らかっており、これまでの対策はすべて効果のないことが分かりました。
昨夜の台風の影響で畑の土が雨に濡れて軟らかくなっていたことからでしょうか、140711asiato土の上にくっきりと小動物であろう足跡を見つけ、良く見るとその脇にも昨日のものではない足跡が同じような方向に向かって残っており、これが猫のものかどうかについては定かではありませんが、足跡の大きさからシマリスのような小さなものではく、疑って掛かるべくハクビシンの大きさとは合致するようにも思えます。

ネットでによる対策が不発に終わった今、次の対策としてはブドウ棚の支柱を登って進入すると考えられますので、如何にして金を掛けずに侵入を防ぐか方策は幾つか頭には浮かんではおりますが、小動物の悪知恵に屈してしまいそうです。(笑

|

« ブドウと鳥害 Part-2 | トップページ | そろそろ梅雨明け? »

コメント

最近は、珍獣を買った後、放置して(ワニガメとか)迷惑になってる事も多いですね?
足跡が大き目ですね?シマリスじゃないですね?狸みたいに一点集中した足跡ですから、でも体は余り幅が無さそうな?進み方が細く縦に進んでる感じですね?・・以前、作業した四角に下から上までの柵をした、そんな感じの形の防御にしないと無理かもね?・・で~も、あの作業じゃ大変ですしね?・・困りましたね。
台風は空振りのように過ぎて行ってくれて助かりましたが・・一極集中に遭われた方が気の毒・復活にも時間がかかるでしょうが・無理されないよう作業していただければと?・・

投稿: ai | 2014年7月11日 (金) 17時11分

aiさん>
台風はこちらもそうでしたが、関東地方もニアミスをしたにもかかわらず静かに通り過ぎて行ったようで良かったですね。

今日お隣のご主人にブドウが食い荒らされている話をしたところお隣はビニールハウスの中で栽培していますが、昨年入り口の扉が少し開いていたために小動物が食べにきていて逃げていくところを見かけたとのことですが、ハッキリとハクビシンとまでは断定できなかったようですが、ほぼ間違いなさそうだったとのことでしたので、今回の犯行も同じ動物と考えて良さそうです。
きっとどこかに住み着いているのでしょうが困ったものです。

月下美人は11個の花蕾のうち4個が赤くなって枯れてしまいました。
もう一方の月下美人にも2つの花蕾が同じように大きくなっていますが、どちらも首が曲がりはじめたものとまだそうではないものがありますが、後数日で次々に開花するものと思います。

投稿: waka3 | 2014年7月11日 (金) 18時59分

中々一度に10個以上、大量咲くとゆうのは・・少ないのでしょうか?・でも秋まで有るので、まだ解りませんからね?

投稿: | 2014年7月12日 (土) 12時16分

ハクビシンは細い枝でも伝いますし、少しの隙間からも侵入してしまいます。あれに味を占められると本当にお手上げですね。対策に10数万もは掛けられませんし・・・我が家でも先が思いやられます。桃やプルーンが誰の口に入るのかsign02それが問題です。

投稿: kimama | 2014年7月17日 (木) 21時47分

kimamaさん>
細い枝でも伝い少しの隙間からでも侵入するということのようですので、現場を見たわけではありませんので確定的なことは言えませんが、ほぼハクビシンに間違いなさそうですね。
特に糖度の高い果樹が一度狙われると再三にわたって現れるようですので本当に困ったものです。

投稿: waka3 | 2014年7月17日 (木) 23時34分

 ハクビシンですか? 東京23区内でもハクビシンは居ます。 我が家の 庭に面した2階のベランダで複数回その姿を見かけています。 区役所に対策を聞きましたら「生り木物を無くして下さい」と言われました。 古くからの 柿の木は切り倒すわけにいきませんので 諦めました。 ご近所でもはいかいを見ています。 面倒なことですね。
 

投稿: 菜園ブログ | 2014年7月18日 (金) 17時29分

菜園ブログさん>
kimamaさんが書かれたように身軽で小さな隙間からどこにでも侵入してくる小動物でハクビシンと考えて間違いないようです。
ネットで回りを囲みましたが、ネットを張った支柱を上って侵入されずる賢さには脱帽です。
しかし、金をかけない最後の手を打ってみました。
初日は失敗しましたが、反省を踏まえて侵入防止金具の取り付け位置を変えたところ今日で2日ほど足跡で分かりますが引き返していきました。
更に引き続き効果があるようでしたら、わがやでも今まで被害に遭っていて犯人の分からなかった柿の木にも応用できますのでブログにアップいたします。

投稿: waka3 | 2014年7月19日 (土) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブドウと鳥害 Part-2 | トップページ | そろそろ梅雨明け? »