« ブドウの小動物撃退対策 ~最終章~ | トップページ | トマトは夏の猛暑には弱い? »

2014年7月31日 (木)

まだまだ暑さが続きます

暑中お見舞い申し上げます。

7月も今日が最終日、今年の東海地方の梅雨は昨年よりも14日も遅い21日になってやっと梅雨明けとなり、その後は降雨日が全くなく日中は連日暑い日が続いていており、降雨によってお困りの地域の方もあろうかと思いますが、降雨もなく日照り続きというのも困ったもので、特に暑さには弱い里芋は連日の散水にもかかわらず葉が黄色く焼けはじめてきましたので、これからの天候が益々気になるところです。140731satoimo
6月6日に2回目の定植をした胡瓜(風神)が7月2日から収穫が始まって、140731kyuuriこれまでに順調な収穫が進んで今日までに連日3~4本の収穫で、早くも最初からでは66本を数え、最初に植えつけて夏枯れとなって初代の胡瓜(四川)の収獲数を抜いて、この調子でいけば何とか目標の1本で100本超を達成できるものと思われますが、この暑さで早朝はとても元気ですが日中は可哀そうなほどに葉が萎れてしまい、まだまだ続く暑さでどこまで耐えられるかが心配なところです。

当地では夏の時期の葉もの野菜の栽培はご法度ものですが、キャベツだけは140731kyabetsuこの時期でも暑さとこの時期に発生するコナガの防除によっては何とか周年での栽培をすることができますので、今年3回目のキャベツを7月2日に定植しましたが、暑さ対策としては黒マルチシートを利用して直射日光からの回避と2~3日に一度の散水は欠かせませんが今のところ大変順調に育っています。

最初に植えたトマトも最初にズッカトマト、次に中玉のスタピストマト、最後に140731tomato大玉の露地ゆたかと今年の夏は降雨が少なかったこともあって既に数日前に株元から抜いて撤収を済ませましたが、6月3日に播種し7月5日に定植をした中玉のスタピストマトは2本仕立ても終わり、早くも3段花房の開花も始まってこちらも散水は欠かせませんが、1段花房についたトマトは2週間も待たずに収穫が出来はじめるものと思います。

今年は今のところ台風による被害は皆無ですが、心配した台風12号もどうやら当地への影響はなくなってきたようで、追従している台風11号がブドウが実りはじめてきましたので、こちらに向かうのではと少し気になりますが、ヨーロッパ中期予報センターによる予報では今のところは台風12号同様な経路を途中までは辿るようですが、この先の予報には引き続き注意が必要なようです。

|

« ブドウの小動物撃退対策 ~最終章~ | トップページ | トマトは夏の猛暑には弱い? »

コメント

おはようございます。
そちらは雨が少なくて大変ですね。日に2~3度も
水やりをするのは大変な作業でしょう。
こちらは昨日は大雨洪水警報でした。雨が欲しいと
言っても程度がありますね。降り過ぎは良くないで
す。トウモロコシが何本か倒れてしまいました。
そちらは台風11号の進路が気に掛かるところでしょう。
西側にだんだんと逸れていってくれれば良いですね。

投稿: kikumal | 2014年8月 2日 (土) 05時02分

kikumalさん>
水やりの表現が少し悪かったようで通常の散水は夕方に一度だけで、野菜によっては2~3日に一度のものもあります。

日本列島の中でも場所によって天候の違いが随分あるようで、特に最近のように温暖化の影響でしょうかこれが異常気象となってその差がはっきり現れてくるようになりましたね。
台風11号の進路は今日もヨーロッパ中期予報センターとにらめっこです。(笑

投稿: waka3 | 2014年8月 2日 (土) 06時46分

葡萄の小動物による被害もチクチクベルトの優れものにより最小限の被害で済みそうで一安心といったところで良かったですね。これで収穫を待つばかりですが、台風が気になりますね。私も9日に仲間と登山の計画があり気になっているところです。お天気は雨がほしい時に降らずでほんとに水遣りは欠かせなくこんな時は散水に一苦労となりますね。
里芋の葉が黄色くなり始め、雨の好きな里芋にはこの天気が堪えているようで気にかかりますね。
キュウリの木が一本から100個の収穫の勢い、是非達成を期待しています。

投稿: 週末菜園人 | 2014年8月 2日 (土) 17時34分

週末菜園人さん>
チクチクベルト以来ハクビシンの出没はなくなりました。
ブドウも8割方熟してきましたので今少しでいよいよ収穫が出来そうな感じで、連日つまみ食いが始まりました。(笑

9日は山登りを計画とか、ヨーロッパ中期予報センターの予報では10日にかけて台風11号の影響が出そうな感じですね。
昨今山の遭難を耳にしますのでくれぐれもお気を付けになってください。

今日は久し振りに台風12号の影響でしょうか、カンカン照りから開放されました。
里芋も一息ついたことかと思います。

投稿: waka3 | 2014年8月 2日 (土) 22時39分

四国の甚大な水害も困りますが、日照りの被害も心配ですね。里芋の葉が可哀想な状態ですが適度な降水があるといいですね。我が家でもようやく胡瓜が数本ずつ収穫できるようになったのですが、もう100本近くになるとは驚きです。一株からの実現ですから流石です。

今年は間引きもしっかりやって期待した果実ですが桃もプラムも全滅しました。消毒なしでの栽培は不可能なようです。それにハクビシンやタヌキですし・・・チクチクベルトもあきらめて来年も花だけ楽しむことにしました。リスは胡桃や山栗などで農作物に手を出さないので可愛い共存者です。

投稿: kimama | 2014年8月 4日 (月) 16時28分

kimamaさん>
昨日になってやっと僅かばかりの雨が降りましたが、里芋の葉は更に黄色くなって枯れ葉状態が進んでしまいました。

矢張りそちらでは小動物によるによる被害は相当なもののようですね。
そういえばリスは随分昔にアメリカに出張した際に街中で数多く走り回るのを見かけましたが、どうやら悪さをすることもなく共存していたことを思い出しました。

投稿: waka3 | 2014年8月 5日 (火) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブドウの小動物撃退対策 ~最終章~ | トップページ | トマトは夏の猛暑には弱い? »